2008年02月09日

バンブーブレード(BAMBOO BLADE) 第18話「大会とその後の室江高」 感想です。

 アニメ「バンブーブレード」公式サイト
TVアニメーション バンブーブレード 公式サイト

青春系学園剣道ストーリー

バンブーブレード(BAMBOO BLADE)
   第18話「大会とその後の室江高
2008/02/05 01:30 テレビ東京 感想です。


キャスト:

川添珠姫(役)=広橋 涼/千葉紀梨乃(役)=豊口めぐみ/
桑原鞘子(役)=小島幸子/宮崎都(役)=桑島法子/
東 聡莉(役)=佐藤利奈/石田虎侍(役)=小西克幸/
中田勇次(役)=阪口大助/栄花段十郎(役)=石田彰/
小田島礼美(役)=中原麻衣/珠姫父(役)=長 克己/
杉小路隆千穂(役)=野島裕史/小西(役)=浅川 悠/
青木(役)=水沢史絵/佐藤(役)= 岡嶋妙/
井口(役)=牧口真幸/


あらすじ:

珠姫の逆鱗に触れ、彼女の突きに吹っ飛ばされる黒い小西。
怒りの珠姫の強さに、触はいけないモノに触れた恐怖に腰砕けの小西。
一本取った珠姫だが、腫れ上がった足の怪に棄権させるコジロー先生。
代表戦に持ち込まれた室江高と東城高の試合の結末は・・・。
試合の後、一人己を抑える小西は追い詰められ壊れかけていた。
小西は黒くなった理由には周囲の大人達の環境に起因していた・・・。

・・・というおはなし・・・。


れびゅーっぽい感想:

解かれた封印。

剣道家にあるまじき行為に及ぶ黒い小西が、タマちゃん逆鱗に触れ、
アトミックファイヤーブレード(突き)を食らい吹っ飛ばされたシーンから。
「大丈夫ですか?」手を差し伸べるタマちゃんに腰が抜けた小西。

タマちゃんがみんなの所へ戻ると神妙なコジローがいて・・・。
先生の決断。何か気づいたようなハッとするタマちゃん。
タマちゃんの腫上がった足に、顧問の取る行動と言えば・・・。

コジローの決断は、試合の結果は!

前回のENDと何ら変わらないまま、オープニングスタートです。(笑)


突きの代償。

コジロー先生、審判さん達との教義の末、タマちゃんの棄権が決定。
ダメージが大きいらしい小西は腰砕けで自力じゃ立てない状況に。
一瞬、ざまー見ろとか思っちゃったら悪い子なのですよ。(笑)

そして、タマちゃんも代償は大きく・・・足の腫れが酷いの。

だからこその棄権という選択、けれど・・・。
「私、まだ出来ます!どうしてですか!」
コジロー先生の決断に、珍しく反抗するタマちゃん。
怒りに冷静さを欠いているのか、今は普通じゃないです。
でも、コジローに突きを使ったことを指摘され・・・。
「あたし、突き、使ったんですか・・・」
ようやく我に返ったかのように見えるタマちゃん。
怒りで無意識に突きを繰り出していたんですね。
ただ小西をこの手で倒さなければと・・・。

そんな足でよく頑張ったね。もう休んでいいから。紀梨乃ちゃんの笑顔。
「でも、あの人は、私が、私が・・・」試合前の約束。使命感からの虚勢。
「分かってるよぉ。タマちゃんらしくない。ほら、力を抜いて。」
優しく両肩に手置いて囁いてあげると、やっと背から荷が下りたのか、
力が抜けていくタマちゃん。そのまま倒れてしまうよ。

