2008年02月19日

灼眼のシャナII 第18話「錯綜の悠二」 感想です。

TVアニメーション「灼眼のシャナII」公式サイト
TVアニメーション「灼眼のシャナ」公式サイト

TVアニメーション 灼眼のシャナII (Second)
 第18話「錯綜の悠二」 2008/02/16 01:55 TBS 感想です。


キャスト:

シャナ(役)=釘宮理恵/坂井悠二(役)=日野 聡/
アラストール(役)=江原正士/吉田一美(役)=川澄綾子/
マージョリー・ドー(役)=生天目仁美/マルコシアス(役)=岩田光央/
ヴィルヘルミナ(役)=伊藤 静/ティアマトー(役)=渡辺明乃/
坂井千草(役)=櫻井 智/佐藤啓作(役)=野島健児/
田中栄太(役)=近藤孝行/緒方真竹(声)=小林由美子/
池速人(役)=野島裕史/ザロービ(役)=御園行洋/
ビフロンス(役)= 安元洋貴/

あらすじ:

清秋祭のフィレスの一件によって、己の立場を理解したかに見える悠二。
悠二は自身の中にある得体の知れない物に普通の人間でないと自覚する。
そんな悠二は、シャナと約束したとおりに運命に立ち向かおうと鍛錬に励むが、
まるで憑き物でも憑いたかのような根の詰めように違和感を覚えるシャナ。
そんな時、千草が過労で倒れてしまいう。お見舞いに行くシャナだったが・・・。

・・・というおはなし・・・。


レビューっぽい感想:

迫る運命の刻

赤いスカーフが特徴の神父?にも見える痩身の老人が登場。
口調は物静かで真面目そうですが・・・携帯の電波が悪いとか言っていますね。
バルマスケに報告を入れようとしていたのかな。クレーム?(笑)

コレが“聚散の丁”ザロービですか。

そこへ携帯を切ったのだと、もう一体登場です。
ザロービの通信を邪魔をしたのは・・・なんて表現しようかな・・・。
聳えるような円柱を布で刳るんだような身体にギザギザの歯・罠?
んん・・・炎を拷問器具で兜みたいに覆ったような頭が乗ってます。(笑)
ちっこい枝か虫のような手と、無数の枝か虫のような足があるようです。
機械や金属のような声で、読点が多い口調ですね。
存在の力が大きいので宝具「タルンカッペ」で気配を消しているのね。

で、コレが“吼号呀”ビフロンスと。

慎重なザロービとは違って、ビフロンスは血の気が多いみたいです。
ビフロンスが現れた途端に、オーバーリアクション気味な反応をするザロービ。
てか、いつのまにか5人に増えましたね。良く見るとスカーフの色が違います。
「赤、青、黄、緑、桃」・・・てか、どこかの戦隊ヒーローみたいです。(爆)

大命詩篇に関わるミステス=坂井悠二のダッシュ、
邪魔者=フレイムヘイズたちの始末が任務であると。
ザロービには先行偵察の任務もあるようです。
真っ先に悠二と接触するのはザロービなんでしょうね。

てなわけで、戦いの時は近いということで・・・タイトルコール。


詰める悠二。

これまでの鍛錬で、シャナちゃんの殺を見抜くまでに成長した悠二君。
とはいえ体術はまだまだ。身を守る手段として自在師の資質があると、
封絶だけでなく、攻撃用の自在法を学ぶことになったよ。
教えるのはマージョリーさん。悠二君の放つ存在の力は銀色だけど、
フィレスの事件以来冷静に対処できるようになったから。

己を形作っている存在の力を感じ、支配し、
在る一定量を取り出してエネルギー弾として放つ鍛錬。
的を増やして射撃の間隔を短くするように命じ・・・。
まだまだコントロールは甘いけど、あっさり修得。

急に鍛錬に積極的になった悠二に違和感を感じていたシャナちゃんへ、
最初は、自分の立場に自覚を持ったのだと言うアラストールだっだけど。
今日はこれまでとするマージョリーさんに、さらなる鍛錬を要求するよ。
明らかに様子がおかしいのがヴィルヘルミナさんにも感じ取られる程。
悠二君の目の奥に張り詰めたモノを認め、明日の鍛錬は一日休みに。
憑き物が憑いたような悠二君に違和感が膨らむシャナちゃんでした。

