2008年01月22日

CLANNAD −クラナド− 第14回「セオリー オブ エヴリシング Theory of Everything」 感想です。

TBSアニメーション 「CLANNAD」公式HP
TBSアニメーション 「CLANNAD」公式ホームページ

恋愛アドベンチャー

TBSアニメーション CLANNAD −クラナド−
 第14回「セオリー オブ エヴリシング Theory of Everything
2008/01/18 02:05 TBS 感想です。


キャスト:

岡崎朋也(役)=中村悠一/古河 渚(役)=中原麻衣
藤林 杏(役)=広橋 涼/藤林 涼(役)=神田朱来
一ノ瀬ことみ(役)=能登麻美子/朋也(子供)(役)=大浦冬華
ことみの父(役)=金子英彦/ことみの母(役)=杉原 睦
コートの男、黒服の男、紳士(役)=青山 渚
A組担任(役)=紗川じゅん/ヴァイオリン(役)=西尾拓登

あらすじ:

ことみの誕生日までに想い出の庭を修復しようと頑張る朋也たち。
肝心のことみはなかなか姿を現そうとせず、一抹の不安を覚えるみんな。
そして、ついに誕生日の前日に想い出の庭が完成した。
大業をやり遂げた朋也は、ことみにプレゼントされた本を読む。
そのまま眠り込んでしまった朋也に子供の頃の想い出が蘇る。
全てを思い出した朋也が目覚めるとことみの姿があった。
たった一人の友達であったいう朋也をずっと待っていたということみ。
みんなが待っている。朋也は手を差し伸べ外の世界へ連れ出すのだった。
翌日登校したことみを待っていた渚たちのプレゼントに心温まることみ。
そんなことみに後見人が会いにくる。渡したい物があると言うのだが・・・。

・・・・・・というおはなし・・・・・・。


ことみちゃんルート最終話です。
心を閉ざしたことみちゃんを再び外の世界へ連れ出すために頑張る朋也君達。
なんとなく渚ちゃんの直感はまたも当たりそうですね。

そして、ヴァイオリンの声の謎は解けるのでしょうか。(笑)


レビューっぽい感想:

閉ざされたカーテン

閉ざされたカーテン。

ことみちゃんの誕生日まで後少しです。
今日も朝から想いでの庭の修復に精を出す朋也君。
気になって学校へ登校する前に一ノ瀬邸を訪ねる渚、杏、涼。
頑張りすぎる朋也君が徹夜をしていないか心配。
朋也君はちゃんと帰っていると言うけれど・・・。

「ことみー!ちゃんと寝てるー!ちゃんと食べるー!
  明後日の誕生日、私達も楽しみにしてるからねぇー!」


ことみの部屋はカーテンの閉ざされたまま・・・。
みんなの呼びかけにも相変わらず応答はありません。
誕生日まで後少し、ことみちゃんは出てきてくれるでしょうか。
少しばかり不安になる朋也たちでした・・・。

皆の気持ちはきっと届く、そう信じつつオープニングへ。


待ち望む想いは・・・

待ち望む想いは・・・。

お空は夕焼け、もう放課後でしょうか。
お庭の修復作業に渚ちゃん達も加わっています。
ジャージ姿の万全体勢ですね。
朋也君と何か楽しげに話している渚ちゃん。
なんだかいい感じですが、ことみちゃんの事で何か進展があったのかな。
作業に没頭すれば日が完全に暮れるのもあっという間なの。
それろそ女の子達には警戒が必要な時間ですね。

朋也君が見上げたことみちゃんの部屋は相変わらず閉ざされたまま。
みんながこれだけ、ことみちゃんのことを思っているのだからかならず。
誕生日会の笑顔なことみちゃんの為にみんなは頑張ります。

タイトルコール、第14回「セオリー オブ エヴリシング Theory of Everything」。

「お二人とも、あまり無理しないでくださいね。」

涼ちゃん達は一足先に帰るようです。
渚ちゃんと朋也君は、もう少し残って頑張るみたい。
明日中に終わりそうですか?渚ちゃんの問いに余裕だと言う朋也君。
でも、今夜は徹夜をするつもりだと言います。また無理をして・・・。

「それなら」もちろん渚ちゃんも手伝うと言おうとしたのですが、
そんなのお見通しの朋也君は口にする前に「ダメだ」と止めるの。
ことみちゃんの為に何かをしてあげたいと思うのは彼女も同じ。
それに朋也君が無理してそうなのを放っておけないよね。

「まだ何も言ってないですぅ」渚ちゃんが無理をして熱でも出されちゃら、
朋也君が怒った秋生さんに金輪際出入り禁止にされてしまう。
そう説得しようとするけれど、今日は引き下がりそうにない渚ちゃん。

「でも、岡崎さん。昨日も遅くまで働いていたんじゃ・・・」
朋也君の体の事が心配、一人より二人の方が負担が軽くなるよね。
今日の渚ちゃんは、なかなか引き下がってくれません。

