2007年12月24日

CLANNAD −クラナド− 第12回「かくされた世界」 感想です。

TBSアニメーション 「CLANNAD」公式HP
TBSアニメーション 「CLANNAD」公式ホームページ

恋愛アドベンチャー

TBSアニメーション CLANNAD −クラナド−
   第12回「かくされた世界」 2007/12/21 02:00 TBS 感想です。


キャスト:

岡崎朋也(役)=中村悠一/古河 渚(役)=中原麻衣/藤林 杏(役)=広橋 涼
藤林 涼(役)=神田朱来/一ノ瀬ことみ(役)=能登麻美子/伊吹風子(役)=野中 藍
仁科りえ(役)=相沢 舞/コートの男、黒服の男、紳士(役)=青山 渚

あらすじ:

音楽室の仁科りえから借りていたヴァイオリンを返しに行ったことみと朋也。
ことみはヴァイオリンという共通点から仁科とも友達になれた。
一歩踏み出す勇気を出したことみは、図書室へ入り浸るのを辞め、
自分の教室で授業を受けるようになり、少しずつだが交友関係を広めていた。
杏の発案により、日曜日に智也達と商店街で遊ぶことになったことみ。
ことみの誕生日が近いというプレゼントを探す渚達は思いがけない人物と出会う。
ある日の朝、椋の登校時間にバスと乗用車の衝突事故があった。
妹の椋が事故に巻き込まれたと心配した杏達は現場へ向かうが、
幸い次のバスに乗っていたため、椋は無事であった。
しかし、事故を目撃してから苦しみだしたことみは早速と一人で早退。
理由を聞いても先生達はプライバシーと答えてはくれなかった。
せめてお見舞いにと住所を聞き出した智也達は一ノ瀬邸へ向かうが、
ことみが出てくる気配はなかった。そんな中、朋也は一人違和感を感じていた。
皆と別れた後も気になっていた朋也は、紳士と出会い過去を垣間見る。

・・・・・・というおはなし・・・・・・。


レビューっぽい感想:

愛しきヴァイオリン

愛しきヴァイオリン。

時計の針は午後1時。
音楽室を訪れたことみちゃんと朋也君。
それは借りたヴァイオリンを仁科りえさんに返す為。

ことみ「ヴァイオリン使わせてくれてどうもありがとう。」

ことみちゃんからヴァイオリンを受け取る仁科さん。

朋也君が一週間以上借りっ放しだったことを詫びると、
そのヴァイオリンは正式な学校の備品ではないと教えてくれました。
何年か前の卒業生が置きっ放しにして行った古いヴァイオリン。
仁科さんは先生からちゃんと音が出るかどうか確かめて欲しいと頼まれていたんですって。
先生は音が出なかったらどうするつもりだったのでしょうね。
ヴァイオリンは古い方が味があるのに。

そのヴァイオリンは、ちょっぴり古くなって弦も草臥れているけれど素敵なヴァイオリン。
だから捨てないであげて欲しい。とっても愛おしそうにりえさんにお願いすることみちゃん。
お願いされた仁科さんも、古いヴァイオリンを捨てるなんて考えてもいなかったみたい。
「ええ。私も先生にそういうつもりでした。」愛おしそうにケースを撫でながら答えるよ。

この二人は本当にヴァイオリンが大好きなんですね。
ふと、重要なことを思い出したことみちゃん。お友達作戦発動だよ。

ことみ「そうだ。忘れてたの。こんにちは、初めまして。
     3年A組の一ノ瀬ことみです。趣味は読書です。
     もし良かったら友達になってくれると嬉しいです。」


仁科「私は仁科りえと言います。こちらこそとても嬉しいです。」

もう何度か会っているし、初見で名前も名乗っているので初めましてはおかしいよね。
でも、改めて自己紹介。ヴァイオリンが大好きな二人は直ぐにお友達になれました。

仁科「それではまた」

音楽室を後にして・・・。

 朋也「友達増えて良かったな。」
ことみ「うん。」
 朋也「この調子で増えていくといいな。」
ことみ「うん。」

お友達が増えて嬉しいはずなのに、その表情に笑みはないの。

ことみ「あれ?」

自分でも気がつかないうちに涙がポロリ。
その涙は嬉し涙なのか、それとも・・・・。

そんなアバンからオープニングへ・・・。


一歩で変わる世界

一歩で変わる世界。

朝。渚ちゃんから思わぬ情報を得る朋也君。

 渚「ことみちゃん。この頃は図書室へ行かないで、教室で授業を受けているそうです。」
朋也「ちょっと、覗いてみるか。」

二人でことみちゃんの教室を覗いてみると・・・。
クラスメイトに数学を教えていたり、超音波ヴァイオリンの話題が出たり、
ちょっと勇気を出しただけで友達が増えていたことみちゃん。

クラスメイトに囲まれて、ちょっと気恥ずかしそうなことみちゃんがいい感じ。
そんなことみちゃんを暖かく見守る渚ちゃんと朋也君でした。

タイトルコール第12回「かくされた世界」

ツッコミだけの世界

ツッコミだけの世界。

今日の演劇部室では・・・ことみちゃんにツッコミの厳しさを熱く語る杏さんが・・・。
その杏さんの背後では、なぜか怯えてる渚ちゃんと椋ちゃんがいるんですが。(汗)
というか、怯える声がハモってるし、また左右対称ですかこの二人は!(笑)

えっと、杏さんの話だと。ツッコミだらけの世界ではボケは一人も存在せず。
そこで天然ボケや台詞を噛んだりしたら、容赦なくツッコミの集中砲火を浴びる。
ことみちゃんへ「なんでやねん!」、渚ちゃんと椋ちゃんへは「アホちゃうか!」
朋也君へは「いい加減にせ〜い!」、全体?へ「どないやね〜ん!!」

これが良いのか悪いのか、ツッコミの恐ろしさを植付けることに成功した杏さん。
なるほど渚ちゃんと杏ちゃんは天然ボケを否定されて怯えていたのね。
少しは自覚があったわけだ。でも、一番は杏さんのツッコミ事態に恐怖。(笑)

ことみ「ツッコミはとても恐ろしいの。」

止め!お笑いはとっても厳しいから、ことみが100万回生まれ変わっても無理。
というか杏さん!サラッと酷すぎることを言ってるような・・・。(滝汗)

「お、お姉ちゃん・・・それは言い過ぎだと思う・・・」
「そうですぅ。みんなで力を合わせればきっと・・・」

ことみちゃんを中心に集まる渚ちゃんと椋ちゃんですが・・・・。
椋ちゃんは手がパー、渚ちゃんの手はグーになってる。

 杏「あんた達が力を合わせても無駄。ゼロは幾つ集まってもゼロ!」
朋也「心底酷いことを言っているな・・・」

酷い・・・あんまりですよぉ。意気消沈な渚ちゃんと杏ちゃん撃沈。
杏さんのトークにボケ組が勝てる分けないの。怯えるわけだよね。
しかし、それでも全く動じていなさそうなのはことみちゃん!

