2007年11月23日

CLANNAD −クラナド− 第8回「黄昏に消える風」 感想です。

TBSアニメーション 「CLANNAD」公式ホームページ

TBSアニメーション CLANNAD −クラナド−
   第8回「黄昏に消える風」 2007/11/23 01:55 TBS 感想です。


あらすじ:

みなから風子の記憶が消えていく。
海星を貰った人たちまで風子を忘れていく。
ついに陽平も風子を忘れてしまって・・・
朋也と渚は風子にプレゼントを贈った。
喜ぶ風子だったが・・・・。

・・・というおはなし。


風子ちゃんのターン。もう泣きまくりの一本です。
どんどん風子ちゃんが皆の想い出から消えていきます。
大好きだから、忘れたくなくても、容赦なく消えていく。



レビューっぽい感想:

朋也の不安。

clannad_08_001.jpg

風子ちゃんが見えない生徒がいたことを、
海星を貰った生徒達が風子のことを忘れてしまっていることを、
陽平に聞かされた朋也。その衝撃は大きな物で・・・。
しかし、まだ確信が持てたわけではない。
自分の目で確かめたわけではないから。

 渚「岡崎さん?岡崎さん!」
朋也「あ、あぁ。なんだ古河?」
 渚「岡崎さん朝から様子が変です。」

上の空な様子の朋也。それは渚ちゃんにも不審がられて。

風子「変な人に戻ってしまいましたか。」
朋也「変な人だって言ってるのはお前だけだ!」

いつもと変らない風子に、いつもの朋也に戻ったかのように見える朋也。
2人のいつもの漫才は、いつもと変らない風子のいる風景。

  渚「ふふ。伊吹先生のお話です。
    結婚式は今度の日曜日に決まったそうです。」

朋也「そうか。幸村が校長の許可を貰ってくれたんだな。」

渚がもたらした情報は喜ばしいこと。ようやく風子の願いが叶うのだ。

 渚「いよいよ、風ちゃんの頑張りが報われる日が来るんですね。」
風子「はい!」

しかし渚と無邪気に返事をする風子の声が朋也を現実に引き戻した。
無邪気に喜ぶ渚にはまだ言えない。知らせればきっと泣くだろう。

そもそも風子が消えてしまう・・・そんなの信じられるか。

朋也の中で生まれる不安。けれど、それが現実なら・・・。

だとしたら風子は・・・。

姉の結婚式の日まで、風子はここにいるのだろうか・・・・。


オープニング。その歌詞でいきなり切なくなった。(悲)


clannad_08_002.jpg

渚の不安。

海星を差し出す風子の前を素通りする生徒。

風子「良かったらこれどうぞ!」

しかし・・・受け取って貰えない生徒が・・・・。
見守る渚の視線が素通りする生徒を追う。

風子「あの!良かったらこれどうぞ!」

しかし・・・やはり風子を無視する生徒・・・。
素通りする生徒を視線で追っていた渚には・・・。

「なんだか、貰ってくれない人が増えているような気がします。
  それも、ただ受け取ってくれないだけじゃなくて、
  風ちゃんに気づかないみたいな。」


なんとなく不安にかられる渚の気持ちが沈む。
隣で沈んでいく渚も漏らした声に陽平の言葉を思い出す朋也。

陽平「あの子は忘れらている。」

しかし、そんなの信じたくない。言い聞かせるように朋也は否定する。

朋也「気のせいだろ。」

無視する生徒が増えて落ち込んでいる風子ちゃんに、
この気持ちを知られてはならないと。そう思ったのかもしれません。

智代「今日は春原と一緒じゃないんだな。」
朋也「あいつは無断欠席中だ。」

通りがかった智代さん。
智代さんから陽平の名が出るなんて珍しいこともあるものですね。
そっか、朋也と陽平はセットみたいな認識だったのね。(笑)

 渚「智代さん、お久しぶりです。」
智代「ああ、確か。」
 渚「古河渚です。創立者祭でお会いしました。
   風ちゃんが彫刻を渡したときに。」


そういえば、渚ちゃんと会うのは二回目なんですよね。
名前は名乗っていなかったけれど、顔は覚えていてくれたみたい。

智代「彫刻?」
朋也「これだよこれ。」
 渚「智代さん?」

海星を朋也に見せられて、辛そうな表情になる智代さん。

智代「思い出した!そっか、この子に彫刻を貰ったんだな。
    プレゼントを貰いながらそれを忘れるなんて失礼なことだった。
    だが、おかしいな・・・なぜ忘れていたんだろう。」


まさか智代さんが忘れかけていたと口にするなんて・・・。
陽平の言葉が信憑性をおびてくる・・・。思い悩む朋也。

「岡崎さん?」

智代さんの反応に、何かを知っているような朋也。
なぜだか分からないけれど不安が大きくなる渚。

タイトルコール「第8回・黄昏に消える風」

風子ちゃんの記憶が、想い出と共に消えはじめているようです。
それも、もうこんな身近な人の記憶から・・・。
智代さんは、渚ちゃんに会った記憶を辿り思い出してくれましたが、
もしかすると、次に会ったときには・・・・。(悲)

clannad_08_003.jpg

風子の味方。

風子「今日は随分と残ってしいまいました。」
朋也「気にするな。こういう日もあるさ。」
 渚「そうです。明日は今日の分も頑張りましょう。」

風子ちゃんの想いの形がが大量に残ってしまいました。(悲)
想いが届かないことに風ちゃん落ち込んじゃっています。

落ち込む風子ちゃんを抱きしめてあげる渚ちゃん。すると・・・・。
やっぱりほわわ〜んと夢想の世界に旅立ってしまう風子ちゃん。(笑)

朋也「またか」

しかし今回は直ぐに戻ってきて渚ちゃんから離れます。
そのまま彼女の背中に回ってしがみつく風子ちゃん。(?)
急に離れられて手持ち無沙汰な感じの渚ちゃんが壺。

朋也「今日は戻るの速かったな。」

驚く朋也君に「今、体が警告しました!」な風子ちゃん。
「逃げろ、奴は危険だと」そう本能が感じたらしい。(笑)

これまで色々と悪戯をしたもんね朋也君は。
それで風子マスターにまでなっちゃたんだから。
凛とする渚ちゃんの顔を真面に見られません。(笑)

「気のせいじゃないです。
  岡崎さん、いっつも風ちゃんに悪戯してました。
  別な場所に連れて行ったり、春原さんの頭抱かせたり。」


今回ばかりは渚ちゃんも弁護してくれないの。
風ちゃんを虐める人は許せない渚ちゃんだもんね。
罰が悪い朋也君は何にも反論しません。できません。
いつもの飄々とした態度はどこへやら。
母親に悪戯を目撃されて叱られた子供みたい。(笑)
相手が渚ちゃんとなるとやっぱり弱いみたいですね。

渚ちゃんの暴露に、ついに朋也の悪戯の数々を知ることになった風子ちゃん。

風子「やっぱり岡崎さんの仕業だったんですか!