心配したみんなも素早くタマちゃんの所へ集まるけれど、
勇次君の行動も面白いくらい早かったね。
バックからスプレーを取り出して患部を冷やし、応急処置。

タマちゃんは立っているのが限界だったらしい。(苦笑)
あのまま続けさせていたら大変なことになっていたよね。

タマちゃんはチームの強さの要だけれど、紀梨乃ちゃんは心の要。
みんなが頼りに出来る頑張り屋さんの部長さんは素敵な子だね♪

元に戻った紀梨乃。

突然デフォルメミヤミヤ&ダン君登場。勇次君は解説役。(笑)
タマちゃんの棄権で、二勝二敗一分け。代表者戦をすることに。

東城高校は青木、迎え撃つのは我らがトランスキリノ!
今の紀梨乃ちゃんなら向かう所敵なし!のハズだったのですが・・・。
弟さんが登場し、お母さんの検査は良好、退院するとの知らせが・・・。
安心した途端にトランスキリノは消え、普通の紀梨乃ちゃんに。(笑)

キリノ&サヤ「びぇ〜ん。うぅ。
        負けちゃったねぇ。悔しいね。うん、惜しかったねぇ
        
でも、楽しかったね〜♪

インターハイ予選負けちゃったけれど、室江高らしくていいよね。
コジロー先生も「なにも剣道に命かけてるわけじゃなし。」と言ってるし。
沢山学んで、それで楽しめればそれでいい。珍しく先生らしいお言葉。
あれ?でもコジロー先生は首が掛かっているんじゃなかったけ?
まあ、コジロー先生だからいいよね。(おいおい)

タマちゃんの怪我は大人しくしてれば2、3日で治るらしい。
膝を曲げて座るタマちゃんの健康的な御御足と絶対領域カットが壺。
みんながタマちゃんを心配するのに聡莉ちゃんは心配されず可哀想。
でもまあ・・・ほとんど活躍してないし、不幸な役回りだね。

試合が始ってからみんなの様子が変だったと指摘するダン君。
けれど、一度試合が始ったら見ているしかないもどかしさ。
だからコジロー先生は試合が始る前に教えられることを教えるんだって。
先生に教えるべき事があって、首にならなきゃだけどね。(笑)

小西の事情。

帰り支度の東城高校ですが小西の様子が変。
化粧室で壊れかけているように見えましたが・・・。
壁を掻きむしる嫌な音と小西の苦悶の声。

挿入される小西の心の内の映像。

粉々に砕ける硝子のコップ。
幼い小西。背を向け、離れ、消えるゆく両親・・・。
これは両親の離婚で心が砕けた。

胴着姿になった幼い小西。背後に黒いお婆さん。
これは祖母?が小西を剣道をやらせた。

トロフィーを持った幼い小西。周囲を取り囲む大勢の大人の笑顔。
これは小西に向けられた賛美する眼差し。

高校生のトロフィーを持った小西。
周囲を取り囲む大人の顔は目が赤く光り、化け物のような顔。
これは過度な期待と責任による重圧。

小西を慕う白黒の三色娘の笑顔と、先端が光る金色の三つの画鋲。
迷惑と分からず、先輩の為にと馬鹿な行動を取る困った後輩。
これは小西を無敵と崇拝する者たちの悪行による黒い噂。
黒い噂は、小西の築き上げた評判をがた落ちさせる恐れがある。

挿入された映像描写から分析できるのはこんな感じかな。
こうして過度な期待と重圧に小西は負けるわけにはいかなくなり、
勝つために手段を選ばなくなったと。黒い小西は哀れな子。

このままだと、いつか小西は壊れてしまいますね。
タマちゃんの突きで吹っ飛ばされて腰が抜けたのは、
技のダメージだけではなく、負ける事への恐怖。

環境が生み出した小西の狂気収めるのは難しそうです。
過度な期待に対して、張りつめた気持ちを転換できればいいのですが。
無敵の小西でも勝てない相手がいるんだと周囲に気づかせる必要ある。
彼女は一度、正式な試合で圧倒的な力の差で負ける必要があります。
今回の実質的に圧倒的なタマちゃんの力に負けた小西。
この経験が人生の転機の切っ掛けになればいいですね。