ことみ「こうなったら最後の手段なの。物凄いギャグをお見舞いするの!」

杏さんの言う、カビの生えたギャグではなく。
この間テレビで見た新鮮なギャグらしいけど・・・。

左腕の肘を曲げて右手で指し「ここまがる〜ぅ」
両頬に手を当てて「こことれる〜ぅ」

なんだか分からない芸を披露。ことみちゃん自身は大受けで思わず噴き出してるよ。
「これってギャグ?」「ギャグなのよね・・・」思わず泣な杏さん。ことみちゃん勝利!
ことみちゃんの超マイペースには杏さんの毒舌も叶わないのでした。(笑)

枯れた少女達の休日

枯れた少女達の休日。

演劇部室での昼食。いつのまにかここで連むようになってるの。
今日はみんなに食べて貰おうと重箱弁当を作ってきたことみちゃん。
重箱の中身すっごいなぁ。ことみちゃんは料理が得意なんですね。

「ことみちゃん、お休みの日は何をしているんですか?」

ことみちゃんの休日は読書。本好きの彼女らしいね。
朋也君は陽平君の寮でゴロゴロ。荒んでるね。
渚ちゃんは大抵家にいるらしい。パン屋の手伝いがあるもんね。

そんな青春と肉体を持て余していて情けないという杏さんは・・・。
自身は日曜日に何もすることが無いと胸を張ってハッキリと言うし。

せめて受験勉強とかあれば・・・まあこのメンバーには無理か。(笑)
それにしても、不良の朋也君はともかく皆枯れた少女達だ・・・。

「みんな。明日9時前に駅前に集合よ!
  集団デートグループ交際、これこそ正しい若者の姿じゃないの!」

なんだかサラッと気になる発言をしているような気もしますけど・・・、
予定がないなら、今作れってことで半ば命令口調で予定が決定。(笑)

正しい休日の過ごし方

正しい休日の過ごし方。

集合時間午前9時の5分前。
駅前の商店街「楽市通り」へやって来たことみちゃんたち。
渚ちゃん達の私服が新鮮ですね。

朋也君は陽平君も誘おうと思っていたみたいですが、
「バカは一人で十分よ」な杏さんに却下されたらしい。
可哀想に陽平君。彼がいないとちょっと地味になる。
ちなみに、バカの一人は朋也君のことらしい。(笑)

商店街行く杏さんグループは・・・。
動画だけで音声はありませんが、たわいもないお話をしたり、
雑貨屋を覗いたり、アクセサリーを選んだり、本屋に寄ったり・・・。
お昼は・・・大きなお弁当箱にサンドイッチ。これは杏さんの?

どうやら今度の土曜日がことみちゃんの誕生日らしいですね。
心の籠ったプレゼントをするわよ!と張り切る杏さんがいました。
みんな楽しそう、何より主役のことみちゃんがすっごく楽しそう。

そして・・・杏さんの心の籠ったプレゼントとは・・・。

クレーンゲームの景品。けど、なんだろうこの巨大な縫いぐるみは。(爆)
ちゅうか、心の籠った景品ですかそれが・・・(苦笑)何度も挑戦するから真心だとでも。
でもって、ケースの中で一際目立っている灰色の蟻食?に見えるソレは・・・。
「本当に大きいです、あの縫いぐるみ」「実際の動物よりも大きいのは有りなんでしょうか。」
そう杏ちゃんと渚ちゃんが思わず口にするほどだったりするの。

なので・・・通算33回の失敗。縫いぐるみビクともせず。
周りに人だかりが・・・野次馬達のボソボソ声がすっごく恥ずかしいよ。
堂々と位置が悪いと縫いぐるみの位置を店員さんに変えて貰う杏さん。
またかですか・・・って、毎回変えて貰ってたんだ。(汗)
てゆーか、それで取れない景品ってどんだけ〜!

通算34回目・・・ってまたも朋也君にたかる杏さん!
もうスッカラカンだって・・・ご愁傷様です朋也君。

朋也君がスッカラカンで次が最後の一回に。これは責任重大です。
「次は椋の番よ!」杏さんは妹の椋ちゃんに押し付けようとビシッと指さし。
「私自信ないよ、さっきも失敗したし」「じゃ部長!」と渚ちゃんをビシッと指さし。
「私もその・・・岡崎さんの貴重なお金を無駄にしてしまいそうな・・・」良い子だ。
「じゃあ俺・・・」「だらしないわねぇ!私なら取れるって言う強者は!」
朋也君は無視!杏さんあくまで自分では絶対にやるって言わないのね。(爆)
てか、人様を人差し指で指しちゃいけませんよ。(苦笑)

伊吹風子降臨!

杏さんが強者を求め天を指差したその瞬間。
周囲に異変が星がキラキラ・・・不思議空間。星、いや海星だ・・・。風ちゃんだ!
魔法少女?みたいなBGMと演出。海星を掲げてクルルンと回ってみせる風ちゃん。
その度に転びそうになってますが何とか体勢整えてポーズ。

風子「風子!参上!」

風ちゃんの頭には渚ちゃんと朋也君のプレゼントした宝物、尖り帽子がちゃんとある!

何だか分からないけど嬉しいかも。けどどう絡めるんだ本編と。
風ちゃん出現で一同唖然、まあ何もないところから突然現れたからね。(笑)
というか、野次馬いっぱい。みんなに見えてるぞ風ちゃん!