帰り際に悠二君注文の改造ブルートザオガーを置いていきました。
念じれば大剣から栞に変形できるようで、これで普段も持ち歩けると。

シャナ「悠二、どうかしたの?鍛錬の時とか、なんか違う。」

自分の隠れ家とは逆方向なのに、
帰りにコンビニでメロンパンを買う振りをしてまで、
悠二と帰ろうとするシャナちゃん。

悠二から返ってきた答えは・・・。

「清秋祭のことで、自分がどういう存在なのか思い知らされた。
 トーチでミステスなのは分かっていたけれど、零時迷子だけじゃない、
 僕の中にはもっと、得体の知れないモノがある。」


自己否定・・・人間とフレイムヘイズ、二つの存在の狭間に・・・。

「僕ではまだ、坂井悠二でいられると思っていたのに、そうじゃなかった。
 僕はもう、完全にフレイムヘイズと同じ側にいる。
 シャナと一緒に行く存在だったんだ。
 その為にも、もっと強くならなきゃ。
 シャナが言ってくれたみたいに。」


それは、悠二君が自暴自棄になっているようでもあり・・・。

かつて人間もフレイムヘイズも変り無いと、分け隔て無く考えていた悠二君。
だからこそ、悠二君はシャナちゃんに人間と同じように接してきたはずなのに。
今の悠二君は、いつの間にか人間とフレイムヘイズを差別してしまっているの。

悠二君の一緒に行くは、自身の望んだことじゃないし。
あくまで、人間とフレイムヘイズと世界を分けて考えて、
自分はフレイムヘイズ側だから行かなければならない。
そこには悠二君自身の気持ちが何処にもないの。
それって自身どころかシャナちゃんも差別している。

それにさ。以前シャナに言われて約束したこと“何があっても立ち向かう”。
これだって、意味を履き違えているの。今の悠二君は逃げているだけだよ。

本来ならシャナと一緒に行くと言われたら嬉しいハズなんだけど。
シャナちゃん、こんな悠二君じゃ言われても全然嬉しくないよね。

 悠二『シャナと一緒に行く“存在”だったんだ。』
シャナ「一緒に・・・。・・・なんで?・・・嬉しいハズなのに、嬉しくない。」

悠二君と別れた後、さらに膨らむ違和感を抱えるシャナちゃん。
強くなったと思ったら相変わらずヘタレな悠二君なのです。

なんとなくアイキャッチ

バレンタインチョコを持ってるシャナちゃん、背景が細かいアイキャッチでした。
本放送日は・・・TBSだと過ぎちゃってるんだよねぇ。
幻の一齣、二人のチョコはちゃんと渡せたのかな。
背景でバレンタインチョコを作ってる吉田さんとシャナちゃんのアニメが展開。

なんとなくアイキャッチ。バレンタインバージョン

倒れた千草と恋模様

シャナちゃんの心配なんて気づかない悠二君が帰ってくると・・・。
あのいつも元気な千草さんが疲労で倒れてしまいました!

翌日学校を休む悠二君。
朝礼で千草さんが倒れ事を知る吉田さんとシャナちゃんです。

一方、田中くんと佐藤君は・・・。
佐藤君と別の道を選んだことを気にしているのか無愛想なまま。
田中君が一方的に気まずい雰囲気にしてしまいます。
道が違えても二人は友達のハズなのに、佐藤君は気にしていないのに、
まだ、臆病で裏切り者だと思っているのかな。
こんなんじゃ、半人前と変らないじゃないか。
その所為か、緒方ちゃんへの態度も何処か余所余所しいし。
男の子だったらもっとシャキッとして欲しいかも。
煮え切らない田中君、ちょっとだけ好感度ダウンです。

シャナ「千草・・・」

放課後、千草さんが心配で急いで悠二君の家へ向かうシャナちゃん。

それに対して、吉田さんは迷っているようで・・・。
吉田さんは行かないの?気になった池君が声をかけると。

吉田「坂井君のお母さんは心配だけど、病気に託けるようで・・・。」
 池「そんなこと誰も思わないよ」
吉田「でも、迷惑かも」

最近立て続けの普通の人間と悠二君の世界の隔たりに悩んでいたから、
それが尾を引いて遠慮がちになっているのかな。
どうも難しく考え過ぎちゃっているみたいだ。

そんなこと、言われてから考えればいいよ。
吉田さんが坂井を助けたいなら、そうすればいいと思うけど。
「ありがとう、私、何か作って持ってく」
池君のアドバイスに自分に素直になることを決めたよ。