   
ぷち最悪です!」

渚ちゃんの背中から出てきて指を指して宣言するよ。
すぐさま渚ちゃんの背中に隠れるのが壺です。
渚ちゃんを盾にすれば朋也が手出し出来ないと分かっているのかも。

風子ちゃんが「最悪」「ぷち」を付けたのは、
ストレートに最悪と言うと朋也が傷つくかららしい。(笑)
「ぷち」を付けることで可愛いと主張しますよ。
「いかがでしたか?」感想を訊く風子ちゃんが壺。

でも、最悪を変えないと意味がないと怒る朋也君。
私も可愛いと思うけど駄目ですか。(笑)
間に渚ちゃんいるので地味な戦いになってるし。
すると、変えられるのは「ぷち」だけだと風子ちゃんが言うので。
「ぷち」「己が」に変えてくれと主張する朋也君。

いけない、風子マスターの罠ですよ!

風子「己が最悪です!」

素直に変えちゃう風子ちゃんが壺。これでは自分が最悪になってるの。(笑)

風子「これでは自分が最悪になってます!」
朋也「駄目か・・・」

風子ちゃんも気づいて朋也の作戦失敗。(笑)

「やっぱり2人とも仲いいです。」

そんな2人の様子に笑い出す渚ちゃんでした。

clannad_08_004.jpg

風子の不安。

通りがかった三井さんを呼び止める朋也君。しかし・・・。

三井「ああ、いつかの・・・。
    すいません、どちら様でしたっけ。」


智代さんの時よりも反応が酷いです。
第5話の三井さんが初登場の時。風子ちゃんとのやりとりを思い出してみよう。
入学式の記憶を持っているなら「どちら様でしたっけ」な質問は口にしないハズです。
三井さんは事故前の風子ちゃんを知っている数少ない人の一人なのだから、
入学式で少しばかり会話をしている人で、再会時、退院したと誤魔化したくらいです。
三井さんは伊吹風子が入院していたのも知っている人なのだから・・・。
そのことすら忘れてしまったような言いぐさが理解できない。

朋也「どちら様って、風子に貰ったらだろお前も。ほら!」
三井「これ・・・ですか?」

海星をバックから取り出してみせるけど・・・。
完全に分からない様子の三井さん。そんな・・・。

「三井さん受け取ってくださいました。
  そして、風ちゃんのお姉さんの結婚をお祝いをしてくれるっていいました。」


三井さんが言っていることが理解できない渚。意地悪に映ったのでしょうか。
約束したことを主張する渚ちゃん。彼女にしては強めの口調になってます。

本当に困った様子の三井さん・・・やはり・・・・記憶が。

三井「すみません。何のことだかちょっと・・・」

その言葉にも表情にも嘘は無いように思えて・・・。
何かに感づいたのか風子ちゃんの瞳が沈みます。(泣)

出らから見ても強引に、荒々しく風子ちゃんを示す朋也君。(汗)

朋也「風子だよ!風子!ほら、お前の目の前にいる!」

三井が風子を忘れるなんてありえない。あってはいけない。
風子が消える。そんあの認められるか!
冗談だろ三井!そう朋也君は思ったのかもしれません。

三井「この方ですか?」

三井が示したのは風子ちゃんを通り越して渚・・・。
これには渚ちゃんも不安げな表情になります。
抱えた不安を認めてるわけにはいかない朋也方は・・・。
怒りを覚えたかのような激昂ぶりの朋也・・・。

朋也「そうじゃない!もう一人いるだろ!」

少々乱暴に風子ちゃんを三井さんの前に立たすのだけれど・・・・。

三井「誰もいませんけど。何かの冗談ですか?」

三井さんの口から出たのは衝撃の一言・・・。
そこには風ちゃんがいるのにどいうこと?と呆然と沈黙する渚ちゃん。
恐れていたこと、認めたくないことが肯定されたようで朋也も沈黙。

三井「失礼します」

からかわれたと思ったのか、機嫌の悪くなった三井さんが立ち去り・・・。
残ったのは陽平が口にした言葉が裏付けられた事のみ。

それも、風子ちゃんの本人の前という最悪な状況で・・・。(泣)

事態が飲み込めず呆然とするような渚だったけれど、
この場で一番ショックであろう風子の異変に気づきました。

風子ちゃんだってそこまで鈍感じゃないもの。
智代さんに続いて、三井さんとなればさすがに気づいたかも知れない。
風ちゃんにとって自分が忘れられてしまったというのは・・。
想いを伝えるという唯一の出来ることが・・・出来なくなること・・・。

強く握られた拳が震えている風子ちゃん。(泣)

「風ちゃん?」

泣きそうになった風子ちゃんは走り去る・・・。(泣)

朋也「風子!」

あまりの衝撃に頭が混乱して上手く整理できなかったのか、
かける言葉が思い浮かばなかったのか、風ちゃんを追えなかった2人。

「岡崎さんこれは・・・・」

朋也「アイツは忘れられはじめているんだ。
    容態が変ったからかも知れない。
    みんなアイツの記憶を無くている。
    もしかしたら、存在その物が消えかけているのかも。」


風子が消えていく。認めざる得ない残酷な現実でした。
三井さんが風子ちゃんを忘れてしまったのは悲しすぎて・・・
見ていた私も信じられない衝撃を受けました。(泣)

その日の帰り道。落ち込んでしまった風子ちゃんを励まそうと、
なんとか事実を誤魔化して元気づけようとする朋也と渚でしたが・・・。

朋也「なあ風子、気にするなよ。三井の奴、ちょっと冗談言っただけだよ。
    でなきゃ、なんか勘違いしてたんだ。」

 渚「っ、私もそう思います。三年生は受験で忙しいですから。」
朋也「心配するな。俺と古河がついている。明日は春原だって出てくるだろうし、
    お前には親衛隊だっているじゃないか。・・・ぁ。」


それでも暗く落ち込んだままの風子ちゃん。彼女は気づいているのでしょう。
当事者である自分が一番分かっているのかも知れない。(泣)