 杏「なんなの・・・あなた・・・」

風子「お困りの様子だったので、お役に立ちたい一心で駆けつけました!
   ここは風子にお任せ下さい!」


でも、やっぱり風ちゃんの記憶は無いのね。
そんなの気にせず凛とした風ちゃんはクレーンゲームの前へ。
あ、渚ちゃんが反応してる!お悩みの表情に。
消えた記憶を揺さぶられるみたい。渚ちゃんが動いた。

 渚「あのぉ・・・どこかでお会いしましたよね。」

風子「今は思い出さなくてもいいです!
    いつか自然に再会する日が来るハズです!」


そうなのですか。風ちゃん本人が言うからにそうなんでしょうね。(笑)

朋也「ほんとうに大丈夫なのか?」

風子「風子は近所では、あの子はクレーンを使わせたら
    右に出る者はいないと噂されてる程このゲームの達人です!」


朋也「どういう近所だよ!って・・・前にもこんな会話交わしような・・・」

思い出しかけて一瞬お悩みモードへ。

朋也「狙いはあのデカイヤツだぞ分かってるな」

100円玉を入れて・・・いよいよ本番です!

風子「風子!行きます!」

気合いの入ったかけ声!クレーンが動いて・・・。

  杏&椋「「おおっ!」」

渚&ことみ「「ああっ!」」

   朋也「うぉっ!」

クレーンが掴みあげたのは・・・・巨大縫いぐるみ・・・ではなくお星様の縫いぐるみ。(爆)

風子「形に惹かれて手が勝手に動いてしまいました。」

朋也「言っとくけど、それ海星じゃなくて、星だからな。」

やっぱりダメじゃん風ちゃん!お約束の落とし穴が!(笑)
てか、朋也君が海星って言ったのが嬉しいかも。

風子「今回はお役に立てませんでしたが、いずれまた参上したいと思います!」

また出てくるんですか!そっか風ちゃんの夢だから。(笑)

風子「それでは!」

タッタッタッタ・・・って、帰りは歩きなんですね。
でも、ちゃっかり星の縫いぐるみは大持ち帰りですよ。(笑)

 杏「なんだったの・・・あの子・・・」

朋也「俺、何で海星なんて言ったんだろう・・・」

 渚「さあ・・・」

これにて風ちゃんタイムサービス終了っと!

黒服の男は悪い人

黒服の男は悪い人。

午後6時、「楽市通り」まだことみちゃんへのプレゼントは決まらず。
ベンチでみんなでソフトクリームを食べながら休憩。
飛行機雲を見つけた椋ちゃんが綺麗だと言っている横で俯いてることみちゃん。
朋也君だけが気づいて声を掛けても返事はないし笑顔もないの。
溶けかけてるソフトクリームを見ると全然手をつけていないみたい。
どうしちゃったんだろう・・・。

すっかり日も暮れて・・・。

  渚「それじゃ私達はこっちですから。」
ことみ「渚ちゃん、杏ちゃん、杏ちゃん、また明日。」
  渚「はい♪」
  椋「お休みなさい♪」
  杏「ばいばーい♪」

帰り道が違うから渚ちゃん達と別れることみちゃん。
途中までことみちゃんと一緒に帰る朋也君。すると・・・。

ことみ「朋也くん、ありがとう。朋也くんと会わなかったら、
    こんな楽しい気持ちになることなかったと思う。」


 朋也「俺は何もしてないさ。渚も、杏も、藤林も、
    みんなお前のことが好きなんだ。それだけだよ。」


ことみ「もしそうなら、ほんとうに嬉しい。」

ことみちゃんは、友達を持った経験が無いからなのかな。
まるで、渚ちゃん達のことを信用していないみたいな。
本当は裏があるんじゃないかって疑っているような。

やっぱり学者の娘であるし、ご近所ではちょっとした有名人。
となると、けっこう上辺だけの接近もあったのかも。
でも、朋也君に言われて本当に嬉しそうな表情に。

と、ことみちゃんが朋也君にプレゼントがあると言い出しましたよ。
取り出したのは一冊の本。ことみちゃんは内容を全て覚えてしまったからと。
でも、ことみちゃんのは難しい本だもんね。「俺に読んで欲しいって言うのか?」
ことみちゃんはただ、朋也君に持っていて欲しいみたいです。
ただ、持っていて貰えるだけで・・・刹那そうな表情のことみちゃん。
やっぱり朋也君に好意を抱いているのは確かですね。

そんな二人の前へ姿を現したのは黒服の男。
闇の中から近づいてくるのは不気味だから。(汗)
「悪者」そう言って朋也君の腕を引き逃げ出すことみちゃん。
当然黒服の男も追ってきますが、撒いて逃げる事に成功。

公園の茂みに隠れていた朋也君とことみちゃん。
膝を抱えて座ることみちゃんに、黒服の男が誰で何の話があるのか訊ねるけど・・・。
ことみちゃんの脳裏に浮かんでいた記憶は・・・。

夢・・・過去の記憶

浮かび上がる兎の縫いぐるみ。メラメラと燃えさかる炎・・・。

無数の綿毛みたいな丸い白い物体・・・タンポポの綿毛

浮かび上がる鹿の剥製。メラメラと燃え上がる火の粉・・・。

幼い少女の泣き声。

燃え上がる屋敷。炎と格闘する幼い少年。(なんとなく朋也に似てますが・・・。)

うずくまって泣きじゃくる幼い少女。(幼いことみちゃんですね。)

屋敷の廊下。炎から少女を守ろうとしている少年

少女の嗚咽が響いて・・・。

二人の背後に現れるコートの男!

コートの男は、上着で炎を消そうと奮闘します。

少年に語りかけるコートの男・・・顔が見えて・・・この人はあの黒服の男です!