池君、思い人の幸せのためにエールを・・・・。良い奴だよ君は。
吉田さんは悠二君なんかより、池君の方が幸せになれると思うんだけどな。
でも、恋に溺れるってそう言うものだし・・・仕方がないかもね。

わたしは今、坂井君を助けたいと思ってるから助ける。だから助ける。
そう・・・これを使う時だって・・・。宝具ヒラルダを手に新たな決意を・・・って、
これってまたですかぁ。何周引っ張るんだろう。これで三度目の決意です。

まあ、自分の命を捨てる行為は、それだけ悩むことになるよね。
だって、実際死ぬと分かっても、死ぬ時は怖いじゃない。
全てが無へ。自分が生きてきた証が、一つ残らず消えるとなればさ。

これを使うのだってきっと・・・。
持っているだけで、坂井君やシャナちゃんと同じ場所に居られる気がしたけど。
そうじゃないってことを・・・。

坂井君を助けることでそうなれる。
これはその為の、ただの道具なんだ。
重要なのは、私がそうしたいって思っていること。
坂井君を助けたいと思ったら、きっと使う。

吉田さんは最終決断をしてしまったようです。
純粋に、大切に想う人を助けたいと思ったら、自分の死なんて怖くない。
今の吉田さんの想いはそれだけでいっぱいなのでしょう。

けれど、今の悠二君に、それだけの価値があるとは思えないよね・・・。(苦笑)

学校から真っ先に駆けつけたシャナちゃん。
悠二君のことよりも千草さんに会うことが優先されてるもんね。
彼女には珍しく息を切らしていたり、慌てようから千草さんへの思い入れが伝わるの。
疲労で倒れたと聞いて、無理しちゃ駄目。何か欲しい物があったら持ってくる。
シャナちゃんに会ったら元気なったと聞いたら、明日も来るって嬉しそうなの。
素直に千草さんを心配する気持ちを表すシャナちゃんを見てたら和んできたよ。

ヴィルヘルミナさんも連れて来るというシャナちゃん。
彼女は看病が上手くて、シャナちゃんが熱を出した時に、
こ〜んな大きな氷を持ってきてくれたと。全身で表現♪

えっと・・・シャナちゃんの頭よりも大きな氷っていったい・・・。(笑)

普通の人間側とフレイムヘイズ側の違いってなんだろうね。
力無い側と力有る側、人と人外、そういう違いはあるけれど、
誰かを大切に想う気持ちは同じだよね。

彼女が何者であろうと大切なのはシャナちゃんがシャナちゃんであること。
でも悠二君は人間側とフレイムヘイズ側に分けてしまったよね。
今のシャナちゃんがそうであるように、例え何者であっても悠二君は悠二君なのにね。
悠二君がそこに気づいてくれればいいんだけど。詰めてる今じゃねぇ。(苦笑)

楽しそうに話す、千草さんとシャナちゃんの間に入ろうとせず、
ただ、立ち尽くすだけの悠二君の姿が・・・。(滝汗)

千草さんのお見舞いも終わり、シャナちゃんを送る悠二君。
心配かけた。ありがとうと。でも、今回は正直考えさせられたと言いだすよ。
ああ見えても体力があるから大丈夫だろうと。
でも、一人で居る時に倒れられたらどうしようと。
父も出張が多いし、でも、知り合いに看護士がいるから大丈夫だろうと。
悠二君の言葉は、千草さんを心から心配しているのか分かりにくいの。

シャナ「悠二は千草が心配じゃないの?」
 悠二「とにかく僕はここから居なくなるんだから。」

悠二君はもう、この町から居なくなることばかり考えていますよ。
ただ、自分はここに居てはいけないと思い詰めている様子。
悠二君のあまりの違和感に黙り込んでしまったシャナちゃんです。

ヴィルヘルミナ「それは一大事であります。」

シャナちゃんは家に帰ると、ヴィルヘルミナさんへさっそく千草さんの話を、
すると、日頃何かとお世話になっている方、お見舞いをしなくてはと、
何やら荷物から怪しげな材料を取り出して何かを作り始めたよ。(笑)
自分と同じように千草さんを心配するヴィルヘルミナさんを見て・・・。