小西を捜しに来た三色娘。
彼女たちが現れると普段の凛々しい仮面を被る小西。
もう一度戦えば逆襲できたと小西の勝ちを決めつける三色娘。
小西を絶対的な存在として崇拝してるのかな。
本当にお馬鹿な娘たちです。

小西「これ以上、私を追い詰めないで頂戴。」

ついに抑えきれずに漏らしてしまった本音。
みなと合流しても仮面を付けた小西の姿。

その小西の目に入ったのは・・・楽しげな声と・・。
負けたのに、楽しげにしている室江高校の面々。
みんなが楽しく剣道が出来る環境にあるから。
恐らくそれはコジロー先生の存在もあるのでしょう。

小西「なんで、負けたのにこんなに楽しそうなの?」

けれど、小西の周囲にはそんな環境はない。
顧問も、腰砕けの小西を使えないとしか言っていなかったような・・・。
そもそも心配の声なんてかけていなかったから。

剣道を楽しむ心を理解できない小西の目つきが・・・。

そうとう追い詰められていますよ彼女。
どうやって極限状態な小西を救うのかな。
これまでのように、あっさり解決は避けて欲しいです。
周囲の環境を含む心の病は切実な話なのですから。
自分自身に向き合い周囲の環境どのように戦っていくのか。

そんな風に思った所で、とりあえずCM。

突きの憑き物。

CM明けたらいきなり始った、サイキックアニメ。
「Christmas Crystals クリスマス クリスタルズ」
タマちゃんのお気に入りの番組みたいですね。

ポッっとしてるタマちゃんが可愛いです。
と、珠姫の父がお話があると声をかけてきたよ。
アニメはCM中だからと父の話を聞くタマちゃん。

モジモジしなが足の心配をする珠姫父さん。
送り迎えは勇次君がやってくれると話すと密かに嫉妬する珠姫父。
娘を持つ父親は大変なんでしょうね。(笑)

話の途中でアニメが始って、
手動で録画。間に合ったと安堵するタマちゃんが壺。
珠姫父の話よりもアニメが優先なのね。(笑)

タマちゃんを怖がらせないように突きの話をする珠姫父。
怒ってはいないけれど、突きは使っちゃダメだと再確認です。
タマちゃんの突きは荒らしい物、修羅が憑いているんだって。

タマちゃん的にはブレイバー、珠姫父のイメージはなまはげ。(爆)

珠姫父的に、高校生らしく変わって来たらしいタマちゃん。
お話もしやすくなっていい傾向だってご満悦な父さんでした♪

タマちゃんを可愛がる珠姫父の行動が可愛くて仕方がないです。

室江剣道部第二章

お母さんが退院して家族団欒の千葉家。
今日は紀梨乃ちゃんが夕飯を作ります。弟さんと妹さんもお手伝い。
夕食後、ベッドに寝っ転がる紀梨乃ちゃんは鞘子に連絡。

負けちゃったけどこれから。

室江剣道部第二章にあたってテーマソングを作ることに。
鞘子ちゃんは、これを作曲を頼まれたと勘違い。
徹夜して作るんだけど・・・。クマまで作ってゲッソリ鞘子。

お昼にタマちゃん達と会ったら、既に紀梨乃がテーマソングを決めてたの。
ブレードブレイバーのオープニングテーマに決定!
タマちゃんは大喜びだよ。鞘子の曲は幻、風に吹かれて飛ばされちゃうし。

カラオケみたい映像が流れた!幻の鞘子の曲。
「MY TRACK」悪くないよ。爽やかな素敵な曲でした。
もしかして鞘子の初めてのまともな作品じゃない。
ショックで噴水に飛び込んだ鞘子ちゃんは、
影を背負ってジャージで帰っていきました。(悲)