バスケット部の特訓と比べたらどうってことないと朋也君。
まあ、女の子よりも男の子の方が体力的に上ですからね。
前科もあるし、渚ちゃんの体が弱いのを知っている朋也君は心配。
お互いに思い合っているのが何だかいい感じなの。

自分の事も心配する朋也君。無理に手伝えば逆に迷惑かもしれない。
渚ちゃんがそう思ったか分かりませんが、引き下がることにしたみたいです。
「分かりました。手伝いが必要な時は何時でも言ってください。」
朋也君は一人じゃないから、彼の力になってくれる人がいるもんね。

ふふ〜ん♪ここで渚ちゃんの体の弱いこととか、
朋也君の口からバスケット部の話が出ると言うことは・・・。
もしかすると、この先の複線かもしれませんね。

それに、古河パンに出入り禁止にされるのが嫌らしい朋也君は、
これから渚ちゃん家に出入りするつもりがありありなの。
いっそのこと付き合っちゃえばいいのにね。

さてと。説得された渚ちゃんも帰り、腕時計を見れば11:05分。
休まず作業を続けていては、さすがの朋也君お疲れ気味。
ふと見上げたことみの部屋。閉ざされたカーテンに気配が・・・。
「みんな心配してるんだぞ。ちゃんと分かってるよな」
ことみちゃんも皆の想いを分かってくれていると思うんだけど・・・。

『観測できる時空だけが宇宙ではない。
 世界がこの形を得る過程で微細に封じ込まれた次元。
 隠された世界が存在する。』


夜空に輝く星々を眺めれば、思い出されることみの父の言葉。

隠された世界。それは人々の中に眠る想い出の一欠片なのかも。
壊れてしまったことみちゃんの世界。心を閉ざしてしまったことみちゃん。
そんな彼女の隠された世界を見つけることが出来たなら・・・きっと・・・。

ずっと待っていた・・・

ずっと待っていた・・・。

綺麗に整えられた庭に射し込む夕日。
誕生日の前日にして、どうにかお庭の復元が間に合ったようです。
綺麗になった椅子に腰掛けて取り出したのは一冊の本。
それは・・・いつしかのことみちゃんが、朋也君へプレゼントした本です。
読まなくてもいい。ただ、朋也君に持っていて欲しいと言っていたよね。

本の始まりは、「おとといは兎、きのうは鹿、」これは・・・。
ことみちゃんが図書室で口にした言葉は、この本の引用だったんですね。
もしかすると、朋也君に思い出して欲しくて、この本をプレゼントしたのかも。
この本は、ことみちゃんの幸せな想い出が詰まっているのでしょう。

読書なんて苦手が朋也君は、いつしか眠ってしまって・・・。
夢を見る朋也君。それは忘れてしまった想い出という隠された世界。
朋也君視点のことみの世界って感じかな。

おとといは兎、きのうは鹿、きょうはあなた。
声に出して本を読んでいる幼いことみちゃん。

ある日、蝶々採集に夢中になっていた朋也君が庭に迷い込み。
「あなたはだ〜れ?どうして此処にいるのぉ?」
ことみちゃんに見つかって、遊んでたら迷い込んじゃったと話す朋也君。
初めて出会ったのに「君こそだ〜れ?」で自己紹介。(笑)
「ことみ、ひらがなみっつで、ことみ。呼ぶときは、ことみちゃん。」
ことみちゃんのお母さんは、見知らずの子を可愛いお客さんと歓迎。
初めて顔が見えました。とっても優しそうな人ですね。

これが、朋也君とことみちゃんの出会い。

それからの想い出はずっとことみちゃんのお庭。
いつも傍らには、ことみちゃんのお母さんがいます。

ことみちゃんのお母さんは、庭ではなく、垣根のずっと向こう側。
外の世界で遊んできたらと言いますが頑として出ようとはしません。
そこには、ことみちゃんの知らない世界が広がっているというのに、
お外が怖いと言っていたことみちゃんとお飯事してる朋也君は優しいな。
当時のことみちゃんは、あまり外に出たがらない子に見えると。

ご本を朋也君に読んで聞かせることみちゃん。
朋也君には心を開いていたことみちゃんだけれど、
やっぱり彼女を訪ねてくる友達の姿はありません。

そこで朋也君は、今度のお誕生会に友達を連れてくると約束します。
ところが、知らない女の子の誕生会に出るなんて恥ずかしいと言うクラスメイト。
結局、当日になっても、一人も友達を集めることが出来ませんでした。

面識の無い子だと案外そんな物なんですよね。
朋也君に女の子とお友達がいれば違ったかなぁ・・・。
でも、女の子の方がけっこう冷たいからね。(汗)

約束したのに・・・・。

ことみちゃんに合わせる顔がないと、その日庭に入れなかった朋也君。
この時の朋也君は謝ることから逃げたんでしょうね。
ずっと待っていたことみちゃんは、この間に悲しいことになるのね。
・・・ちょっとした勇気が足りないばかりに・・・。
真夜中になるまで迷っていた朋也君。ようやく会うことを決心しするよ。

誕生会をすっぽかしたことを謝らなければいけないと。

走って走って、息を切らして一ノ瀬邸に向かった朋也君。
そして、朋也君が目にしたのは・・・真っ暗なままの一ノ瀬邸。

この時の朋也君に、ことみちゃんの悲劇なんて想像出来なくて。
おかしいと思いつつ家に上がれば、ことみちゃんの泣き声が。
ことみちゃんを探して部屋に入れば、燃え盛る炎。

このっ!このっ!