シャナ『悠二が言っていることは何か違う。合ってるんだけど・・・違う』

悠二君が言っていたことは、いずれ街を出ていかなければならないから、
倒れた千草さんに対する心配も、あんな言い方になるのかもしれない。
けれど、無理矢理な感じがする悠二君の言葉は違和感を生むの。

その夜。吉田さんが手作りの夕飯を悠二君へ届けていました。
言う無を言わさず悠二君へ手渡すと明日も来ると帰ってていきます。

悠二「吉田さんとのこと、いつまでの中途半端に出来ない。だから・・・」

悠二君は、彼女との関係をハッキリさせようと思っているみたいだけど、
今の彼のヘタレ具合だと、まともなお断りは出来そうにないかも。(苦笑)

そんな悠二の居る街には・・・五人の影、数からしてザロービですね。(汗)

失われる調和

日付が変り、悠二の決断の結末は・・・。
今日はお休みと、一日休むことになった千草さんだよ。
ちょっとだけスッキリしない悠二君は・・・。

今日は休日と言うことで、シャナちゃん私服です♪
悠二の異変にちょっと気落ちしていたシャナちゃんですけど、
昨晩から変だとヴィルヘルミナさんに指摘されて誤魔化すよ。
「うんん、なんでもない。じゃ、行って来る!」
ヴィルヘルミナさんは、アウトローへ書類を届けてから行くそうで、
お見舞いの品を持たされたシャナちゃんが先にお見舞いへ。

シャナ「一美・・・」

すると、先行していた吉田さんの姿が・・・でも揉めているようです。
思わず隠れてしまったシャナちゃんが聞いてしまった悠二の真意。

「今、言ったとおりだよ。吉田さんも見たでしょ。清秋祭でもこと。
 僕は吉田さんと同じ側の人間じゃないんだ。」


ストレートに言っちゃいましたよ。
ヒラルダで悩んでいた吉田さんにはキツイ一言ですよ。
そんな事は百も承知で悠二君を思っているのに・・・。

「僕が此処にいると、街も巻き込まれる。
 だから、僕はシャナと一緒に行かなきゃいけない。その覚悟も出来てる。
 その僕がこれ以上、吉田さんに甘えたり、迷惑かけられないよ。」

迷惑・・・酷い言葉ですね。
悠二君を思い続けて告白までした吉田さん。
好きな人のためなら女の子は迷惑だって思わないし、
むしろ誰かのために何かしている時は楽しいの。

悠二君は吉田さんの気持ち分かっているはずなのに、
勝手に迷惑をかけたと決めつけて終わらそうとしているの。
普通の人間とは違うから僕は吉田さんと付き合えない。
こんなんで、女の子が諦められるわけないでしょうに・・・。
同じ終わるにしても、この悠二君の言い方は酷いです。

「ほんとにごめん。」

煮え切らない別れを告げる悠二は言ってはならないことを!
鈍い、鈍いと思っていたけれど、ここまで無神経だったとは・・・。(苦笑)
謝られなんかしたら吉田さんの立場が無いでしょう。惨めすぎるじゃない。
追い詰められているのを考慮しても、今の虚言を口にする悠二君は頂けない。
悠二君は嘘の言葉ではなく、本当の気持ちを伝えなきゃいけなかったの。

吉田「どうして謝るんですか?私が坂井君を好きなことが迷惑なら、
    それでいいんです。そうやって断ってくれたら納得します。
    それは私の気持ちに対する坂井君の答えだから。
    でも、今の坂井君の答えはそうじゃない。
    私の坂井君への気持ちに悪いとか、謝ってなんか欲しくないです!」

怒って走り去る吉田さんは・・・。(涙)悠二君、追おうとするけど時既に遅し。(苦笑)

その時、隠れていたシャナちゃんとバッタリ。でも、今のシャナちゃんは怒っています。
これまで恋のライバルとして吉田さんと対等になろうと思い続けていたシャナちゃん。
吉田さんが、普通の人間側とフレイムヘイズ側の世界で悩んでいたのも知っているの。
そんなの関係ないと思っていたシャナちゃんは、当然悠二君もそう思っているものと。
だって、そんな悠二君が名のないフレイムヘイズにシャナという名をくれたんだから。