朋也「こんな事に負けるなよ元気出せ!」
風子「はい、風子頑張ります。」

一生懸命に励まそうとしてくれる2人に頑張ると言う風子ちゃんですが。
その声には、いつものような元気がありませんでした。(泣)
そんな風子ちゃんに渚ちゃんの表情も曇ってしまいます。

clannad_08_005.jpg

伊吹風子の見る夢。

今夜の海星量産中に出た話題は早苗さんの海星パンのお話です。
なにやら固定ファンがついたらしく、徐々に売り上げを伸ばしているとか。
そっか、形だけで味は普通のパンだもんね。たぶん。(笑)

でも・・・そんな家族団らんの中で渚ちゃんの元気がありません。(苦笑)

風子「少なくとも風子には大ヒットです!」

嬉しそうに渚の両親と笑い会う風子ちゃん。
それままるでずっと昔から一緒の家族のように思えて・・・。
渚は風子の事が大好きだから。当然秋生も早苗もそうなのでしょう。
けれど、その2人からも、いずれ風子の想い出が消えるのだから。
この一瞬の掛け替えのない出来事が無かったことになるのだ。

思わず涙ぐむ渚ちゃん。最近彼女の涙腺は緩みっぱなしなのです。(泣)

秋生「渚、今日は無口だな。」
 渚「はい、海星作りに熱中してしまって。」

悟られまいとする渚。泣きたいのを我慢している渚ちゃん。
不器用な渚ちゃんは、そういうのを隠すのが下手な娘。
そして、そんな辛そうな渚ちゃんの気持ちと朋也の気持ちも一緒。
朋也の渚を見つめる様子がそんな風に見えました。

そんな所へ誰かが訪ねてきました。どうやらお客さんの様ですよ。
なのに海星作りに熱中している秋生さんは居留守を使おうとします。
でも、わいわいと騒いでいるんですから無理と言うものです。(笑)

早苗「秋生さん!これだけ騒がしかったら、居留守は通用しませんよ。」

早苗さんに叱られて慌てる秋生さんが彫刻刀を踏んだ!
なんか、刺さってます・・・・。これは痛いどころでは・・・。
・・・深くないこれ?ちょっとヤバくないですか。(滝汗)

秋生「ぐぁぁぁあああ!!!」
早苗「大変!救急箱!救急箱!」

救急箱を取り出した早苗さんは、秋生さんを膝枕。
ですが・・・彫刻刀が刺さってるのは足の裏なんですが・・・。(汗)
とはいえ、血は一滴も出ていないような・・・。(謎)

秋生「早苗・・・俺はもう駄目だ・・・」
早苗「しっかりしてください秋生さん!」

頭をシェイクする早苗さん・・・。天上から光が差し始め・・・。

「あのぉ・・・。お店には私が行きます。」

あ、天上の光が消えた。(笑)

秋生「後のことは頼む。娘よ・・・。」

なんだかなこの夫婦は。見ていて楽しいけどね。(笑)

「ありがとうございました。」

渚ちゃんと朋也君がお客さんを見送ると、奥から秋生さんの絶叫が・・・。
早苗さん、いったいどんな治療をしてるんでしょうか。
そんないつも通りで騒がしい渚の家族に笑みか零れる朋也君。

朋也「お前の家族がいつも通りでホッとしたよ。」

その言葉で涙を堪えていた渚ちゃんが泣き出してしまいました。
風ちゃんのことで頭がいっぱいの渚ちゃんはもうボロボロです。

朋也「古河・・・」
 渚「分かってますごめんなさい。我慢してたんです。
   これからどうなるんでしょう。
   みんな風ちゃんのこと、どんどん忘れていってしまうのでしょうか。
   もしかしたら、私や岡崎さんもいつか・・・。」


そんな渚ちゃんの頭をなでるように手を置いた朋也君。

朋也「そんなことあるわけないだろう。
    結婚式までもうすぐなんだ。俺たちが風子を支えてやらなきゃな。」


今の朋也にはこう慰めるしかないでしょうね。
それはまるで朋也君自身にも言い聞かせるようにも聞こえました。

朋也『『そうだ。夢の最後まで。』』

今の風子ちゃんが広子先生が言っていた様に、眠り続ける風子の見る夢なら。

朋也と渚は最後まで付き合ってあげるでしょう。
風子の見る夢が終わるその時まで・・・・。(泣)

この世には触れては成らぬ物がある。

朋也が陽平に会う為にラグビー部の寮へ来ると。
またも美佐枝さんに叱られたラグビー部の部員達が逃げ出すところでした。
朋也は必殺技で一発ガツンとやれば大人しなるとアドバイス。
これって、前にも同じような助言をしていたような。(笑)

朋也は持ってきた海星を美佐枝さんにあげます。
数年前まで学校にいた伊吹先生の結婚式に出て欲しいと。
きっと美佐子さんは出てくれるでしょうね。
海星をあげたのが、風子ちゃんではなく朋也なのだから。

二日間も風子の手伝いをサボった陽平を問いただす朋也。
ところが、学校をサボって調べてたら入院している伊吹風子に行き当たったと。
幽霊の噂もあり、朋也が手伝っている磯貝風子は同一人物なのではないかと。
姉の結婚式を頼んでいるのだから、当然伊吹でないとおかしいだろうと。
自分達と一緒にいる風子は何者なんだと問い返されてしまいました。

真実を言ってしまったらいけないような気がしたのかな。
朋也が言葉を濁していると、何かを知っているのでは?と悟られてしまい・・・。

陽平「偽物だったらそれでいい。けど、そうじゃないだろ。だったら風子ちゃんは・・・。」
朋也「・・・・」

答えを口にしたくない朋也はやはり答えません。

陽平「岡崎。確かめてきていいか?」
朋也「・・・なにを?」
陽平「隣町の病院まで行って、伊吹風子の顔を見てこようと思うんだよ。」
朋也「ばか!やめとけ!」
陽平「どうしてさ」

誰にでもある好奇心。真相を確かめたい。真実を知っておきたい。
人には必ずある真実への探求心。
けれど、この世には真実を知らない方が幸せなこともある。
真実を知って不幸になることもある。

風子の場合は誰が不幸になるわけでもない。
ただ、磯貝風子が伊吹風子に戻るだけなのだ。夢から覚めるだけなのだ。
しかし、伊吹風子の夢である磯貝風子はどうなる。
夢から覚めてしまった陽平は・・・・。

朋也『入院している風子を見ちまったら、コイツも風子のことを忘れちまう気がする。』

それだけはやってはいけないことなのだ。
だが、その事を陽平に伝えることは、磯貝風子が伊吹風子であると認めること。
認めることは、風子の夢の終わりを告げるような気がして・・・。