既にテーブルから壁に燃え移っていた炎の勢いは強く。
咄嗟にコップで水を汲んだ程度では炎は消えてくれません。
「燃やしちゃった。お父さんとお母さんの論文。燃やしちゃったの」
守ろうとすることみちゃんはただ、そう言って泣きじゃくるだけ。

論文?朋也君には何が何だか分からなかったでしょう。
ただ誕生会をことを謝りに来ただけなのに、どうしてこうなったの?と。

気がつけば、コートを着た紳士が数人を引き連れて駆け込んできて・・・。
手にした消化器で速やかに消火作業に・・・。
この人達は誰?朋也君の知らない人たち。
結局、朋也君はどうすることも出来ず、ただ立ち尽くすだけだった・・・。

紳士「これは違うんだよ。君は泣かなくていいんだよ。
    これは、君の為のものだから。」


紳士はそう言ってことみちゃんを宥めようとしますが、
そんなの理解できないことみちゃんは泣き続けるばかり。

両親の論文を燃やしてしまたったと罪悪感に苛まれていたことみちゃん。
でも、紳士の言葉からすると論文のコピーでは無いようで、君の為の・・・。
もしかすると、出発前に約束したプレゼントのカタログだったのかも。

でも、幼いことみちゃんには、目の前の事実が全て。
目に見えない。触れられない物を信じることが出来なかった。
最初に紳士が論文のことを優先した所為でもあるの。

その次の日から・・・。

朋也君がことみちゃんの家へ行くけれど、雨戸は閉まったまま。
ことみちゃんが姿を現すことはなく、会うことが出来ませんでした。

それは、ずっと続いて・・・。

突然閉ざされてしまったことみの世界。

子供の朋也君にはどうすることも出来なくて当然なのです。
誰も住んでいないような家。ただ分かることは、ことみちゃんと会えないということ。
長い時間、離れ離れになることは、子供にとって別れを意味しているの。
いつかは気にもとめなくなり、想い出は記憶の片隅に沈んでいく。

朋也君もまた、そうした子供の一人。
ことみちゃんに出会ったことも、あの庭で過ごした時間も、全て夢物語だったと思ったの。
だんだんと薄れていく想い出、その中に浮かぶことみちゃんの笑顔。
そしていつしか、全てを忘れてしまった朋也君。

果たされなかった約束と共に・・・・。

ことみ「あなたはだ〜れ?どうして此処にいるのぉ?」

朋也君が忘れてしまった隠された世界は儚くてちょっぴり切ない・・・。

隠された世界は・・・

ことみ「目が覚めた?」

全てを思い出した朋也君が目を覚ますと・・・。

ことみの姿があって・・・。

朋也「まだ夢を見ているのかもしれない」

でも、目の前のことみちゃんは成長した現在のことみ。
ことみだけは、ずっと覚えていたの。あの日、庭に迷い込んできた男の子のことを。
ことみは思い出す、図書室で初めて朋也君が声を掛けてきた時の事を。
けれど、会いに来てくれたと思った男の子は、ことみの事を忘れていて・・・。
でも、今の朋也君は違う。全てを思い出してくれた。あの日の男の子。

ことみ「私、その男の子のことを、とっても、とっても好きだったの。
     私のたった一人のお友達だったから、だから、ずっと待ってたの・・・」


ずっと待っていた男の子が目の前にいる。嬉しさに涙が溢れることみ。

おとといは兎を見たの。

きのうは鹿。

きょうはあなた。

あなたは朋也君

紡がれることみの言葉は、どれだけ待っていたか現れていて。
忘れていた想い出の大きさに涙が溢れてくる朋也。
目の前にいるのは、ずっと一人の男の子を思い続けた女の子。

朋也「迎えに来た、みんなお前を待ってるぞ。」

エスコートするように手を差し伸べる朋也。
手を取りゆっくりと庭へと足を降ろすことみ。

ことみが見上げる夕焼け空に二匹の紋白蝶が飛んでいくよ。
想い出の片隅に埋もれたことみの世界を見つけだしたから。

ことみ「お空、とっても綺麗・・・」
 朋也「ああ」

今、長い長い時を経て、あの時の約束が果たされようとしていた。(涙)

世界はハープに満ちていた

世界はハープ(琴)に満ちていた・・・。

翌日、友達の登校を待つ渚ちゃんたち。

「来ました!」

登校してきたことみちゃん。いつか渚ちゃんの直感が告げたように、
ことみちゃんを皆の元へ呼び戻したのは朋也君でした。

 杏「おはよう、ことみ」
 涼「おはようです」
 渚「おはようございます」
朋也「おはよう、ことみ」

ことみ「みんな、おはようなの。」

挨拶してから、自分を待っていてくれたみんなに驚くことみちゃん。
今日はことみの誕生日なんだから当然なのです。

皆からの誕生日プレゼントは、「ヴァイオリン プレゼント券」
壊れてしまったヴァイオリンの修理が間に合わなかったら、その代わり。
プレゼント券に描かれているのはヴァイオリンと団子大家族。(笑)

