2007年08月22日

エル・カザド 第21話「羽ばたく女」 感想です。

エル・カザド 「美少女ガンアクション三部作」

エル・カザド 第21話「羽ばたく女」 2007/08/21 01:30 テレビ東京 感想です。

ストーリー:

度重なるエリス回収に失敗していたブルーアイズと仲間達は、
邪魔者であるナディ抹殺という最終勧告を受ける。
条件としてブルーアイズ自らがナディを抹殺せよという命令だった。
上の者が故意にエリスの回収を先延ばしにしているのでは?と疑っていたのだ。
仕方なく、ナディ抹殺に銃を手にするブルーアイズだったが・・・。
彼女には組織とは別の目的があり、エリスの捕獲には乗り気では無かった。
その頃、”馬鹿正直コンビ”のナディとエリスの二人は、
詐欺師のラルコに騙されて、不注意で逃がしてしまったと思いこんでいた、
大型の鳥(コンドル)を素手で捕まえようと奮闘していた。
ブルーアイズは、ナディ狙撃のチャンスを伺い、二人の会話を盗聴していたが、
話題にあがった自分について話(悪口)に、組織にドップリ浸かっていることや、
住む世界が違うということを改めて気づかされることに。
そして、エリスとナディの話す「自由」という言葉。より一層心に広がる迷い。
やがて、鳥の捕獲に成功したナディとエリス。絶好のチャンスに部下が葉っぱをかける。
迷いを吹っ切るつもりで銃口をナディに向けたがが、レンズの先は二人の笑顔。
さらには、エリスが鳥を逃がし「飛べ」という。
その言葉に触発されたブルーアイズは、組織を抜け自分の目的の為に歩むことを決意。
ブルーアイズは、人工魔女ではなく自然分娩で生まれた本物の魔女であったが、
覚醒しないのか力を使うことが出来ない、だがエリスは能力を成長させている。
エリスの目指すウニャイマルカに望みをかけるブルーアイズは、
部下達と別れ自分の決めた道へと羽ばたくのだった。
………というお話。


レビューな感想:

Aパート。

elcazado21_001.jpg

議長「あなたには失望しました。ブルーアイズ。」

いきなり、お仕置きを受けているブルーアイズさんからスタートなの。
どうやら、これまでの任務失敗に議長さんの堪忍袋が切れたみたいです。
鎖でカジノテーブルにに張り付けにされているのがびっくり。

議長「エリスを捕獲するには、まず邪魔者を排除すべきである。
    それが、我々の結論です。あなたにナディ抹殺を命じます。
    方法はそちらにまかせます。ただし、守るべき条件が一つ。
    この任務は、あなたが直接任務を遂行するのです。」

ついに、邪魔者ナディさん抹殺命令という最終勧告を受けたブルーアイズさん。
けっこうナディさんを気にかけているようなブルーアイズさんにできるでしょうか。

ところで、議長さんの言葉がエリスちゃん回収から、「捕獲」に変わってるの。
なんとなく言い方が嫌ですね。恐らく、人工魔女は本物の魔女たちにとって、
認められない存在なのでしょうけど。言い方がムカツク。

やり方も陰湿ですし、嫌な組織なの。というか、こん事ばかりやってるんじゃ、
どこかの悪の秘密結社と同じじゃないかな。迫害されるのも分かる気がする。(汗)

ブルーアイズ「こうして私に、ナディ抹殺命令がくだった。」

ついに自身のことをナレーションするブルーアイズさんですが、
いいかげんに、こんな陰湿な組織に所属するのやめたらいいのにって思ったり、
まあ嫌そうな感じの彼女は本当にナディさんを抹殺するのかっていう所ですね。
でも、もしもナディさんを傷つけたら、捕獲対象のエリスちゃんの手によって、
”ブルーアイズさん達”の方が抹殺されそうです。(滝汗)