映像はそこで途切れ・・・・。

気がつくと朋也君は自宅のベッドで朝を迎えていました。
この映像はいったい。朋也君が見た夢でもあるのかな。
でも、急に時間が飛んでしまったのは何故でしょうか。

そしてあの幼い少年は誰?・・・ともかく黒服の男が関わっているのは確かですね。

ことみの世界

ことみの世界。

いつものように登校する朋也君。
椋ちゃんもいつものようにバスに乗って・・・。
大あくびしている朋也君ですが、最近夢見が悪いらしいです。
あのことみちゃんの記憶らしき夢で魘されてるのね。

「朋也君♪だ〜れだ♪」

背後から朋也君を目隠ししてくる少女が。
コミカルな効果音で少女の豊かな胸が朋也君の背中に。
背中に伝わる柔らかい感触に朋也君の男の子目覚めかける!?
「胸が触ってる!胸が!」慌てふためく朋也君が可愛いです。
その大胆な少女の正体はことみちゃん!

ことみ「ムネガサワッテル ムネガ・・・さん」

どういうギャグですかそれ。(汗)
理性が限界な朋也君はそれどころじゃないし、
さっさとことみちゃんの正体を言い当てて、
胸が当たってることを伝えるのでした。(笑)

ことみ「うわぁ////とっても、とってもドキドキなの////」

朋也君曰くこの恥ずかしいプレイをことみちゃんに教えたのは杏さん。
なんたることを教えちゃいましたか。「私で〜す♪」って言っている場合ですか!(笑)
でも良いのかな妹さんのこと応援していたのでは・・・。ホントお馬鹿さんなの。
「いいじゃない、減るもんじゃないし。」そういう問題じゃないと思うけど・・・。(汗)

と、そこへ息を切らせて走ってきたのは渚ちゃん。
慌てて椋ちゃんが何時も乗っているバスの時間を訊ねる渚ちゃん。
彼女が慌てる原因は、その時間帯を走るバスが事故を起こしてて人だかりが・・・。
椋ちゃんが事故に巻き込まれてしまった可能性が・・・。

「そんなハズない!椋に何かあったら私に分からないハズが無い!」

双子の姉妹故の絆って所でしょうか。
でも、万が一があるかも知れない。取り乱した杏さんは事故現場へ!
慌てて追いかける朋也君ですが・・・・。
出遅れたことみちゃんの様子が・・・・。

現場に杏達が到着するとそこには・・・・。
乗用車と衝突したバスが横転するという大事故でした。
すっかり取り乱した杏さんはバスの方へ行こうとしますが・・・。
「お姉ちゃん?」人混みの中から椋ちゃんの声が。
次のバスに乗っていたので椋ちゃん無事でした!

アレだけの事故に関わらず怪我人はゼロ。
事故ったバスは回送バスでお客は乗っていなかったんだって。
黄色信号で突っ込んできた乗用車がバスに衝突したんだってさ。
路上で乗用車のドライバーとバスの運転士さんが揉み合いの喧嘩を・・・。(苦笑)
「お姉ちゃん?」安堵した杏さんは黙って椋ちゃんを抱きしめるの。
申し訳ないと謝る渚ちゃん。確かに渚ちゃんの大騒ぎで一時は吃驚したけれど、
椋ちゃんの無事が確認できたので何よりです。良かったね♪

ところが・・・突然重い物を取り落とす音がして・・・
そっちへ皆が振り向くと事故を見つめて呆然とすることみちゃんが。

 渚「ことみちゃん、椋ちゃん無事でしたよ。」
朋也「ことみ、どうした?」
 渚「ことみちゃん?」

心配した所為だと椋ちゃんの無事を伝えますが・・・様子がおかしいです。
口をあんぐりと開けたまま、瞳は焦点が定まってないし、座り込むように崩れ落ちて・・・。

ことみ「あっ、あっ、ああ、ぁぁぁぁああああぁぁぁぁあああぁぁぁ」

苦しそうに悲鳴のような叫び声をあげて路上に倒れ込んじゃいました。
丸くなるようにして・・・・あきらかに異常です。これはいったい・・・・。

ことみ「あっ、あぁう、あはぁあああ、あぁあああ、あぅああぅ
     良い子にするから・・・わたし・・・良い子にするから・・・・」


退治のように丸くなったことみちゃんは、心配する皆の声も届きません。
ただひたすら、何かを口にしては泣きじゃくるだけ・・・・。
ことみちゃんが口にした言葉はどういう意味でしょうか。虐待?

ことみの世界とプライバシー

急いで保健室へ運んだ杏さん達ですが・・・・。
その日、ことみちゃんは1時間目の授業の途中で早退してしまいました。
あんなに苦しがっていたのに一人で大丈夫なのかと皆が思ったのですが、
ことみちゃんは一人で家に帰ってしまったそうです。

いったいことみちゃんに何があったのか保険の先生に尋ねても、
一ノ瀬さんのプライバシーに関わると一点張りで教えて貰えず・・・。

ことみちゃんのクラスの担任の先生に尋ねてみても、
それが言えないからプライバシーだと一切教えてくれません。
自分から話したくなる時を待ちなさいとだけ言っていました。
そこまで誰にも話せないプライバシーっていったい・・・。

もしかすると、朋也が見たことみちゃんの記憶に関係するのかも。
そういえば、ことみちゃんのご両親の気配がありませんでしたよね。

まさか・・・。

ともかく、お見舞いに行きたいと、何とか住所だけは聞き出せた朋也君達。
ただし無理に会おうとはしないでねと制約付でしたが・・・。

演劇部室に集まった渚ちゃん達。
椋ちゃんは、私が大怪我を受けたと思ってショックを・・・と悩み。
渚ちゃんは、私の所為です。私が事故だと言わなければ・・・と悩み。
杏さんもまた、ことみちゃんの住所のメモを弄って落ち込んでるの。
お前達の所為じゃないと言う朋也君ですが・・・。

「私達ってさ。ホントはまだ、あの子の友達じゃ無かったのかもね。」

そっか、本当に心を許した友達なら悩みをうち明けてくれると思ったのね。
だけど、ことみちゃんは何も話さず、一人だけで帰ってしまった。
でも、友達からと言って、全てを話せるとは限りませんからね。
どんなに親しくなっても・・・秘密にしておきたいことの一つや二つはあるの。

ことみちゃんの自宅までお見舞いにやってきた渚ちゃん達。
庭を見ると荒れ放題に見えますね。家族で使うはずの屋外テーブルがありますが、
まるで長い間使われていないように放置れていますよ。
何となくそれが気になる・・・って朋也君の横に黒い蝶が飛んでる・・・。(謎)