「ありがとう」嬉しそうなことみちゃん、良かったね♪

A組担任「一ノ瀬さん!」

そこへ駆け込んできたのは、ことみちゃんのクラスの担任。
学校に出てくる気になったことみちゃんに先生も嬉しそう♪

先生がわざわざことみちゃんを探していたのには訳がありました。
ことみちゃんの後見人が訪ねてくるそうで、渡したい物があるらしい。

不安がることみちゃん。

朋也「心配するな。あの人はそんなに悪い人じゃない。お前も分かってるんだろ。」

ことみちゃんには渚ちゃんたちがいる。
演劇部室ならリラックス出来るかな。私達も一緒に後見人さんと会いましょう。
ことみちゃん、お友達に勇気を貰って会うと決めたよ。

後見人は、あのコートを着た紳士さんなのでしょうね。
一ノ瀬夫妻が亡くなった後、ずっとことみちゃんの面倒を見てきたと。
そうでなければ、これまで暮らしてなんてこれないものね。

お父さん、お母さん。おかえりなさい

放課後の演劇部室。

ことみちゃん達の前に姿を現した後見人さんこと、紳士。
渡したい物とは、だいぶ草臥れた銀色のスーツケース。

ことみ「あ、お父さんの鞄・・・」

夕べ研究所に届いたというその鞄は・・・。
あの日、墜落した飛行機と共に海に沈んだ鞄。
この中には論文が入っていたハズ・・・。

紳士「私が中身を確認して、一ノ瀬博士の物だと確認した。
    どうしても今日、君に渡さなければならないと思ったのだよ。」


長い時を経て、ことみの前に現れたお父さんの鞄。
ことみが燃やしてしまった論文の原本が入っているに違いない。
あの日の罪と向かい合うのが怖くて開けるのを躊躇うことみ。

お前には俺たちがついている。ファイト!ことみ!
今のことみは一人じゃない、背中を押してくれる友達が居る。
勇気を振り絞って開けた鞄の中身は・・・。

「え?」入っていたのはクマの縫いぐるみ。
両親がことみに買ってあげると約束した誕生日プレゼント。
縫いぐるみを持ち上げると一つの手紙が・・・。

「If you find this SuitsCase please take it to our doughter. K&M」
「もしあなたがこのスーツケースを拾ったら、どうか娘に届けてください。」

そうタイトルが書かれていた手紙は、一ノ瀬夫妻が書いたものでした。
墜落する少し前の飛行機の中で書かれたと思われるソレは・・・。

長い時間を経て、どこかの浜辺に流れ着いたてから始まり。
このスーツケースを拾った誰かは、鍵を開け、中身を見ると手紙を見つける。
愛の詰まった手紙に共感した人たちは、他の誰かへと鞄を託した。

世界中の人の手から人の手へと渡されてきた鞄。
その証拠に、縫いぐるみにも鞄にも複数の人間が手入れをしてくれた痕跡。
そして長い長い時を経て、誕生日という今日この日に届けられた。

ここで一ノ瀬夫妻のサインに気づいたことが。

K&M」=「Koutarou&Mizue」=「コウタロウとミズエ

夫妻の名前の頭をとると、

「こ」と「み」

そう、「ことみ」になるんですよね。

此処まで考えてるとしたら、凄いです。

紳士の語る真実は・・・。

あの日、ことみが燃やしてしまった封筒は論文の控えなどでは無かったと。
出発のギリギリまで論文の手直しを続けていたお父さんに、
論文の控えをとる時間なんて無かったのだと。

最初っから存在していなかった論文の控え。
ことみの疑問。それなら、あの燃えた封筒の中身はなんだったのだろう。
その封筒の中身は、目の前のクマの縫いぐるみのカタログでした。

今までのことみなら信じて貰えなかったけれど、今ならきっと・・・。
大切なお友達が出来た今のことみなら、信じて貰えるだろうと。

娘が初めて自分から欲しい物を言ってくれた。
そう嬉しそうに話す、ことみのお父さんの話を・・・。
懐かしそうに語る紳士の言葉に涙することみ。

鞄には、クマの縫いぐるみには、両親からことみへの想いに満ちていたから。(涙)

そして、気づく。この鞄には論文が入っていたはずだと。
紳士は、手紙の続きを読むことを促します。そこに全てがあると。

ことみへ。

世界は美しい、哀しみと涙に満ちてさえ・・・。

そんな冒頭から始る手紙に書かれていた一文。

かわいいことみ お誕生日 おめでとう

時間が掛かったけれど、娘との約束を守ったのだ。

ことみ「お母さん・・・」

夕焼け空に走る、一本の飛行機雲。

ことみのお父さんとお母さんは、自分達の死が分かったとき。
鞄に入っていた荷物と、世界の誰しもが望んでいた論文を捨て。
代わりに、娘への誕生日プレゼントと手紙を詰めた。