鞘子のことをコジロー先生に報告する紀梨乃ちゃん達。
でも、理由は誰も分からない。とりあえずコジロー先生のアドバイス。
デリケートなバリケートだから友達のお前達が気づいてやれってさ。
鞘子の曲は、キャラソン発売時に収録される!?(なんてね・笑)

遅れてやって来たタマちゃん。
足を怪我しているけど、みんなと一緒にいたい。
コジロー先生の計らいで、タマちゃんが先生をやることになったよ。
嬉しそうなたまちゃんが可愛いです。

珠姫と初めての賞状

味気ない道場の壁を寂しいとコジロー先生。
先生が高校生の時は、道場いっぱいに賞状や、
顧問が描いた習字が飾ってあったらしいの。

そこで、達筆な勇次君には習字を描かせ。
タマちゃんには個人戦の賞状を持ってこさせるよ。

その夜。賞状を探してるタマちゃんの姿が。
見つかって安堵するってことは、きちんと仕舞ってなかったのね。
興味対象以外は、そんなものかもしれないね。(笑)

と、珠姫父がやってきて、賞状のことを聞くよ。
学校に持っていくと言うと、モジモジしながら何でもないって。
娘の初めての賞状を飾ろうと額縁を用意していたのね。
でも、なかなか言い出せない。なんて愛らしいの♪

翌日。約束通り勇次君は習字を持ってくる。
「一投入魂」剣道と関係ないような・・・。(笑)

ダン君も何かを描いてきたようだけど、ミヤミヤの肖像画でした。
意外に上手いし。(笑)ダンく〜ん♪胸キュンのミヤミヤだよ。
コジロー貼るのを拒んだら、黒いミヤミヤに脅された♪
習字の隣に、ミヤミヤの肖像画。妙な道場になりましたね。(汗)

タマちゃんもやってくるけど・・・賞状はありません。
賞状は珠姫父が用意した額縁の中に収まってたよ。
父の様子に気づいて、そっと忍ばせるなんて。
なんて父思いの優しい娘なんでしょう。

珠姫の父「ほんとうに良い子になったよ、母さん。」


・・・・・・つづく。


哀れな小西。

小西の設定が強烈でした。
周囲の勝手な大人達が歪めてしまった小西の世界。
小西はきっと自分自身さえ嫌いなのかも知れないよ。
期待とプレッシャー、周囲の目を常に気にする生活。
このように追い詰められてしまった人を救うにはどうしたら良いでしょうか。
救うにしても、真面目な話、環境から直さないといけないと思うし。
もっとも、本人の心がそれに立ち向かうだけの力を持たないといけないから。
いつか小西が壊れ、自虐行為に及ぶ前に救いの手を・・・。


次回、第19話「アルマジロとセンザンコウ」


    にほんブログ村 アニメブログへ


「バンブーブレード」関連サイト:

 TVアニメーション バンブーブレード 公式サイト
 TV東京・あにてれ バンブーブレード

 ラジオ・バンブーブレード 〜 文武両道!<音泉>(毎週月曜日更新)
 ラジオ・バンブーブレード 〜 文武両道!<音泉>

 ヤングガンガン公式サイト

 アンチヒロイン通信(作画担当・五十嵐あぐりのサイト)
 アンチヒロイン通信

 BAMBOO BLADE (Wikipedia)

 バンブーブレード応援店「室江高校剣友会」特設ページ!