玄関に廻って呼び鈴を鳴らしても応答無し。
今日はもう眠っているかもしれないという渚ちゃんの意見に、
後日お見舞いに行こうと言うことで纏まったけれど・・・。

朋也君がしきりに周囲を気にしているよ。
「岡崎さん?岡崎さん、どうかしたんですか?」おかしな朋也君に気づいた渚ちゃん。
「あ、いや・・・」朋也君自身にも分からないみたいです。

ん?また近くを黒い蝶が飛んでますよ。(謎)

 渚「岡崎さん」
朋也「っ!?ああ・・・」
 渚「岡崎さんさっきからボンヤリしてます。」

ことみちゃんの家から帰る途中もずっと何かが気になって仕方がない朋也君。
そんな朋也君の異変が気になる渚ちゃん。「さっきの家、何か引っ掛かるんだ。」
朋也君の感じた違和感はもしかすると私が感じた違和感と同じかも知れないですね。
生活感の薄い庭。人が住んでいる割には汚れが酷くて生活感の薄い建物。
でも、情報が足りないから朋也君には何が違和感なのか分からない。

またも朋也君の近くを飛ぶ黒い蝶。これはもう、何かの意味がありますね。(謎)

「お前達は帰れ!また明日!」、突然そう言って来た道を戻る朋也君。
「岡崎さん!」理由の分からない渚ちゃんはただ不安そうに見送るだけ。
これは、お約束の主人公の暴走。単独行動へ走るということでしょうか。

想い出の庭

空を舞う黒い蝶。まるで朋也君の後をつけているような・・・・。(謎)
ことみちゃんの家まで戻ると、黒服の男が・・・。
「おい!何をやっている!」ヤツはことみちゃんが悪者だと言っていた男です。
当然警戒する朋也君でしたが・・・。

黒服の男は、ことみちゃんの両親の知り合いだと判明。
どうやら一ノ瀬夫妻が所属していた研究チームの一員らしい。

旧知の仲で、ことみちゃんのことも子供の頃から良く知っていると。
でも、それならなぜことみちゃんは悪者と言うのでしょうね。

   朋也「ことみの両親に会いに来たんですか?」
黒服の男「そうか・・・君は知らないのか・・・。
       いや、本人が黙っているなら私が言うべき事じゃなし。
       プライバシーに関わることだからね。」

   朋也「先生と同じ事を・・・」

また、プライバシーというヤツですね。これまでの雰囲気からすると・・・。
ことみちゃんの一ノ瀬夫妻は亡くなられている可能性がありますね。
それが、生活感の無い庭や建物の外壁の汚れに違和感を感じるわけかも。
以前、初めて誰かの為にと、日曜日の学校でアップルパイを焼いてきたことみちゃん。
それは自分の料理を振る舞う相手、両親がいないからではないでしょうか。

そして、両親が亡くなられたのだとしたら、原因は朋也君が見た夢・・・。

黒服の男に、ことみちゃんの両親のことを訪ねる朋也君。
黒服の男の答えは・・・一ノ瀬夫妻の研究していた内容の説明から。

黒バックに一定のルールで引かれる白い曲線と円。
挿入された映像は、産卵するトンボのお尻が水面に触れたことによって生まれる波紋。
余計な色を抜き取り波紋を白黒の二次元で表現したものなのかな。

「観測できる時空だけが宇宙ではない。
 世界がこの形を得る過程で剥がれ落ち微細に封じ込まれた次元。
 隠された世界が存在する。その存在を夫妻は最初に突き止めた・・・。
 突き止めたハズだった・・・」


宇宙の創生から多次元宇宙理論まで幅広く関わっていたような感じですね。
それだけ偉業を成し遂げようとしていた偉大な科学者だったのでしょう。
一ノ瀬夫妻の研究に携われたのは我々の生涯の誇りだと言う黒服の男は・・・。

しかし・・・その後、一ノ瀬夫妻がどうなったのかというか、
確実に関わっているだろう彼は、ことみちゃんが自分で話さないならと、
例のプライバシーとしてその先を話してくれませんでした。

ただ、ことみちゃんが自分について何かを言っていたかと訊ねて来たので。
悪者ただそう言っていると伝える朋也君。

黒服の男「あの子にとっては今も我々は悪者なんだな・・・」

あの朋也君が見た夢から連想すると、黒服の男があの場にいたとなると、
その一ノ瀬夫妻が発見したという隠された世界の研究で事故があったと
見るべきかもしれませんね。その時に恐らく・・・。

朋也君が、クラスは違っていてもことみちゃんの友人だと知ると、
機会があったら彼女に伝えて欲しいと伝言を残して去る黒服の男。

黒服の男「許して貰えるとは思っていない。ただ私達はあの時のことを後悔している。」

それだけ伝えてくれればいいと・・・。
彼は・・・いえ当時の研究員達はなぜ後悔し、懺悔するのか・・・。
全てはことみちゃんの過去の真相が分からないとダメですね。

朋也の世界

朋也の世界。

朋也「やっぱり見覚えがある・・・」

黒服の男が立ち去った後、一ノ瀬邸の玄関に立つ朋也君。
どうやら朋也君の感じていた違和感とは、生活感の無い庭などではなく、
この家や、周りの風景に見覚えがあるということらしいです。

謎が増えましたね。もしかすると夫妻が発見した隠された世界と関係があるのかも。

そう思っていたら、またも朋也君の頭の近くを黒い蝶が飛んでいるの。
呼び鈴を押そうとして躊躇する朋也君「玄関から入ったことは一度も無かった・・・」
これはかつて朋也君がこの家に出入りしていたということになるのですが・・・。

自身の違和感を抱えながら、無意識に従うように庭へ回り込むよ。
夕日が垣間見える垣根へ足を踏み入れると黒い蝶がその先にいます。
まるで黒い蝶は、ついてこいと言っているような・・・。
その黒い蝶が朋也君に見えているかどうかは定かではありませんけど。