世界の理を、誰よりも美しく、純粋に、完結に、表現しようとしていた一ノ瀬夫妻。

けれど、この手紙のよりも美しい言葉に触れたことがないと紳士。
ことみのご両親は最後まで、ことみの幸せだけを願っていたのだ。

世界よりも、たった一人の娘の方が大切なのだから。(涙)

美しい言葉それは・・・

ことみは気づいたのでしょう。自分がどれだけ愛されていたことを。
両親から最初で最後のプレゼント。クマの縫いぐるみを抱きしめることみ。
それがまるで、お父さんと、お母さんであるかのように語りかけ・・・。

ことみ「お父さん。お母さん。私、ずっと待ってたの。」

ことみの語りに答えるかのように立ち上る光の珠たち。
ふわふわと浮かぶ沢山の光はことみだけでなく、朋也や渚たちの周りにも。

ことみ「一人で泣いてばかり居たの。」

無数の光の珠となって立ち上るそれは、娘へ伝えようとした抱えきれない想い。

ことみ「そうしたらね、朋也君が迎えに来てくれたの。」

ことみの想いと両親の想いが重なったとき奇跡が起こった!?
隠された世界から夕焼け空に現れたのは一機の旅客機!?

ことみ「とても幸せなの。とっても、とっても幸せで、だから、だからね。」

長い長い時を経て果たされた約束。待ち望んでいたことみは涙する。
両親を迎え入れる為に。両親の願いに答える為に。安心させる為に。

ことみは・・・・。

ことみ「お父さん、お母さん。お帰りなさい。」

長い長い時を経て、鞄と共に帰って来た一ノ瀬夫妻。
ただ、純粋に世界中の誰よりも娘の幸せを願って。

世界を旅した鞄の記憶

世界を旅した鞄の記憶。

その鞄は、世界中を旅してきたのだろう。

砂漠の街も、氷の島も、険しい山も、緑の大地も、沢山の人の手から手へ・・・。

大切に託されてきた・・・。

『この鞄を見つけたら、どうか娘に届けてください。』

娘を愛する、父親の手紙に共感した人々が紡いだもの。

それは様々な国で、様々な人々が交わした声。

その一つ一つは、それぞれ異なった音を奏でていた。

そうしてあらゆる音が複雑に響き合い、たった一つのしらべが生まれた。

そう・・・世界は、ハープ(琴)で満ちていた!!

かわいいことみへ・・・

かわいい ことみへ・・・。

『ことみへ。世界は美しい。哀しみと涙に満ちてさえ、瞳を開きなさい。
  やりたいことをしなさい。成りたい者になりなさい。友達を見つけなさい。
  焦らず、ゆっくりと大人に成りなさい。』


背景はことみが朋也君と再会して、渚ちゃん達と過ごした時間。
いつの間にか、父の望んだ娘の世界は現実化していたのだから。(涙)

ことみちゃんへの深い想い。どれだけ愛されていたか。
最後まで娘の幸せを願って書かれた手紙、自分達の死を知っての手紙。
二度と愛する娘に会えないだろうと悟ったとき、どんなに苦しかったことでしょう。
きっと残される娘の悲しむ様子を思い浮かべて書いたのでしょう。

たった一人で待ち続ける娘の為に、娘が再び笑えるように、願いを込めて。
娘の未来が閉ざされぬように、笑顔でいられるように。
最初で最後の約束を果たそうする両親の気持ちはいかほどか。(涙)

父の次は母の番。クマの縫いぐるみの周りを漂う光が眩しくなるよ。
このとみ目の前には父と母の姿が、周りを光の珠が漂っています。

そこは、光に包まれた両親と、ことみだけの不思議な空間。

『お土産屋さんで見つけたクマさんです。
  沢山沢山探したけど、この子が一番大きかったの。
  時間が無くて、空港から送れなかったから。
  かわいいことみ。』

父、母『『お誕生日、おめでとう!』』

両親の姿は消え、代わりにクマの縫いぐるみに頷くことみ。
こんなに愛されていたことみちゃんは、もう大丈夫でしょう。

ことみちゃんにとって最高の誕生日プレゼントとなりましたね。(涙)

新しいことみの世界

新しいことみの世界。

一ノ瀬夫妻からプレゼントが届いてから数日後。
すっかり明るくなったことみちゃんが素敵だよ。

ことみ「みんな、こんにちは。」

渚ちゃん達をお庭に迎え入れることみちゃん。
杏さんが修理の終わったヴァイオリンを見せるよ。
もちろん嬉しそうにヴァイオリンプレゼント券を取り出すことみちゃん。

どうやら今日は、ヴァイオリン贈呈式を行うみたいです。
いつもの四人の他に、朋也君は陽平君や仁科さんも呼んでいるそうで、
いつか盛大なパーティをと言っていた渚ちゃんの両親も参加するみたいですね。