「バンブーブレード」関連グッズ:

CD/DVD
バンブーブレード DVD 一本目
バンブーブレード
DVD 一本目

発売日: 2008/01/23
バンブーブレード DVD 二本目<初回限定盤>
バンブーブレード
DVD 二本目
<初回限定盤>

発売日: 2008/02/20
Original TV Soundtrack〜「BAMBOO BEAT/STAR RISE」〜「バンブーブレード」OPテーマ/EDテーマ
Original TV Soundtrack〜「BAMBOO BEAT/STAR RISE」〜「バンブーブレード」OPテーマ/EDテーマ
発売日: 2007/11/28
「バンブーブレード」オリジナル・サウンドトラック
「バンブーブレード」
オリジナル・サウンドトラック

発売日: 2008/01/23
「バンブーブレード」ドラマCD 1
「バンブーブレード」
ドラマCD 1

発売日: 2008/02/20
「バンブーブレード」オリジナル・サウンドトラック2
「バンブーブレード」
オリジナル・サウンドトラック 2

発売日: 2008/03/12
ヤングガンガンコミックス
BAMBOO BLADE(ヤングガンガン)  全7巻
BAMBOO BLADE
全7巻
Bamboo blade(6)
Bamboo blade(6)
2007年 09月発売
Bamboo blade(7)
Bamboo blade(7)
2007年 12月発売
Bamboo bladeファンブック7.5
Bamboo blade
ファンブック7.5

2007年 12月発売
posted by しおん at 20:19| ☁| Comment(4) | TrackBack(6) | バンブーブレード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして(^・^)

バンブーブレード18話の感想を拝見させて頂きました。

いつになく重い設定のキャラでしたよね、小西さん・・・。多分、バンブー史上一番インパクトのあるキャラな気もします。(『ライバル役』ではなく『悪役』であり、改心しますが、過去が暗いキャラという感じで)

詩音さんは何か思うようなことがあるみたいですね。
感想を見て、素晴らしいな・・・と思いました。
まぁ、どこの世界でも嫌な人って
暗い過去を持っているか、本当に根が嫌な人かって感じですよね(笑)
でも、私は小西さんは素直なキャラだと思いましたよ(*^_^*)
根性が捻じ曲がってしまっていましたが、珠姫ちゃんと試合したら改心・・なんてのは、なかなかできないことだと思います。
アニメではいまいち吹っ切れていない感じでしたが、
ある意味自分を見直せるきっかけになった出来事だと思います。
原作だと小西さんの心情と過去がはっきり描かれているんですよ・・・。
原作未読ですが(笑)
小西さんのおかげで原作見ようと思いました(笑)

あと、個人的に小西さんのあのヒールっぷりも好きでした(笑)
こういう子がいるからこそ、
「勝ち負けが全てではない」ということが分かります。
私にとっても色々教えてくれたキャラですね、小西さんは。
小西さんはルックスも含め一番好きなキャラです(^^♪
学校にいてほしい(笑)

私は、彼女は素直で強くなれる子だと思います。
原作とかでもまた登場してほしいなぁ〜(笑)

詩音さんの意見を読んで、
なんだか私は明るい気持ちになりました。

リアルな世界に小西さんみたいな人はたくさんいるかもしれませんが、
詩音さんみたいな方が小西さんみたいな人には救いになるかもしれないですね・・・。
どうやって救うかというのも、
導く者の勉強な感じがします。

素晴らしい感想ありがとうございました!

これからも拝見させて頂きます(^_^)

それでは、失礼致しました。


Posted by きづき at 2008年02月17日 02:57
きづきさん、コメントありがとうございます♪

>いつになく重い設定のキャラでしたよね、小西さん・・・。

そうですね、小西さんのインパクトは強烈でした。
その代わり、色々と考えさせてくれて、勉強にもなったキャラでした。
悪役だけれども、私の中でバンブーで好きなキャラの一人です。

アニメ上では小西さんの改心に至る心理部分は大きく描かなかったり、
過去の描写も短い表現でしたが、この位で良かったのかなと思っています。

たぶん、改心するまでの心理描写を細かく大きく表現してしまったら、
逆に態とらしく、白けてしまっていたのでは?と思うようになったの。
それだけ、小西さんの背景は重く簡単な話では無いと思うから。

なので、アニメスタッフさんの取った手法は、
とても上手い演出なような気がしてきました。
短く、簡潔に、けれど的確に表現できていて、
見る者を考えさせてくれる。そんな表現。