その道は、一ノ瀬邸の庭へと通じていました。
少々荒れていますが、白いテーブルや物置を見て何かに気づいた朋也君。
また黒い蝶が辺りを飛んでいますよ。

繋がる世界

日曜日の学校で聖女ことみが口にした言葉・・・・。

ことみ「おとといは、うさぎを見たの。」

一瞬、綺麗な頃の庭に見えた朋也君。彼の中にある記憶が蘇った?
だとすると朋也君の見た夢に出てきたのは過去の記憶ということに。

躊躇わずに鍵の開いていた窓から部屋に入る朋也君。
もう一度、日曜日のことみの言葉を思い出すの。

ことみ「おとといは、うさぎを見たの。

そういえば、夢の中に最初に出てきたのは兎でしたね。
居間を眺め、なんの迷いもなく扉を開ける朋也君。

ことみ「きのうは鹿。」

やっぱり迷いもなく廊下を歩き、階段を登る朋也君。
朋也の夢の二番目に見えた物は鹿の剥製。

ことみ今日はあなた。」

廊下を進み一つの薄汚れた扉を開けようとする朋也君。
朋也の夢の三番目に見えた者は、幼い朋也君で確定ですね。

ということは・・・・。

部屋にはいると壁中に貼られている沢山の切り抜き・・・。
畳の上にも沢山の切り抜きが散乱していました。
その中心に只座り込んでいる正気を失ったことみちゃん・・・。

切り抜きの殆どは一つの事件を示す記事・・・。
なぜか切り抜きの一枚が壁から剥がれ落ち朋也君の元へ舞ってきて・・・。
「機墜落事故」「カラビーヤウ多様体に」「故一ノ瀬夫妻の」
やはり、一ノ瀬夫妻は亡くなっていたようです。切り抜きの文字の断片から察するに。
夫妻は夢の火事ではなく、飛行機事故で亡くなったということなのかな。
商店街の帰り、椋ちゃんが飛行機雲を見つけたときに沈んだことみちゃん。
あの時、両親の飛行機事故を思い出してたんだね。(悲)

朋也君に蘇る過去の記憶の断片。
カレーを手にした女性。パイプを手にした男性。
幼い少年と少女の並んだような影。舞う黒い蝶。
火事。舞う黒い蝶。泣きじゃくる少女・・・・。

朋也「俺たち会ってたんだな。子供の頃に」


・・・・・・つづく。


カラビーヤウ多様体。

まさかクラナドでカラビーヤウ多様体なんていう
幾何学用語が出てくるなんて思いもしませんでした。
私は、個人的にこういうの大好きですけどね。
位相的弦理論とか特異点とか出るんでしょうか。
もしかしたら、時々挿入される幻想世界も
この手の幾何学に基づいているのかもしれないね。

さて、予想通り大きく進展したことみちゃんのお話。
これまで、ことみちゃんにご両親の影が殆ど無いなぁと思っていたら、
亡くなられていたんですね。その原因までは読めていませんでしたけど。

一ノ瀬夫妻が研究していたという、隠された世界。
観測できる次元の他に宇宙創世時に生まれた次元の断片みたいなのを探す研究。
それを発見したらしい夫妻ですが、あの時したことを後悔する研究員が気になりますね。
それが一体何なのか、何をしたのか、夫妻の事故と何らかの関わり合いがあるのか。
朋也君が見た夢が過去のことで、ことみちゃんと繋がりあったという展開、
もしも、それが本当だとすれば、なぜこれまで朋也君は忘れてしまっていたのか。
なぜ学者の一家と朋也君が関わっていたのか、朋也君の家庭とも繋がるのか、
時々出てくる黒い蝶との関連も含めて面白くなってきました。

ただ、ことみちゃんルートで朋也君の関係がクローズアップされるので、
ちょっとだけ渚ちゃん達と距離が出来そうなのが寂しく思ったり。(笑)
もしも過去に朋也君とことみちゃんが出会ってたことが現実なら、二人は幼馴染み。
人見知りの激しかったことみちゃんが、あっさり朋也君に懐いた理由は解けましたし。
渚ちゃんにとって密かに強敵になりそうな気配がしますので。
その為にもう一つの願い成就の意味もあって出てきたんでしょうか。風ちゃん。

で、飛び入り参加の風ちゃんには驚いたと同時に和みました。
やっぱり杏さん達みんなは忘れてしまったけれど、
渚ちゃんと朋也君は微かに残ってるの。
絆の大きさが顕著に現れていて素敵でした。
風ちゃんも、今は思い出さなくていいとか、
いずれ普通に再会するってハッキリ言いましたし。
最終回当たりにひょこっと出てきそうな感じですね。
その前に、これからもちょくちょく登場するような事を宣言してましたけど。(笑)

あと、ことみちゃんがヴァイオリンに執着する理由とか。
仁科さんから借りたヴァイオリンが元の持ち主が何年か前に置いて行った物だとか。
そのヴァイオリンが亡きご両親と繋がっていたら感動物ですよね。
風ちゃんの海星が意味を成していたように意味があると思ったから。


次回、第13回「想い出の庭を」

次回は朋也君が単独行動をするみたいですね。
「三時間目が自習になったんです。私、どうしても気になって。」
何かが気になる渚ちゃんも動くみたいですが・・・。
ことみちゃん中学の話とか波乱の予感ですね。
とりあえず、タイトル通り朋也君は庭を復元するのかな。
放送は来年の1月10日ですか・・・。


   にほんブログ村 アニメブログへ


「CLANNAD −クラナド−」関連サイト:

 TBSアニメーション 「CLANNAD」公式ホームページ
 TBSアニメーション 「CLANNAD」公式ホームページ
 Key Official HomePage
 Key Official HomePage
 劇場版 CLANNAD −クラナド− OFFICIAL SITE
 劇場版 CLANNAD −クラナド− OFFICIAL SITE
 CLANNAD (ゲーム) - Wikipedia

「CLANNAD −クラナド−」関連グッズ:

CLANNAD 2<通常版>
CLANNAD 2
<通常版>

発売日: 2008/01/16
CLANNAD 2<初回限定版>
CLANNAD 2
<初回限定版>

発売日: 2008/01/16
CLANNAD 1<通常版>
CLANNAD 1
<通常版>

発売日: 2007/12/19
CLANNAD 1<初回限定版>
CLANNAD 1
<初回限定版>

発売日: 2007/12/19
ドラマCD CLANNAD−クラナド−Vol.4 藤林杏
ドラマCD 
CLANNAD−クラナド
Vol.4/藤林杏

発売日: 2007/07/25
ドラマCD CLANNAD−クラナド−Vol.5 坂上智代
ドラマCD 
CLANNAD−クラナド
Vol.5/坂上智代

発売日: 2007/08/24
ドラマCD CLANNAD‐クラナド‐ Vol.1 古河渚
ドラマCD
CLANNAD‐クラナド
Vol.1/ 古河渚

発売日: 2007/04/25
ドラマCD CLANNAD−クラナド−Vol.2/一ノ瀬ことみ
ドラマCD
CLANNAD−クラナド
Vol.2/一ノ瀬ことみ

発売日: 2007/05/25
ドラマCD CLANNAD−クラナド−Vol.3/伊吹風子
ドラマCD 
CLANNAD−クラナド
Vol.3/伊吹風子

発売日: 2007/06/22
劇場版「CLANNAD−クラナド−」SOUNDTRACK
劇場版「CLANNAD−クラナド−」SOUNDTRACK
発売日: 2007/11/21
劇場版 『CLANNAD』 DVD スペシャル・エディション 【初回限定版】
劇場版 『CLANNAD』
 DVD スペシャル・エディション 【初回限定版】
劇場版 『CLANNAD』 DVD 【通常版】
劇場版 『CLANNAD』
 DVD 【通常版】
劇場版 『CLANNAD』 DVD コレクターズ・エディション 【初回限定版】
劇場版 『CLANNAD』
 DVD コレクターズ・エディション 【初回限定版】
CLANNADオフィシャルコミック  4  CR comics
CLANNAD
オフィシャルコミック 4
CR comics

発売日: 2007/10
CLANNADオフィシャルコミック  5  CR comics
CLANNAD
オフィシャルコミック 5
CRコミックス

発売日: 2007/12
CLANNADオフィシャルコミック  1  CR comics
CLANNAD
オフィシャルコミック  1
CR comics

発売日: 2005/11
CLANNADオフィシャルコミック  2  CR comics
CLANNAD
オフィシャルコミック  2
CR comics

発売日: 2006/06
CLANNADオフィシャルコミック  3  CR comics
CLANNAD
オフィシャルコミック  3
CR comics

発売日: 2006/12
CLANNADコミックアラカルト  1  単行本コミックス
CLANNAD
コミックアラカルト  1
単行本コミックス
Impressions of CLANNAD Tribute Album公認コミックアンソロジー

発売日: 2004/10
CLANNADコミックアラカルト  2  単行本コミックス
CLANNAD
コミックアラカルト 2
単行本コミックス
Impressions of CLANNAD Tribute Album公認コミックアンソロジー

発売日: 2004/12
Official Another Story CLANNAD〜光見守る坂道で〜
Official Another Story CLANNAD
〜光見守る坂道で〜

発売日: 2005/12
CLANNADアンソロジー・ノベル  Jive character novels
CLANNAD
アンソロジー・ノベル
Jive character novels

発売日: 2004/09
CLANNADアンソロジー・ノベル  2  Jive character novels
CLANNAD
アンソロジー・ノベル 2
Jive character novels

発売日: 2004/12
CLANNAD -クラナド- 渚クッションカバー《予約商品01月発売》
CLANNAD -クラナド- 渚クッションカバー《予約商品01月発売》
CLANNAD -クラナド- ぼたんぬいぐるみ 《予約商品12月発売》 CLANNAD -クラナド- ぼたんぬいぐるみ 《予約商品12月発売》 CLANNAD -クラナド- 伊吹風子 完成品フィギュア コトブキヤ版《予約商品01月発売》
CLANNAD -クラナド- 伊吹風子 完成品フィギュア コトブキヤ版《予約商品01月発売》
CLANNAD -クラナド- 一ノ瀬ことみ 完成品フィギュア コトブキヤ版《予約商品04月発売》
CLANNAD -クラナド- 一ノ瀬ことみ 完成品フィギュア コトブキヤ版《予約商品04月発売》
CLANNAD -クラナド- 坂上智代 完成品フィギュア コトブキヤ リニューアルパッケージ版《予約商品10月発売》
CLANNAD -クラナド- 坂上智代 完成品フィギュア コトブキヤ リニューアルパッケージ版《予約商品10月発売》
CLANNAD -クラナド- 古河渚 完成品フィギュア コトブキヤ リニューアルパッケージ版《予約商品10月発売》
CLANNAD -クラナド- 古河渚 完成品フィギュア コトブキヤ リニューアルパッケージ版《予約商品10月発売》
CLANNAD -クラナド- 藤林杏 完成品フィギュア コトブキヤ リニューアルパッケージ版《予約商品10月発売》
CLANNAD -クラナド- 藤林杏 完成品フィギュア コトブキヤ リニューアルパッケージ版《予約商品10月発売》
CLANNAD 2008年カレンダー《予約商品11月発売》
CLANNAD 2008年カレンダー《予約商品11月発売》
posted by しおん at 16:22| ☀| Comment(0) | TrackBack(15) | CLANNAD −クラナド− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

CLANNAD 第12話 感想
Excerpt:  CLANNAD  第12話 『かくされた世界』 感想  岡崎朋也: 中村悠一  古河 渚: 中原麻衣  藤林 杏: 広橋 涼  藤林 椋: 神田朱未  坂上智代: 桑..
Weblog: 荒野の出来事
Tracked: 2007-12-24 17:45

CLANNAD -クラナド- 第12話 「かくされた世界」
Excerpt: 能登が壊れた・・・ この回はですね、なんとリアルタイム視聴をしましたよw 実に2005年の12月の「ぱにぽにだっしゅ!」第26話以来の快挙です(笑) 冬コミ原稿の追い込みをやって...
Weblog: かがみのひだまり日誌
Tracked: 2007-12-24 18:26