杏さんなんかは、いつぞやのヴァイオリンリサイタルの時のように、
大勢の生徒達を連れてくると言っていて・・・・。大丈夫かな。(汗)

でも、大丈夫だと言うことみちゃん。
お菓子も沢山作りすぎたらしいし。

なによりも・・・・。

ことみ「大丈夫なの。ことみのお庭は広いから。」


・・・・・・・おしまい。


ことみルート終了♪

んん、なんだろうこの清々しい終わり方は。
涙あり、感動ありで、スッキリ後味がいいお話でした。

ことみちゃんの両親の愛が、ずっと閉じこもっていたことみちゃんを救ったの。

ご両親は死を悟ったとき、娘に二度と会えないと分かったとき、
残される娘の悲しむ姿に、どれほど心を痛めたでしょう。
けれど、娘の幸せになることを、哀しみの後に笑顔があることを、
世界が哀しみだけじゃないと、精一杯の言葉で伝えようとしたの。
その気持ちが長い時を経て、人から人へと手に渡って帰ってくる。
素敵な素敵な演出でした。両親に愛されていたことを胸に刻み、
これからことみちゃんは自分の道を歩いていけることでしょう。

そして、もう一人の功労者は、期間限定幼馴染みだった朋也君。
本当にことみちゃんを学校へ連れ戻せるのは朋也君だけでしたね。
またも渚ちゃんの直感が当たっていたということになるのかな。

そんな朋也君ですが彼だけだったら無理だったかも。
それまでの過程でちょっとだけ途中で挫折しそうになったけれど、
仲間達の存在で最後までやり遂げることが出来ましたね。
朋也君も渚ちゃんも、また少し成長したかな。

で、ことみルートを全体的に見てみると、
何気ないところで渚ちゃんが朋也君の背中を押してるの。
いい感じに見えたシーンが所々にあったけれど、
そろそろ進展してもいいんじゃないかな。

ところで、結局、ヴァイオリンの声っていったいなんだったんだ!!(爆)

さて、次回は朋也君と渚ちゃんにも何かがあるようです。
バスケットに関わることみたいで・・・二人の訪れる転機の時!?


次回、第15回「困った問題」


   にほんブログ村 アニメブログへ


「CLANNAD −クラナド−」関連サイト:

 渚と早苗のおまえにレインボー<音泉>(毎週金曜日更新)
 渚と早苗のおまえにレインボー<音泉>

 TBSアニメーション 「CLANNAD」公式ホームページ
 TBSアニメーション 「CLANNAD」公式ホームページ

 Key Official HomePage
 Key Official HomePage

 劇場版 CLANNAD −クラナド− OFFICIAL SITE
 劇場版 CLANNAD −クラナド− OFFICIAL SITE

 CLANNAD (ゲーム) - Wikipedia

 ヴァイオリン - Wikipedia

 タワーレコード

 オンライン書店ビーケーワン

 あみあみ キャラ&ホビー格安通販

 アニメイトTV


「CLANNAD −クラナド−」関連グッズ:

CLANNAD 3<通常版>
CLANNAD 3
<通常版>

発売日: 2008/02/20
CLANNAD 3<初回限定版>
CLANNAD 3
<初回限定版>

発売日: 2008/02/20
CLANNAD 2<通常版>
CLANNAD 2
<通常版>

発売日: 2008/01/16
CLANNAD 2<初回限定版>
CLANNAD 2
<初回限定版>

発売日: 2008/01/16
ドラマCD CLANNAD−クラナド−Vol.4 藤林杏
ドラマCD 
CLANNAD−クラナド
Vol.4/藤林杏

発売日: 2007/07/25
ドラマCD CLANNAD−クラナド−Vol.5 坂上智代
ドラマCD 
CLANNAD−クラナド
Vol.5/坂上智代

発売日: 2007/08/24
ドラマCD CLANNAD‐クラナド‐ Vol.1 古河渚
ドラマCD
CLANNAD‐クラナド
Vol.1/ 古河渚

発売日: 2007/04/25
ドラマCD CLANNAD−クラナド−Vol.2/一ノ瀬ことみ
ドラマCD
CLANNAD−クラナド
Vol.2/一ノ瀬ことみ

発売日: 2007/05/25
ドラマCD CLANNAD−クラナド−Vol.3/伊吹風子
ドラマCD 
CLANNAD−クラナド
Vol.3/伊吹風子

発売日: 2007/06/22
劇場版「CLANNAD−クラナド−」SOUNDTRACK
劇場版「CLANNAD−クラナド−」SOUNDTRACK
発売日: 2007/11/21
劇場版 『CLANNAD』 DVD スペシャル・エディション 【初回限定版】
劇場版 『CLANNAD』
 DVD スペシャル・エディション 【初回限定版】
劇場版 『CLANNAD』 DVD 【通常版】
劇場版 『CLANNAD』
 DVD 【通常版】
劇場版 『CLANNAD』 DVD コレクターズ・エディション 【初回限定版】
劇場版 『CLANNAD』
 DVD コレクターズ・エディション 【初回限定版】
CLANNADオフィシャルコミック  4  CR comics
CLANNAD
オフィシャルコミック 4
CR comics