原作の動かない絵、代わりに文字が使える表現とは異なる
アニメ独特の表現手法。動く絵と、音、声を使ってね。


>でも、私は小西さんは素直なキャラだと思いましたよ(*^_^*)

私も同じ事を感じてました。なので・・。
彼女はあのような辛い過去や環境が無ければ、
素直で素敵な女の子に成長してた思うの。
幼い頃に砕けた硝子の表現がそうだと思う。
素直だったからこそ、追い詰められてしまった。

タマちゃんに負け、もう一度過去に向き直さざる得なくなり、
初めての本音を口に、誰にも言えなかった張りつめていた想いを言葉に・・・。
たぶん、本人も分かっていたんじゃないかな。いつかこうなるって。

これからは、自分に向き直ることが出来たなら、
勝ち負けに拘らない自分、仮面を被らない素の自分。
そんな小西さんになれそうな気がします。


>私は、彼女は素直で強くなれる子だと思います。
>原作とかでもまた登場してほしいなぁ〜(笑)

そうですね。再登場して欲しい子だよね。
今度は正々堂々とタマちゃんと試合する小西さん。
そんな、強くなった彼女を見てみたいです。


>詩音さんの意見を読んで、
>なんだか私は明るい気持ちになりました。

私の文章が一人でもお役に?立てて幸いです。(*^^*ゞ


>詩音さんみたいな方が小西さんみたいな人には救いになるかもしれないですね・・・。

ありがとうございます。
こう面と言われるとなんだかむず痒いものですね。
私自身完璧じゃないし反面教師な面もあると思うので、
あまり期待なさらないほうが・・・。(*^^*)


>素晴らしい感想ありがとうございました!
>これからも拝見させて頂きます(^_^)

こちらこそです。
こんなやたら長い文章にお付き合い下さってありがとうございます。
これからも詩音の記事を宜しくお願い致しますね。
Posted by 詩音 at 2008年02月17日 14:24
こんにちわ(*^_^*)

先々週からアニメオリジナルですね。

そして私は昨日バンブーブレードの単行本をゲットしました!
もちろん目当ては東城高校との対戦です(笑)
私としては、アニメの小西さんの方が断然
シリアスで怖いです(笑)
漫画は小西さんがウインク(←かなり衝撃・笑)してたり、
アニメと比べるとかなりギャグが入ってました。
漫画だとアニメほど重いものは無いので、
見ていて楽なものがありますね・・・(^_^;)
アニメでは小西さんの台詞も大幅に変更されていて、
雰囲気がかなり違った印象でした、私にとって。

でも、詩音さんのコメントにもあるように、
アニメでのあの演出もなかなかいいと思いました(^^♪

2度目のコメントすいません。
それと、私のコメントにあんな長く心のこもった
返事をしてくださって本当に嬉しいです!
ありがとうございました(^・^)

それでは、この辺で失礼致します☆


Posted by きづき at 2008年02月23日 14:58
きづきさんこんにちは、コメントどうもです♪

>先々週からアニメオリジナルですね。

原作の方は追いついてしまったので、
どうしてもそうなってしまうのでしょうね。
この先の展開が原作とアニメで同じように展開するのか、
それとも違う展開を見せるのか楽しみですね。


>そして私は昨日バンブーブレードの単行本をゲットしました!
>もちろん目当ては東城高校との対戦です(笑)

同じ対戦でも表現方法の違いで印象が変わるから不思議です。
原作の方がちょっと柔らかい感じなのかも。
特にセリフの言い回しの違いや声が実際に在ると無いとではね。


>2度目のコメントすいません。

いえいえ、1度や、2度とは言わずに何度でもどうぞ。
お気になさらずにコメントしちゃってください。

では、では。またのお越しをお待ちしてます♪

Posted by 詩音 at 2008年02月23日 15:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