陽平「知ってるんだろ。風子ちゃんのこと。
    言いたくなきゃ、無理には訊かないよ。」

言いたくても言えない様子の朋也に何かを感じた陽平は・・・・。
真実を確かめることがどいうことなのか薄々感じているのかもしれない。

陽平「でも、僕は。確かめなきゃ気が済まない。」

恐らく陽平は本当に伊吹風子に会いに行くだろう。そして真実を知った陽平は・・・。
だが、そんな陽平をとめる術を今の朋也は持ち合わせていなかった。(苦笑)

clannad_08_006.jpg

忘れられた風子。

風子「これどうぞ! あの、これ!」

以前にも増して風子を無視する生徒達。
明らかに風子が見えていない人たちが増えていました。(泣)
もしかすると通る生徒達の殆どのような・・・。

朋也「あいつ・・・親衛隊までやってたのに・・・」
 渚「昨日よりも通り過ぎる人が増えています。」

素通りする生徒の中に風子親衛隊だった人が・・・。
あんなに熱狂的だった風子ファンまで・・・。(泣)
思ったよりも風子の忘れられていくスピードが速いです。

お昼頃に姿を現した陽平。様子がちょっと変です。
記憶喪失って言うのは、こういうことを言うんだろうなと陽平。

陽平「さっき、気がついたら隣町の病院から出てくるところだったんだよ。」

病院で眠っている伊吹風子を見てしまったのでした。
今の陽平は、病院に行った理由さえ忘れてしまっていました。(泣)
結果は分かっていたけれど、やっぱり悲しいです・・・。

朋也「春原、風子の海星いらないか?」
陽平「風子?」
朋也「お前、まだ貰っていなかっただろう。」
風子「良かったら、これどうぞ。」

忘れてしまったなら、もう一度最初っからやり直せばいい。
そう思ったに違いありません。
もしからしたら、それが切欠で思い出すかも知れない。
陽平にもう一度海星を渡そうとする風子の気持ちは・・・どんなに辛いか。(泣)
想像したら、もううるうるが止まりません。

渡そうとしたとき、陽平が振り向いた!
もしかして、まだ風子ちゃんのことが見えるのかな。

それならまだ望みが・・・・。

その時、クラス委員をやってる杏が、妹の椋ちゃんと一緒にすっ飛んできました。

「あんた今日も遅刻ね!あんたまた出席日数が足りなくなってしらないわよ!」

陽平のクラスの委員をやっている椋ちゃんもとばっちりを食らうかららしい。
だけど、今はそんな話はどうでもいいのだ。どうして風ちゃんに声をかけないの?

おかしいよ。この様子は・・・・2人も風子ちゃんに気づいてない?(泣)

「風ちゃん・・・」

沈んでいく風子ちゃん・・・。その風ちゃんの持つ海星に杏さんが気づきました。

「なにそれ?」
「星の彫刻、ですか?」

やっぱり、2人とも忘れてる・・・。(泣)

「こんな物を持って何・・・・」
「お姉ちゃん何か思い出さない?」
「私も・・・そんな気がしてたとこ」

海星を見て思案顔になる杏さん。思い出してあげて杏さん!

「風ちゃんです!私達一緒に授業を受けました!」

そうです。第5話の風子ちゃんの為に開いた一日教室。
風子ちゃんにとっても忘れられない大切な想い出だから。
あの時の想い出を出せば思い出してくれるかも。

そう思ったのに、なのに・・・思案顔のまま。

朋也「見えないのかよ。ほら!ここにいるだろ!」

業を煮やした朋也は、ヒステリック気味に風ちゃんを杏さんの前へ。

「ん?」

まだ駄目なのか・・・・。朋也は鞄から海星を取り出して・・・。

朋也「ほら!これと同じものがお前らの家にもあるはずだ!
   探してくれ!そして思い出してくれ!」

風子のクラスメイトだと友達とまで言っていたのに。
記憶が消えてしまえば・・・・ただの他人・・・。
それ以前に・・・・風子ちゃんが・・・・。(泣)

風ちゃんとの大切な想い出が消えて無くなっていく・・・。
うるうるしちゃって、もう涙腺が緩みっぱなしです・・・・。

「だめ・・・思い出せない・・・・。あ〜あ!イライラする!」
「お姉ちゃん落ち着いて!」

頭を抱えて暴れる杏さん。彼女なりに思い出そうとしてくれたみたい。
だけど・・・・目覚めた後の夢を思い出せないように、
すっぽりと大切な風子ちゃんとの想い出が抜け落ちてしまった・・・。(辛)

その杏の様子をただ見つめ続ける風子ちゃんが痛すぎる。(泣)

「風ちゃん・・・」

そんな風子ちゃんを抱きしめる渚ちゃん。
それしかしてあげることが出来なくて・・・。


朋也『こうやって関係の薄かった者から忘れていくんだ。

   いつか・・・俺も・・・』



clannad_08_007.jpg

不安、恐れ、悲しみ、友達として・・・

風子ちゃんと一緒に彫刻を彫る古河家。そして朋也。
楽しそうに笑い会う。家族の一人のような風子ちゃん。

「私、忘れたくないです。
  風ちゃんのこと忘れてしまったら、友達じゃなくなってしまいます。
  学校で一緒で遊んだり、ご飯を食べたりしたのに。
  忘れてしまうなんて、そんなの悲しいです。」


BGM共に流れる回想は・・・。
風子ちゃんとゲームをする渚ちゃん。
風子ちゃんと一緒にお風呂に入る渚ちゃん。
風子ちゃんの髪を梳かしてあげる渚ちゃん。
全ては渚ちゃんにとって大切な想い出。
もちろん風子ちゃんにとっても・・・。

そんな大好きな風子ちゃんとの大切な想い出を忘れてしまう。
風子ちゃんを感じられなくなる。風子ちゃんそのものを忘れてしまう。
それは他人よりも遠い存在になるということで。怖い・・・。

風子ちゃんの事を認識できなくなったら。
もう友達とは言えないかも知れない。
いや、存在したことさえ忘れるのだから。
きっとそう思うことも無くなるのでしょう。

それが・・・想い出と共に・・・磯貝風子を忘れる(消える)ということ・・・。(泣)

朋也「お前は誰よりも風子の側にいて、
    誰よりも風子のことを考えていたじゃないか。
    俺が忘れても、お前は風子を忘れたりしないさ。
    そうでしょうか・・・。」


関係の薄い者から忘れていくなら、
誰よりも側にいた渚ちゃんは最後まで覚えているかも知れない。
それが最後の望み、最後の希望。

けれど、忘れないなんて言う報償はない。

だから渚は悲しかった・・・・。

渚ちゃんは、風子ちゃんの友達だから。

clannad_08_008.jpg

苦悩・・・残された感覚は・・・。

一生懸命に行き交う生徒達に海星を配ろうと頑張る風子ちゃんですが・・・。

風子「もしもし、これをどうぞ!」

もう殆どの生徒達に認識されていないようで・・・。
立ち止まってくる人は誰一人としていません・・・。(泣)