発売日: 2007/10
CLANNADオフィシャルコミック  5  CR comics
CLANNAD
オフィシャルコミック 5
CRコミックス

発売日: 2007/12
クラナドコミックアンソロジー  特別編  DNAメディアコミックス
クラナドコミック
アンソロジー 特別編
DNAメディアコミックス

発売日: 2007/12
CLANNADオフィシャルコミック  1  CR comics
CLANNAD
オフィシャルコミック  1
CR comics

発売日: 2005/11
CLANNADオフィシャルコミック  2  CR comics
CLANNAD
オフィシャルコミック  2
CR comics

発売日: 2006/06
CLANNADオフィシャルコミック  3  CR comics
CLANNAD
オフィシャルコミック  3
CR comics

発売日: 2006/12
CLANNADコミックアラカルト  1  単行本コミックス
CLANNAD
コミックアラカルト  1
単行本コミックス
Impressions of CLANNAD Tribute Album公認コミックアンソロジー

発売日: 2004/10
CLANNADコミックアラカルト  2  単行本コミックス
CLANNAD
コミックアラカルト 2
単行本コミックス
Impressions of CLANNAD Tribute Album公認コミックアンソロジー

発売日: 2004/12
Official Another Story CLANNAD〜光見守る坂道で〜
Official Another Story CLANNAD
〜光見守る坂道で〜

発売日: 2005/12
CLANNADアンソロジー・ノベル  Jive character novels
CLANNAD
アンソロジー・ノベル
Jive character novels

発売日: 2004/09
CLANNADアンソロジー・ノベル  2  Jive character novels
CLANNAD
アンソロジー・ノベル 2
Jive character novels

発売日: 2004/12
CLANNAD -クラナド- 渚クッションカバー《予約商品01月発売》
CLANNAD -クラナド- 渚クッションカバー《予約商品01月発売》
CLANNAD -クラナド- ぼたんぬいぐるみ 《予約商品12月発売》 CLANNAD -クラナド- ぼたんぬいぐるみ 《予約商品12月発売》 CLANNAD -クラナド- 伊吹風子 完成品フィギュア コトブキヤ版《予約商品01月発売》
CLANNAD -クラナド- 伊吹風子 完成品フィギュア コトブキヤ版《予約商品01月発売》
CLANNAD -クラナド- 一ノ瀬ことみ 完成品フィギュア コトブキヤ版《予約商品04月発売》
CLANNAD -クラナド- 一ノ瀬ことみ 完成品フィギュア コトブキヤ版《予約商品04月発売》
CLANNAD -クラナド- 坂上智代 完成品フィギュア コトブキヤ リニューアルパッケージ版《予約商品10月発売》
CLANNAD -クラナド- 坂上智代 完成品フィギュア コトブキヤ リニューアルパッケージ版《予約商品10月発売》
CLANNAD -クラナド- 古河渚 完成品フィギュア コトブキヤ リニューアルパッケージ版《予約商品10月発売》
CLANNAD -クラナド- 古河渚 完成品フィギュア コトブキヤ リニューアルパッケージ版《予約商品10月発売》
CLANNAD -クラナド- 藤林杏 完成品フィギュア コトブキヤ リニューアルパッケージ版《予約商品10月発売》
CLANNAD -クラナド- 藤林杏 完成品フィギュア コトブキヤ リニューアルパッケージ版《予約商品10月発売》
posted by しおん at 20:16| ☀| Comment(2) | TrackBack(11) | CLANNAD −クラナド− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
優しい気持ちになれる素敵な感想、楽しませていただきました。
世の中には、辛いことや哀しいことがある。
悪い人たちもたくさんいる。
それでも世界には、同じぐらい優しい人たちがいて、暖かな出来事がある。
それを信じさせてくれるような、優しい物語でしたね。

管理人さんが気になさっているヴァイオリンの声ですが
どうやら奏者さんの名前らしいです。
それでは。
Posted by 通りすがり at 2008年01月23日 21:23
通りすがりさんコメントありがとう。
それから初めましてかな。管理人の詩音です。

>優しい気持ちになれる素敵な感想、楽しませていただきました。

ありがとうございます。
かなり私のドリームが入っちゃている感想ですが、
そう言って頂ける幸いです。

>それを信じさせてくれるような、優しい物語でしたね。

そうですね。世界はそう悪いことばかじゃない。
そう思わせてくれる本当に素敵お話なので。
私のお気に入りのお話になりました。


>管理人さんが気になさっているヴァイオリンの声ですが
>どうやら奏者さんの名前らしいです。

なるほどぉ・・・。
キャストさんが全て声とは限らなかったんですね。
音、奏者かぁ。謎が一つ解けました。スッキリです。(笑)
貴重な情報ありがとうございました♪
Posted by 詩音 at 2008年01月24日 00:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/80100641