けれど、一番に存在の違いを気にしていたのは他でもない、悠二君本人だったから。
それは同時に、嫌々ながら仕方なく、人では無いシャナに付いていくんだと言ったも同然。
悪く言えば、シャナちゃんに対して差別発言をしているんだよね。でもさ。これって・・・。
以前にも一度あったような・・・あの時も生きる世界は関係無いような事を言っていて、
一番シャナちゃんを差別していたのは悠二で、それが原因ですれ違いが発生したの。

てゆーか、全然成長してない悠二君。こんな奴のどこがいいんでしょうね。(苦笑)

シャナ「一美が怒った気持ち分かる?私が昨日からずっと感じていた事と一緒。
     悠二は嘘付いてる。私と一緒に行くのも。千草を心配するのも全部違う。
     本当じゃない。私、今の悠二とは一緒に行きたくない。」


シャナちゃんらしい簡潔な怒りの言葉を告げると踵を返し帰っちゃいました。
『バカ悠二』とぼとぼと来た道を戻るシャナちゃんと、吉田さんの映像が・・・。
シャナちゃんは遅れてお見舞いに向かうヴィルヘルミナさんと出会ってから
届け忘れた千草のお見舞いの品を思い出し・・・気まずい・・・。
吉田さんは、どうしよう坂井君にあんな事を言ってしまった・・・でも・・・と悩み。

悠二君もまた、とぼとぼと悩んでいたけれど・・・・
今の悠二君は、ハッキリ言って運命と立ち向かっていませんよ。
全てから逃げだそうとしているようにしか見えません。

悠二『なんで二人ともあんな。
    僕はやっと本当の自分って者が分かったんだ。
    嘘なんかじゃない。僕は。』


おいおい、この朴念仁は・・・駄目じゃん全然分かってないよ。(苦笑)
そんな彷徨える子羊な悠二君の前へ現れた“聚散の丁”ザロービ。
「どうして気づかなかった・・・」5人のザロービに囲まれ悠二ぴ〜んち!
鍛錬の成果もあるし・・・ザロービ瞬殺されそうですが・・・いかほどに。


・・・・・・つづく。


次回、第19話「言えなかったこと」


   にほんブログ村 アニメブログへ


「灼眼のシャナII(Second)」関連サイト:

 灼眼のシャナII(トラックバック・ピープル)

 TVアニメーション「灼眼のシャナII」公式サイト
 「灼眼のシャナ」ディアワークス

 灼眼のシャナ - Wikipedia


「灼眼のシャナII(Second)」関連グッズ:

CD/DVD
灼眼のシャナ II 第1巻<初回限定版>(2枚組)
灼眼のシャナ II 第1巻<初回限定版>(2枚組)
発売日: 2008/01/25
灼眼のシャナ II 第1巻<通常版>
灼眼のシャナ II 第1巻<通常版>
発売日: 2008/01/25
灼眼のシャナ II 第2巻
灼眼のシャナ II 第2巻
発売日: 2008/02/22
川田まみ〜JOINT〜「灼眼のシャナII」OP<通常盤>
川田まみ〜JOINT〜「灼眼のシャナII」OP&ED<通常盤>
発売日: 2007/10/31
灼眼のシャナII オリジナルサウンドトラック
灼眼のシャナII オリジナルサウンドトラック
発売日: 2008/01/25
KOTOKO〜BLAZE [CD+DVD]〜「灼眼のシャナII」 <初回限定盤>
KOTOKO〜BLAZE [CD+DVD]〜「灼眼のシャナII」新OP&ED <初回限定盤>
発売日: 2008/03/12
KOTOKO〜BLAZE〜「灼眼のシャナII」 <通常版>
KOTOKO〜BLAZE〜「灼眼のシャナII」OP&ED <通常版>
発売日: 2008/03/12
電撃文庫(長編) 電撃コミック
灼眼のシャナ(16)
灼眼のシャナ(16)
2007年 11月発売
灼眼のシャナ(4)
灼眼のシャナ(4)
2008年 01月発売
posted by しおん at 23:52| Comment(0) | TrackBack(8) | 灼眼のシャナII | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/84867789

この記事へのトラックバック

灼眼のシャナII「錯綜の悠二」
Excerpt: 灼眼のシャナII「錯綜の悠二」です。 3週目で曲にも慣れてきました(汗)。 いよいよクライマックスに迫り、畳み込みが始まっている感じです。どう収拾をつけるのか、アニメ雑誌にも先は伏せられている..
Weblog: 藍麦のああなんだかなぁ
Tracked: 2008-02-20 00:04