休憩する渚たちはすっかり落ち込んでいました。
そこへ現れたのは風子の記憶を失った陽平君。

食事に行こうと誘いますが、忙しいから一人で行けとそっけない朋也。

陽平「渚ちゃん、こんな奴と二人っきりでいてもつまんないだろう?
   僕と学食で恋について語り合おうよ!」


そっか・・・もう風子ちゃんが見えていませんか・・・・。
側似る風子に気づかず、無理矢理渚ちゃんを連れて行こうとする陽平。
風子ちゃんが可哀想すぎる・・・・。拷問としか言いようがないよ。

 渚「あの!」
朋也「やめろよ!」

怒る朋也。でも、今の陽平には分からない。
別に陽平が悪いわけじゃないから。(泣)

陽平「なにイライラしてんだよ。
    なあ!風子ちゃんも何か言ってやってくれよ!」


陽平・・・今君は・・・・。もしかすると・・・。

陽平「あれ?俺・・・今、変なことを言ったよな・・・」
朋也「女の子の名前を言ったんだよ!」
 渚「春原さん!思い出してください!」

陽平「・・・いや・・・もうだめだ・・・。思い出せない。」

無理に思い出そうとした陽平、辛そうだ。(悲)

陽平「でも、なんかさ。感覚だけは残ってる。
    なんか、そんな奴いたなってさ。」


風子ちゃんが近づいて・・・。

風子「あの・・・これ。」

もう一度、想いを乗せた海星をあげます。でも・・・・辛そうな瞳が揺れる陽平。
風ちゃんが見えていない陽平からは突然手に彫刻が現れたように思えて・・・。

陽平「なんで僕、こんな物持ってるんだろう。
    なんだよこれ、星か?手裏剣か?わかんねぇよ。
    岡崎。渚ちゃん。聞いてくれよ。
    僕さ、そいつのこと嫌いじゃなかった。
    そんな気がするよ・・・。」

「風ちゃんです。風子ちゃんです。」

その名に、涙が溢れ、拭う陽平。

陽平「風子・・・・」

朋也「もういい・・・十分だ。十分だよ、ありがとうな。」

陽平の気持ちに頭を下げる風子ちゃん。
それでも陽平君は思い出せいない誰かのために海星を貰ってくれました。
立ち去る陽平の後ろ姿を見送る渚たち。

 渚「優しい方なんですね。」
朋也「馬鹿だよアイツ。
   風子が見えているときは仲良くなんてしようとしなかったのに。」


そっと風子ちゃんを抱きしめる渚。

「あの人なら来てくれますよ。伊吹先生の結婚式。」

頷く風子ちゃん。

そうかもしれないね。陽平なら来てくれるかも。いやきっと来るでしょう。
陽平、良い奴です。今日の彼はとっても格好良く見えました。(泣)

clannad_08_009.jpg

プレゼント。

その日の帰り、結婚式に着る服はどうする?な話になって。
学校だから制服のままでいいのではと渚ちゃん。
でも、風子ちゃんの為に何かアクセサリーでも買おうという事になって、
商店街へ三人でお買い物です。嬉しそうな風子ちゃん。

何か理由が欲しいという朋也君ですが、風子ちゃんの誕生日は7月でまだ早いと。
朋也君は最悪だを言わない記念と提案するけど、未来永劫言い続けると風子ちゃん。
それなら海星の卒業記念にと。それこそ海星と一生添い遂げると風子ちゃん。(笑)

「理由なんてなくていいです。
  私達が風ちゃんにプレゼントしたい。その気持ちだけでいいと思います。」


渚ちゃんは良いことを言いますね。
まあ、朋也君は照れくさくて理由付けが欲しかったのでしょうけどね。
プレゼントはその気持ちが伝わればそれだけで笑顔になれますから。
結局。風ちゃんがお誕生日会セットに一目惚れ、それに決定です。
ほわわ〜んと夢想世界にトリップしかけましたから。(笑)
もうこんな風子ちゃんが見られるのもこれが最後かも。(悲)
噴水のある公園にやってきた三人は一休み。

風子「とっても、とっても嬉しいです♪」

風子ちゃんが喜んでくれるならそれでいいもんね。
彼女が幸せそうだと見ているこっちも幸せになります。
ずっと沈んだままの表情でしたからね。

風子「岡崎さんが何となく悪い人じゃないような気がしてきました。」

この一言でこれまで悪い人と認識されていたことが判明(笑)

良く分かりませんが、海牛より朋也が好きらしいです。

海星 > 朋也 > 海牛

そんなのを想像して落ち込む朋也君が楽しいです。
でも、真ん中の朋也君の恰好がどこかのアイドル。(笑)

 渚「岡崎さんは口が悪いだけです。
   本当は心の温かな人です。」

朋也「古河、お前よくそんな恥ずかしいことが言えるな。」
 渚「恥ずかしいでしょうか?」

渚ちゃんらしい発言ですね。
でも、朋也君にとってはとっても照れくさいの。
渚ちゃんがそれだけ朋也君のことを見ているってことだもんね。

朋也「先に行く。」
 渚「岡崎さん?」

良く分かってない渚ちゃんは朋也君を追いかけます。
するとちょうど噴水があがって・・・。

「岡崎さん噴水です!」

はしゃぎ出す渚ちゃん。(笑)

「風ちゃん!噴水です!」

それでもちゃんと渚ちゃんの中には風ちゃんがいて。

夕焼けの噴水の描写が、特に水の表現がとっても綺麗です。
噴水ではしゃぐ渚と楽しそうに笑う朋也の2人をジッと見つめる風子ちゃん。

その瞳には何が写ってるんでしょうね。
早く来いと言っているように見えたのかも。
コクっと頷く風子ちゃんでした。

clannad_08_010.jpg

黄昏に消える風子。

古河パンに帰ってきた三人。迎えてくれた秋生さん。でも様子が変です。

朋也「ちーっす」
風子「唯今帰りました!」

そして・・・ついに恐れていたことが起きてしまいました。

秋生「お?」
 渚「どうかしましたか?」
秋生「今、お前達の間に、女の子が立っていたような気がしたんだよ
    今朝からずっとこうなんだ。
    なんか、偉く大事なもんを忘れてる気がしてよ。」


ついに秋生さんも風ちゃんを忘れてしまった・・・。
だけでど思い出そうとしてイライラしていたみたい。(辛)
気分を晴らそうと、バットを片手に出かけちゃいました。
それだけ、風子ちゃんが大好きだったんだ。(泣)