バンブーブレード 第18話 『大会とその後の室江高』
Excerpt: 試合の勝敗には関係なく、得るものが多かった室江高剣道部。 しかし、コジロー先生にとっては崖っぷちである(笑) では続きからどうぞ。 ...
Weblog: ゆめねのにっき♪
Tracked: 2008-02-09 22:57

バンブーブレード 第18話 「大会とその後の室江高」
Excerpt: もう、沙耶の唄・・・じゃなくてサヤの歌! 見出しの件は後ほど触れます(笑) そういえばムネモシュネの娘たち、もう放映されてますね。 ...
Weblog: 中濃甘口 Second Dining
Tracked: 2008-02-09 22:58

バンブーブレード「大会とその後の室江高」
Excerpt: バンブーブレード「大会とその後の室江高」です。 そうか〜。 アニメ版では、彼女はきっと登場しないんですね。ということは、ブラックデュランもないんですね。残念。 ということで、インターハイ予選..
Weblog: 藍麦のああなんだかなぁ
Tracked: 2008-02-09 23:56

■バンブーブレード 第18話「大会とその後の室江高」
Excerpt:  試合のその後の室江高は、テーマソングを選んだり、段十朗画伯の絵を飾ってみたり。  色々と、カタチから入って行くのですよん。  珠姫の賞状はお父さんに進呈されち
Weblog: ゆかねカムパニー2
Tracked: 2008-02-10 05:45

アニメ【BAMBOO BLADE】第18話。
Excerpt: 『バンブーブレード』 ※下記の日記内容には、アニメ本編に対するネタバレの要素が多々記述されています。少しでも気になさる方は御覧にな...
Weblog: どっかの天魔日記
Tracked: 2008-02-10 07:06

悔しさと楽しさと心許無さと(BAMBOO BLADE第18話)
Excerpt: 嗚呼タマちゃん…痛めた足で、よくぞそこまで… ダンスインザダークの菊花賞を思い出しました… 競走馬にとっての不治の病である屈腱炎を発症するという大きな代償を払いながらも、上がり3ハロン33秒台の末..
Weblog: BLOG不眠飛行
Tracked: 2008-02-10 18:44


詩音の枝折りのトップへ


  頂いたTBについて:

  TB大歓迎ですので、お気軽に送ってくださいね。
  ただし、その記事と関連のあるものでお願いします。

  それから頂いたTBは、管理人(詩音)の時間が許す限り、
  全ての記事に目を通してから返させて頂いています。
  ですので、反応が遅いと思いますが気長にお待ちくださいね。
  それでも返ってこないときは・・・エラーかも。(汗)
  一部のサイト様では、こちらからのTBがエラーになることが
  増えてきていたりするので・・・。(苦笑)

  2月になって、FC2さんでホンの一部が、
  一番酷いライブドアさんは・・・全滅!?



  このブログのRSSはこちら。

  RSS1.0 http://yuuutuna.seesaa.net/index.rdf
  RSS2.0 http://yuuutuna.seesaa.net/index20.rdf



  掲載中の著作物について:

  当ブログに掲載しているキャプチャー、
  本の表紙、CD、DVDのジャケット画像などの著作物は、
  その作品の研究、検証のために使用しています。
  著作権については、それぞれの作品側にあります。

  なお、内容等に問題があり、著作権者からの申し出があった場合、
  直ちに対処させていただきます。



ロリポップのドメインは選べる全85種類!! さくらのレンタルサーバ・ビジネス プロ
安心しておすすめ!ファーストサーバ インターネット取引するならマネックス証券
◆5大特典◆BIGLOBE光の入会キャンペーン実施中 バイク保険オンライン加入
あなたの写真が簡単な操作で美しく生まれ変わります。 ウイスキーの購入ならサントリーオンラインショップ【E-liquor】
オークションを楽しむなら!「Yahoo!ネットバンキング決済連携サービス」 オートレース 投資信託 ちょこっといいことプログラム

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。