灼眼のシャナ? 第18話
Excerpt: 「錯綜の悠二」 悠二、二人にダメ出しされちゃったよ……。 次々に明かされる重たい事実に押しつぶされまいと、ひたすら強くなることを求めるようになった悠二。 今回はマージョリー姐さんから自在..
Weblog: ラブアニメ。
Tracked: 2008-02-20 00:06

灼眼のシャナII 第18話 「錯綜の悠二」
Excerpt: 灼眼のシャナII 第18話 「錯綜の悠二」 見ました。 悠二、シャナと一緒にこの街から出て行こうと考えています。 そのためには、強...
Weblog: れ〜な♪の日記
Tracked: 2008-02-20 01:18

灼眼のシャナ2 第18話 錯綜の悠二
Excerpt: [ベルペオルの大命を受け、御崎市に現れた聚散の丁・ザロービと、吼号呀・ビフロンス。彼らは悠二の奪取に策動する。一方、悠二は封絶だけ...
Weblog: ルナティック・ムーン
Tracked: 2008-02-20 06:47

灼眼のシャナII 第18話「錯綜の悠二」
Excerpt: 「悠二っ」 自分で自分を殴った(笑)悠二を心配して駆け寄ろうとするシャナたん。 わ〜〜ん、こんなのシャナたんじゃないやい。 シャナたんはもっと気高くて凛々しいのよ〜〜。 敵にやられ..
Weblog: シバッチの世間話
Tracked: 2008-02-20 14:41

(アニメ感想) 灼眼のシャナII 第18話 「錯綜の悠二」
Excerpt: 灼眼のシャナII 第I巻 【初回限定版】 悠二が「封絶」で見せた“銀”の炎。それは共に戦ってきたフレイムヘイズだけでなく「紅世の王」たちにも大きなショックを与えた。誰も知らない“銀”の正体とは。..
Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
Tracked: 2008-02-20 19:56

灼眼のシャナII 第18話 「錯綜の悠二」
Excerpt: 悠二の鍛錬の厳しさは増す。 自在法を上手く操るために、だがそんな悠二に吉田・シャナがいていけなくなり想いが変る。 マージョリーも「覚...
Weblog: ネギズ
Tracked: 2008-02-21 19:45

灼眼のシャナII 第18話 「錯綜の悠二」
Excerpt: こんばんは、マサです。 徐々に盛り上がってきました。 話の展開としては、今までの話の中で良かった部類かと。 では、18話いきます。
Weblog: マサのまったり日記
Tracked: 2008-02-22 00:08


詩音の枝折りのトップへ


  頂いたTBについて:

  TB大歓迎ですので、お気軽に送ってくださいね。
  ただし、その記事と関連のあるものでお願いします。

  それから頂いたTBは、管理人(詩音)の時間が許す限り、
  全ての記事に目を通してから返させて頂いています。
  ですので、反応が遅いと思いますが気長にお待ちくださいね。
  それでも返ってこないときは・・・エラーかも。(汗)
  一部のサイト様では、こちらからのTBがエラーになることが
  増えてきていたりするので・・・。(苦笑)

  2月になって、FC2さんでホンの一部が、
  一番酷いライブドアさんは・・・全滅!?



  このブログのRSSはこちら。

  RSS1.0 http://yuuutuna.seesaa.net/index.rdf
  RSS2.0 http://yuuutuna.seesaa.net/index20.rdf



  掲載中の著作物について:

  当ブログに掲載しているキャプチャー、
  本の表紙、CD、DVDのジャケット画像などの著作物は、
  その作品の研究、検証のために使用しています。
  著作権については、それぞれの作品側にあります。

  なお、内容等に問題があり、著作権者からの申し出があった場合、
  直ちに対処させていただきます。



ロリポップのドメインは選べる全85種類!! さくらのレンタルサーバ・ビジネス プロ
安心しておすすめ!ファーストサーバ インターネット取引するならマネックス証券
◆5大特典◆BIGLOBE光の入会キャンペーン実施中 バイク保険オンライン加入
あなたの写真が簡単な操作で美しく生まれ変わります。 ウイスキーの購入ならサントリーオンラインショップ【E-liquor】
オークションを楽しむなら!「Yahoo!ネットバンキング決済連携サービス」 オートレース 投資信託 ちょこっといいことプログラム