風子ちゃんを抱きしめる渚ちゃんが父の苦悩を読みとりました。

 渚「お父さん、辛そうです。」
朋也「すっかり忘れたわけじゃないんだ。春原や杏たちも。」
風子「分かってます」
朋也「おっさんもお前が好きなんだ。
    だからあんなに辛そうなんだよ」

風子「だったら嬉しいです。」

風子ちゃんが好きな分、強い繋がりが出来ていた。
だから風ちゃんの事がいっぺんに消えず、微かに残ったのでしょう。
だけど、大切な物を思い出せないというは辛いです。

「お母さん?」

早苗さんの様子もおかしいですけど・・・やっぱり。

早苗「お帰りなさい。渚ちゃん。岡崎さん。風子ちゃん。
風子「ただいまです。」

笑顔で風子ちゃんの名を呼んだ早苗さん。
そっか、記憶消えてないんだ。そう嬉しくなった瞬間。
早苗さんのあることに気がつきました。

風子ちゃんの方へ近づいてきたように見えた早苗さんですが・・・。

早苗「学校はどうでしたか?
    今夜は一緒にお風呂に入りましょうか。
    風子ちゃん渚も一緒に仲良く・・・。」


語りかけた方向には風子ちゃんはいない・・・。
早苗さんにも見えていないんだ・・・・。(泣)
でも、それなら風子ちゃんの名を呼んだのはなぜ?
想い出だけ残ってるってことかな。それならまだ・・・・。

しかし・・・直ぐに理由が分かりました。早苗さん自らの言葉によって。

「お母さん?」

泣き崩れる早苗さん!

早苗「見えないんです。風子ちゃんが!
    私、今日、病院に行って来たんです!
    伊吹先生の結婚の話を訊いて、もしかしたら風子ちゃんは、
    伊吹先生の妹さんじゃないかと思って確かめに・・・。」


朋也「早苗さん・・・」

早苗「それから私も秋生さんみたいに
    風子ちゃんのことがだんだん頭から消えていって、
    まだいるんですよね!風ちゃんは。」


「はい。ここに。」

泣きなら風子ちゃんの姿を求める早苗さん。
見えないけれど、海星を持つ手のあたりを触る早苗さん。
忘れたくないのに、消えていく記憶・・・辛すぎます。
大切な想い出が全部消えていくんです・・・。

早苗「ずっとこの家にいてもいいですからね。
    渚ちゃんも、秋生さんも、私も、
    みんな風子ちゃんのことを家族だと思っています。」


頷く風子ちゃん。悲しい現実に泣き出す渚ちゃん。
もう駄目です。見ていた私は涙でいっぱいです。

星空の下を彷徨って・・・。

朋也「本当にこんな時が来るんだな。」
 渚「きっともうお父さんも、お母さんも風ちゃんのことは・・・」

早苗さんのあの言葉は、最後に残った記憶の一欠片だったのでしょう。
これからどうするから、結婚式の日まであと少し。後少しだったのに。

もう古河家には戻れないでしょう。
早苗さんも、秋生さんも、風子ちゃんの事を覚えていないから。
お互いに辛くなるだけ・・・・。特に風ちゃんが。(泣)

問題は今夜の風ちゃんの身の振り方です。
朋也君の家は、あの親父がいるので連れていかれない。
三人は学校へ向かうことを決めました。

今、風子ちゃんを覚えているのはどの位いるのでしょうか・・・。
きっともう覚えているのは、一番近くにいた渚ちゃんと朋也の2人だけ・・・。

風子と出会った学校へ。

渚ちゃんと風子ちゃんはギュッと手を繋いで歩きます。

2人の固く結ばれた手のアップで・・・終了。(泣)


・・・・つづく。


エンドロールの「だんご大家族」でまた涙・・・もう駄目っぽいです私。(泣)


次回、第9回「夢の最後まで」


予告でまた泣きました・・・。ありがとうって・・・風子ちゃん・・・。(涙)


    にほんブログ村 アニメブログへ


「CLANNAD −クラナド−」関連サイト:

 TBSアニメーション 「CLANNAD」公式ホームページ
 TBSアニメーション 「CLANNAD」公式ホームページ
 Key Official HomePage
 Key Official HomePage

 劇場版 CLANNAD −クラナド− OFFICIAL SITE
 劇場版 CLANNAD −クラナド− OFFICIAL SITE

 CLANNAD (ゲーム) - Wikipedia


「CLANNAD −クラナド−」関連グッズ:

CLANNAD 1<通常版>
CLANNAD 1<通常版>
発売日: 2007/12/19
CLANNAD 1<初回限定版>
CLANNAD 1<初回限定版
発売日: 2007/12/19
ドラマCD CLANNAD−クラナド−Vol.4 藤林杏
ドラマCD 
CLANNAD−クラナド
Vol.4/藤林杏

発売日: 2007/07/25
ドラマCD CLANNAD−クラナド−Vol.5 坂上智代
ドラマCD 
CLANNAD−クラナド
Vol.5/坂上智代

発売日: 2007/08/24
ドラマCD CLANNAD‐クラナド‐ Vol.1 古河渚
ドラマCD
CLANNAD‐クラナド
Vol.1/ 古河渚

発売日: 2007/04/25
ドラマCD CLANNAD−クラナド−Vol.2/一ノ瀬ことみ
ドラマCD
CLANNAD−クラナド
Vol.2/一ノ瀬ことみ

発売日: 2007/05/25
ドラマCD CLANNAD−クラナド−Vol.3/伊吹風子
ドラマCD 
CLANNAD−クラナド
Vol.3/伊吹風子

発売日: 2007/06/22
劇場版「CLANNAD−クラナド−」SOUNDTRACK
劇場版「CLANNAD−クラナド−」SOUNDTRACK
発売日: 2007/11/21
劇場版 『CLANNAD』 DVD スペシャル・エディション 【初回限定版】
劇場版 『CLANNAD』
 DVD スペシャル・エディション 【初回限定版】
劇場版 『CLANNAD』 DVD 【通常版】
劇場版 『CLANNAD』
 DVD 【通常版】
劇場版 『CLANNAD』 DVD コレクターズ・エディション 【初回限定版】
劇場版 『CLANNAD』
 DVD コレクターズ・エディション 【初回限定版】
CLANNADオフィシャルコミック  3  CR comics
CLANNAD
オフィシャルコミック  3
CR comics