この記事へのトラックバック

CLANNAD 第14回 「Theory of Evertthing」
Excerpt: もう、おまえら結婚しちゃえよ! ・・・などと、とりあえずKYなカンジに書いてみる。 CLANNADのことみ編、最終章です。 出先で文...
Weblog: 中濃甘口 Second Dining
Tracked: 2008-01-22 21:24

CLANNAD -クラナド- 第14話 『Theory of Everything』
Excerpt: 「迎えに来たー。みんなお前の事を待ってるぞー!」 ことみ編もラストを向かえました。 やっぱりというか、とても良いお話でしたので涙が...
Weblog: ゆめねのにっき♪
Tracked: 2008-01-22 21:40

アニメ【CLANNAD-クラナド-】第14話。
Excerpt: 『CLANNAD -クラナド-』 ※下記の日記内容には、アニメ本編に対するネタバレの要素が多々記述されています。少しでも気になさ る方は御覧にな...
Weblog: どっかの天魔日記
Tracked: 2008-01-22 21:45

アニメ【CLANNAD-クラナド-】第14話。
Excerpt: 『CLANNAD -クラナド-』 ※下記の日記内容には、アニメ本編に対するネタバレの要素が多々記述されています。少しでも気になさ る方は御覧にならない様に注意をして下さい。 今週のお話は、..
Weblog: どっかの天魔日記
Tracked: 2008-01-22 21:46

CLANNAD 第14話 「Theory of Everything」
Excerpt: 朋也、ガーデニングマスターになるのか。そんな朋也に藤林杏の手作り弁当。杏は、確か料理は美味しかったはず。羨ましいです。
Weblog: ゼロから
Tracked: 2008-01-22 21:49

CLANNAD 第14話 感想
Excerpt: CLANNAD  第14話 『Theory of Everything』 感想  岡崎朋也: 中村悠一  古河 渚: 中原麻衣  藤林 杏: 広橋 涼  藤林 椋...
Weblog: 荒野の出来事
Tracked: 2008-01-22 23:24

CLANNAD -クラナド- 第14話 「Theory of Everything」
Excerpt: 世界は美しい、悲しみと涙に満ちてさえ――。 朋也たちは庭の手入れをつづけ、ようやく完成させる。 忘れた記憶を思い出す朋也…。 そして...
Weblog: SeRa@らくblog
Tracked: 2008-01-23 01:16

CLANNAD -クラナド- 第14話 「Theory of Everything」
Excerpt: ことみ編の最終回。 朋也たちは庭の手入れを終える。 そして朋也は、忘れた記憶を思い出す。 誕生日の日、ことみに届いた物は。
Weblog: ネギズ
Tracked: 2008-01-24 15:23

(アニメ感想) CLANNAD -クラナド- 第14話 「Theory of Everything」
Excerpt: CLANNAD 3 (初回限定版) 巡る記憶・・・引き起こされる過去。朋也がことみとの思い出を全て思い出した時、一つの真実が明らかとなるのだった・・・。
Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
Tracked: 2008-01-24 17:08

CLANNAD - クラナド - 第14話「Theory of Everything」
Excerpt: CLANNAD - クラナド - 第14話「Theory of Everything」 よろしければ押してやってください→  
Weblog: 初音島情報局
Tracked: 2008-02-05 18:36

金子英彦
Excerpt: 金子英彦さんについてのデータ・最新情報
Weblog: NewData◆ニューデータ
Tracked: 2010-10-31 07:59


詩音の枝折りのトップへ


  頂いたTBについて:

  TB大歓迎ですので、お気軽に送ってくださいね。
  ただし、その記事と関連のあるものでお願いします。

  それから頂いたTBは、管理人(詩音)の時間が許す限り、
  全ての記事に目を通してから返させて頂いています。
  ですので、反応が遅いと思いますが気長にお待ちくださいね。
  それでも返ってこないときは・・・エラーかも。(汗)
  一部のサイト様では、こちらからのTBがエラーになることが
  増えてきていたりするので・・・。(苦笑)

  2月になって、FC2さんでホンの一部が、
  一番酷いライブドアさんは・・・全滅!?



  このブログのRSSはこちら。

  RSS1.0 http://yuuutuna.seesaa.net/index.rdf
  RSS2.0 http://yuuutuna.seesaa.net/index20.rdf



  掲載中の著作物について:

  当ブログに掲載しているキャプチャー、
  本の表紙、CD、DVDのジャケット画像などの著作物は、
  その作品の研究、検証のために使用しています。
  著作権については、それぞれの作品側にあります。

  なお、内容等に問題があり、著作権者からの申し出があった場合、
  直ちに対処させていただきます。



ロリポップのドメインは選べる全85種類!! さくらのレンタルサーバ・ビジネス プロ
安心しておすすめ!ファーストサーバ インターネット取引するならマネックス証券
◆5大特典◆BIGLOBE光の入会キャンペーン実施中 バイク保険オンライン加入
あなたの写真が簡単な操作で美しく生まれ変わります。 ウイスキーの購入ならサントリーオンラインショップ【E-liquor】
オークションを楽しむなら!「Yahoo!ネットバンキング決済連携サービス」 オートレース 投資信託 ちょこっといいことプログラム

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。