CLANNAD 第12話 「かくされた世界」
Excerpt: 彼女の涙の訳。仁科さんに挨拶した後の一ノ瀬ことみの涙。気がつかないと見逃してしまうシーンですね。しかし、この涙の訳は重要です。
Weblog: ゼロから
Tracked: 2007-12-24 19:39

(アニメ感想) CLANNAD -クラナド- 第12話 「かくされた世界」
Excerpt: CLANNAD 2 (初回限定版) 最近は、図書室に行かないで教室で授業を受け始めたことみ。朋也と渚はその様子を見に行くが、そこには友人達とまだぎこちなくはあるが、クラスメイト談笑することみの姿..
Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
Tracked: 2007-12-24 21:02

CLANNAD -クラナド- 第12話 「かくされた世界」
Excerpt: CLANNAD -クラナド-   お勧め度:ややお勧め   [恋愛アドベンチャーゲーム]   TBS : 10/04 25:55〜(初・26:25〜)   MBS : 10/13 25:55〜..
Weblog: アニメって本当に面白いですね。
Tracked: 2007-12-24 21:15

CLANNAD第12話「かくされた世界」
Excerpt:  朋也や渚達の協力で一ノ瀬ことみは、徐々に社交性を身に付け自己紹介の挨拶もきちんと 出来た。自ら希望したバイオリンリサイタルも一応開催した。(内容はともかく)しかしことみには 謎の紳士が接触を図ろ..
Weblog: アニメのストーリーと感想
Tracked: 2007-12-24 22:49

CLANNAD -クラナド-第12話 『かくされた世界』
Excerpt: CLANNAD -クラナド-第12話 『かくされた世界』 今回は中盤あたり、椋にヒヤヒヤさせられた部分もありましたが、後半に向けて徐々に シリアスな展開になっていったって事は、いよいよ....
Weblog: ゆめねのにっき♪
Tracked: 2007-12-25 00:21

灼眼のシャナ? 第12話 「清秋祭始まる」
Excerpt: 清秋祭でクラスのパレードをする悠二たち。 そして吉田を悠二に思いを告げ悠二を巡る戦い勃発。
Weblog: ネギズ
Tracked: 2007-12-25 08:12

CLANNAD 第12話『かくされた世界』
Excerpt: クラナド
Weblog: ゲーム&アニメ感想館
Tracked: 2007-12-25 13:08

CLANNAD 第12話
Excerpt: さて、ヴァイオリンをやっと返すことみどうやらあのヴァイオリンは昔の先輩がおいてったものなんですねしかしヴァイオリンてのはすごい楽器なんですよ何百年と弾いていくうちに音色に艶がでますし(金管はすぐ消耗し..
Weblog: にき☆ろぐ
Tracked: 2007-12-25 13:28

CLANNAD -クラナド- 第12話 「かくされた世界」
Excerpt: 私たちって、まだあの子の本当の友達じゃなかったのかな――。 ことみは図書室に閉じこもることもなくなり笑顔を見せ始める。 しかし事故を見たことで激しく取り乱す…。 ことみの...
Weblog: SeRa@らくblog
Tracked: 2007-12-25 14:34

CLANNAD 第12話「かくされた世界」
Excerpt: CLANNAD-クラナド-の第12話を見ました。CLANNAD1初回限定版第12話 かくされた世界「バイオリン使わせてくれてどうもありがとう」「一週間も借りっぱなしで悪かったな」「これ、正式な学校の備..
Weblog: MAGI☆の日記
Tracked: 2007-12-25 15:36

アニメ【CLANNAD-クラナド-】第12話。
Excerpt: 『CLANNAD -クラナド-』 ※下記の日記内容には、アニメ本編に対するネタバレの要素が多々記述されています。少しでも気になさ る方は御覧にならない様に注意をして下さい。 今週のお話は、..
Weblog: どっかの天魔日記
Tracked: 2007-12-25 18:32

CLANNAD 第12回 「かくされた世界」 第二版(完成版)
Excerpt: もう、これなんて焦らしプレイ? 今年最後のCLANNADです。 借りていたヴァイオリンを仁科さんに返すことみ。 それは学校の正式な備品でなく、何年か前の生徒が残していったもの。 ...
Weblog: 中濃甘口 Second Dining
Tracked: 2007-12-27 03:25

CLANNAD - クラナド - 第12話「かくされた世界」
Excerpt: CLANNAD - クラナド - 第12話「かくされた世界」 よろしければ押してやってください→  
Weblog: 初音島情報局
Tracked: 2008-01-16 10:19


詩音の枝折りのトップへ


  頂いたTBについて:

  TB大歓迎ですので、お気軽に送ってくださいね。
  ただし、その記事と関連のあるものでお願いします。

  それから頂いたTBは、管理人(詩音)の時間が許す限り、
  全ての記事に目を通してから返させて頂いています。
  ですので、反応が遅いと思いますが気長にお待ちくださいね。
  それでも返ってこないときは・・・エラーかも。(汗)
  一部のサイト様では、こちらからのTBがエラーになることが
  増えてきていたりするので・・・。(苦笑)

  2月になって、FC2さんでホンの一部が、
  一番酷いライブドアさんは・・・全滅!?



  このブログのRSSはこちら。

  RSS1.0 http://yuuutuna.seesaa.net/index.rdf
  RSS2.0 http://yuuutuna.seesaa.net/index20.rdf



  掲載中の著作物について:

  当ブログに掲載しているキャプチャー、
  本の表紙、CD、DVDのジャケット画像などの著作物は、
  その作品の研究、検証のために使用しています。
  著作権については、それぞれの作品側にあります。

  なお、内容等に問題があり、著作権者からの申し出があった場合、
  直ちに対処させていただきます。



ロリポップのドメインは選べる全85種類!! さくらのレンタルサーバ・ビジネス プロ
安心しておすすめ!ファーストサーバ インターネット取引するならマネックス証券
◆5大特典◆BIGLOBE光の入会キャンペーン実施中 バイク保険オンライン加入
あなたの写真が簡単な操作で美しく生まれ変わります。 ウイスキーの購入ならサントリーオンラインショップ【E-liquor】
オークションを楽しむなら!「Yahoo!ネットバンキング決済連携サービス」 オートレース 投資信託 ちょこっといいことプログラム

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。