発売日: 2006/12
CLANNADオフィシャルコミック  4  CR comics
CLANNAD
オフィシャルコミック 4
CR comics

発売日: 2007/10
CLANNAD
オフィシャルコミック 5
CRコミックス

発売日: 2007/12/07
CLANNADオフィシャルコミック  1  CR comics
CLANNAD
オフィシャルコミック  1
CR comics

発売日: 2005/11
Official Another Story CLANNAD〜光見守る坂道で〜
Official Another Story CLANNAD
〜光見守る坂道で〜

発売日: 2005/12
CLANNADオフィシャルコミック  2  CR comics
CLANNAD
オフィシャルコミック  2
CR comics

発売日: 2006/06
CLANNADコミックアラカルト  1  単行本コミックス
CLANNAD
コミックアラカルト  1
単行本コミックス
Impressions of CLANNAD Tribute Album公認コミックアンソロジー

発売日: 2004/10
CLANNADコミックアラカルト  2  単行本コミックス
CLANNAD
コミックアラカルト 2
単行本コミックス
Impressions of CLANNAD Tribute Album公認コミックアンソロジー

発売日: 2004/12
CLANNADアンソロジー・ノベル  Jive character novels
CLANNAD
アンソロジー・ノベル
Jive character novels

発売日: 2004/09
CLANNADアンソロジー・ノベル  2  Jive character novels
CLANNAD
アンソロジー・ノベル 2
Jive character novels

発売日: 2004/12
CLANNAD <初回限定版> 全8巻セット ※キャラアニ特典付き
CLANNAD <初回限定版>
全8巻セット ※キャラアニ特典付き
CLANNAD <通常版> 全8巻セット ※キャラアニ特典付き
CLANNAD <通常版>
全8巻セット ※キャラアニ特典付き
CLANNAD -クラナド- 古河渚 完成品フィギュア コトブキヤ リニューアルパッケージ版《予約商品10月発売》
CLANNAD -クラナド- 古河渚 完成品フィギュア コトブキヤ リニューアルパッケージ版《予約商品10月発売》
CLANNAD -クラナド- 藤林杏 完成品フィギュア コトブキヤ リニューアルパッケージ版《予約商品10月発売》
CLANNAD -クラナド- 藤林杏 完成品フィギュア コトブキヤ リニューアルパッケージ版《予約商品10月発売》
CLANNAD -クラナド- 坂上智代 完成品フィギュア コトブキヤ リニューアルパッケージ版《予約商品10月発売》
CLANNAD -クラナド- 坂上智代 完成品フィギュア コトブキヤ リニューアルパッケージ版《予約商品10月発売》
CLANNAD 2008年カレンダー《予約商品10月発売》
CLANNAD 2008年カレンダー《予約商品10月発売》



posted by しおん at 23:19| Comment(0) | TrackBack(24) | CLANNAD −クラナド− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

CLANNAD −クラナド− 第8回 『黄昏に消える風』
Excerpt: 【ニコニコ動画】clannad 8 a 【ニコニコ動画】clannad 8 b 『真の漢』と書いて『春原』と読む、そんな風に思っていた時期が、俺にもありました・・・・・・。
Weblog: soraの奇妙な冒険
Tracked: 2007-11-23 23:47

CLANNAD 第8話
Excerpt: さぁてこちらも風子の話が終盤にさしかかりましたねどうやら来週で一段落するのかな?とりあえず結婚式が来週の日曜日に決まったようです(いくらなんでも早く決まりすぎでは???)でもどんどん存在が忘れられてい..
Weblog: にき☆ろぐ
Tracked: 2007-11-24 00:02

CLANNAD第8話「黄昏に消える風」
Excerpt:  「あの娘は忘れられている。」陽平に言われた言葉が忘れられない朋也は、その事が頭から 離れず渚・風子と一緒にヒトデの彫刻を作っていても上の空!しかし渚から「昨日伊吹先生から 電話があって結婚式の日..
Weblog: アニメのストーリーと感想
Tracked: 2007-11-24 00:02

CLANNAD クラナド 第08話 「黄昏に消える風」
Excerpt: ぷち最悪です! 風子シナリオもクライマックス目前となりました。 しかし風子め、朋也の悪戯を察知できるようになるとは… これじゃあ風子マスターの面目丸つぶれじゃないか!!(何
Weblog: アバトーンの理想郷
Tracked: 2007-11-24 00:28

CLANNAD 第8話 感想
Excerpt:  CLANNAD  第8話 『黄昏に消える風』 感想  岡崎朋也: 中村悠一  古河 渚: 中原麻衣  藤林 杏: 広橋 涼  藤林 椋: 神田朱未  坂上智代: 桑島..
Weblog: 荒野の出来事
Tracked: 2007-11-24 00:58

CLANNAD 第8話 「黄昏に消える風」
Excerpt: <プチ最悪です!> 春原から聞いた皆から風子の存在が消えていくことで悩んでいた朋也、 風子「また変な人に戻ってしまいましたか、はぁ〜」 あの呆れた風な言い方がうけた、実際...
Weblog: ムメイサの隠れ家
Tracked: 2007-11-24 01:13

CLANNAD 第08話
Excerpt: [関連リンク]http://www.tbs.co.jp/clannad/第8回 黄昏に消える風考え事。春原に聞いた事を考えている朋也それは風子が少しずつ忘れられているということそうとは知らずにひたすら..
Weblog: まぐ風呂
Tracked: 2007-11-24 02:02

CLANNAD 第8回 「黄昏に消える風」 第二版
Excerpt: もう、間に合わない・・・ どんどん人々に認識されなくなっている風子、そして知っている人からは忘れられていきます。 先週は係わりの薄かった人ぐらいでしたが今週は・・・ ...
Weblog: 中濃甘口 Second Dining
Tracked: 2007-11-24 02:06

CLANNAD -クラナド- 第8話『黄昏に消える風』 前編
Excerpt: 『なんだかもらってくれない人が増えてるような気がします それもただ受け取ってくれないだけじゃなくて ふぅちゃんに気付かないみたいな』 リアルタイムで見ていたものの、心いっぱい胸いっぱいで とても..
Weblog: 風庫~カゼクラ~
Tracked: 2007-11-24 03:52

CLANNAD 第8話「黄昏に消える風」
Excerpt: CLANNAD-クラナド-の第8話を見ました。CLANNAD1初回限定版第8話 黄昏に消える風「岡崎さん?岡崎さん?」「…!?あぁ、何だ?古河」「岡崎さん、今日は朝から様子が変です」「また変な人に戻っ..
Weblog: MAGI☆の日記
Tracked: 2007-11-24 06:52

CLANNAD -クラナド- 第08話 「黄昏に消える風」
Excerpt: CLANNAD -クラナド- 第08話 「黄昏に消える風」 の感想です
Weblog: アニメすく〜る
Tracked: 2007-11-24 09:34

CLANNAD -クラナド- 第8話 「黄昏に消える風」
Excerpt: 風子の存在が忘れられていく。 関係が薄かった人から段々と・・・・・。 そして朋也と渚も・・・。
Weblog: ネギズ
Tracked: 2007-11-24 14:45

CLANNAD -クラナド- 第8話 『黄昏に消える風』
Excerpt: CLANNAD -クラナド- 第8話 『黄昏に消える風』 「あいつは忘れられ始めてるんだ。            もしかしたら、存在自体が消えかけているのかも・・・。」 遂に公子さん..
Weblog: ゆめねのにっき♪
Tracked: 2007-11-24 16:37

CLANNAD -クラナド- 第8話 「黄昏に消える風」
Excerpt: 僕さ…そいつのこと嫌いじゃなかった…そんな気がするよ――。 学校での挙式もOKになり公子の結婚式の日も決まる。 ヒトデを配りつづける風子だが、受け取らないものが増えていく…。 関わりがない者から..
Weblog: SeRa@らくblog
Tracked: 2007-11-25 01:06

(アニメ感想) CLANNAD -クラナド- 第8話 「黄昏に消える風」
Excerpt: CLANNAD 1 (初回限定版) 幸村の計らいで式を学校であげる許可もおり、遂に公子の結婚式の日が決まった。結婚式に向け生徒へヒトデを配り続ける風子。そんな風子の姿を見守る朋也と渚。しかし風子..
Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
Tracked: 2007-11-25 04:01

CLANNAD 第8話「黄昏に消える風」 感想
Excerpt: 毎度サブタイがかっこいいなぁって思ってしまいます。本編に繋がってなくね?って思いながらも(笑)素敵タイトルに癒されます。しかし、本編を観て、「風」が風子ちゃんであると知らされるには辛いもんがありました..
Weblog: まったり感想日記
Tracked: 2007-11-25 09:39

CLANNAD -クラナド- 第8話 「黄昏に消える風」
Excerpt: 泣いた。 今回の感想はこれだけでいいと思う。 見た人ならわかるでしょ・・・ってわけにもいかないよね^^; 魅せ方がうまいよホント。お遊び部分もあるけれど、基本的に最初...
Weblog: かがみのひだまり日誌
Tracked: 2007-11-25 09:51

クラナド第8話 「黄昏に消える風」感想。
Excerpt: CLANNAD 「黄昏に消える風」感想 朋也は春原によって、風子の存在を皆が忘れていくことを知らされた… だが、渚&風子とともにその後もヒトデを配って行くのだが、日に日に風子を無...
Weblog: 静夜詩
Tracked: 2007-11-25 10:01

CLANNAD第8話
Excerpt: すいません、つい感動しちゃったんで感想書きます。(´;ω;`) 心に残ったシーンを2,3個お伝えします 1つ目、春原君です。春原君の家で主人公と風子のことを話してるシーン..
Weblog: アニメ、ゲーム感想ブログ
Tracked: 2007-11-25 13:46

CLANNAD -クラナド- 第08話 「黄昏に消える風」
Excerpt: クラナド第08話感想。風子ルートはもう少しだけ続くwww つーか京アニ、風子ルートを引っ張りすぎですwwww
Weblog: 蜃気楼の灰色帝国 -Mirage Gray Empire-
Tracked: 2007-11-25 19:46

CLANNAD -クラナド- 第08話「黄昏に消える風」観賞〜( ´Д⊂
Excerpt: みんな、みんな忘れていく、、(´;ω;`) 第8話を観賞しました( ´Д⊂
Weblog: まごプログレッシブ:Part2〜Scenes From A Memory〜
Tracked: 2007-11-25 21:37

CLANNAD -クラナド- 第08話 「黄昏に消える風」
Excerpt: CLANNAD -クラナド-   お勧め度:普通+   [恋愛アドベンチャーゲーム]   TBS : 10/04 25:55〜(初・26:25〜)   MBS : 10/13 25:55〜 ..
Weblog: アニメって本当に面白いですね。
Tracked: 2007-11-26 02:00

頼むから起こってくれ、奇跡。(CLANNAD第8話)
Excerpt: 紺碧の海 映える星型 光輝あまねき 棘皮動物 すぐりし星型 闘志は燃えて 理想の王座を占むるもの ヒトデ ヒトデ ヒトデ 覇者 覇者 ヒトデ ヒトデ祭 望む栄光 威力敵無き ヒトデ..
Weblog: BLOG不眠飛行
Tracked: 2007-11-27 00:04

CLANNAD「黄昏に消える風」
Excerpt: 古河早苗17歳です♪       /   / |l          /       〃\ \      〃   /  {{ / ' / /       /' \ ヽ  '、    ..
Weblog: ルーツ オブ ザ まったり!
Tracked: 2007-12-11 22:24


詩音の枝折りのトップへ


  頂いたTBについて:

  TB大歓迎ですので、お気軽に送ってくださいね。
  ただし、その記事と関連のあるものでお願いします。

  それから頂いたTBは、管理人(詩音)の時間が許す限り、
  全ての記事に目を通してから返させて頂いています。
  ですので、反応が遅いと思いますが気長にお待ちくださいね。
  それでも返ってこないときは・・・エラーかも。(汗)
  一部のサイト様では、こちらからのTBがエラーになることが
  増えてきていたりするので・・・。(苦笑)

  2月になって、FC2さんでホンの一部が、
  一番酷いライブドアさんは・・・全滅!?



  このブログのRSSはこちら。

  RSS1.0 http://yuuutuna.seesaa.net/index.rdf
  RSS2.0 http://yuuutuna.seesaa.net/index20.rdf



  掲載中の著作物について:

  当ブログに掲載しているキャプチャー、
  本の表紙、CD、DVDのジャケット画像などの著作物は、
  その作品の研究、検証のために使用しています。
  著作権については、それぞれの作品側にあります。

  なお、内容等に問題があり、著作権者からの申し出があった場合、
  直ちに対処させていただきます。



ロリポップのドメインは選べる全85種類!! さくらのレンタルサーバ・ビジネス プロ
安心しておすすめ!ファーストサーバ インターネット取引するならマネックス証券
◆5大特典◆BIGLOBE光の入会キャンペーン実施中 バイク保険オンライン加入
あなたの写真が簡単な操作で美しく生まれ変わります。 ウイスキーの購入ならサントリーオンラインショップ【E-liquor】
オークションを楽しむなら!「Yahoo!ネットバンキング決済連携サービス」 オートレース 投資信託 ちょこっといいことプログラム