タイトルコール「羽ばたく女」

elcazado21_002.jpg

エル・エーと花売りの少女。

トウモロコシ畑の見える道ばた。座り込むエル・エー。

エル・エー「エリスは言ったよ・・・もう終わりにしようって・・・」

エリスちゃんの最終勧告をリピートするエルーエー。
やっぱり、さすがに前回のは堪えたみたいですね。

エル・エー「おかしいよ・・・おかしいよね、それって。
       いったい何を終わらせようって言うんだい?
       僕らはまだ始まってもいない。」


さすが変態・・・こんな解釈に持ってくるとは・・・。
というか、既に運命で結ばれているっていう感覚は消えたのね。(笑)
これから交際を申し込み直すということなのかな。

と、停車する自転車と、近づく誰かの足跡。

花売りの少女「大丈夫?どこか具合でも悪いの?」

エル・エーが見上げると三つ編みの少女が心配そうに覗き込んでました。
座り込んでぶつぶつ独り言を話していたから、そう思われたみたいなの。
この娘さん、優しい子なのはいいけれど、相手がエル・エーなのがマズイ。

突然、ゆらっと立ち上がるエル・エー。(キモイ)
全く動じない少女がちょっと異常・・・。(滝汗)

エル・エー「分かっている・・・」

視線は自転車の籠一杯のお花みたいだけど。
ヤバイ、ピアノ線を伸ばした!少女が危ない!

花売りの少女「あっ!」

流石に怖いよね。でも、なんか・・・。(謎)

やっちまった!空中を舞うお花たち!舞い散る花びら!
少女はいったいどうなったのだろう・・・やっぱり・・・。

しばらくして、エル・エーがいた現場を通りかかったナディさんとエリスちゃん。

ナディ「これ、どう思う?」
エリス「わかんない。」

エル・エーの痕跡を発見したナディさんみたいですが・・・。
そこにあったのは凄惨なものではなく、お花で作ったオブジェなの。
エル・エーの意図が分からないですね。

というか、エル・エーってまだウニャイマルカへの道案内をしてるつもりなんだ。
じゃあ、わざわざエル・エーの目印を探しに来たナディさんはいったい・・・。
前回、せっかくエリスちゃんが終わらせたのになぁ・・・。

ナディ「アイツの作品にしちゃ芸術的だと思わない?」

殺されそうになったというのに、親しげに話すんですね。(汗)
ナディさんのお人好しもここまで来るとお馬鹿としか・・・。

そんなナディさん達に一人の少女が声をけけてきたの。。

花売りの少女「あのぉ、もしかしたらこれを作った人のお知り合いですか?」

ああ、あの優しい娘さん無事だったみたい。ほんとに良かったですよ。
でも、エル・エーあんなに人間を憎んでたのにどうしたんだろう。

ナディ「まあね。」
エリス「違うよ。」

二人の反応の違いが壺なの。
エリスちゃん、よっぽどエル・エーのことが嫌いになったっみたいです。
それにしてもナディさん、あんな奴と知り合いだって答えるんですね。
そっちの方が吃驚なのですけど、てか、今すぐ断ち切った方が・・・。

花売りの少女「もしもその人に会うことがあったら、
         ありがとうって、伝えて欲しいんです。」

     ナディ「アイツに?」
花売りの少女「あの人、花を全部買ってくれたんです。」
     ナディ「ほんとう?」
花売りの少女「はい」(うれしそうににっこり)
     ナディ「アイツが花をねぇ・・・」(エリスの様子を伺いながら)

エル・エーのことについて語る少女には好印象に映ったみたいですね。
ちゃんと、お金も払ったとなると、物凄い進歩なのですが、吃驚です。
前回、喜怒哀楽のうち、「怒」と「哀」を修得したエル・エーですが・・・、
その他にも修得し始めて、人間っぽい心を持ち始めてるのかもね。

それにしても、エル・エーに関する応対が全部ナディさんなのが壺。
徹底的にエリスちゃんに嫌われたね。
そっか、それを理解したから、まずは花束で好印象をアピールなのかも。

人工生命体エル・エーと良き理解者ナディ。
再びウニャイマルカへ向かって移動中の車内なの。

ナディ「どういうつもりなんだろう、エル・エー」
エリス「・・・・・・」(ナディを見つめる)

なんか、まだエル・エーを話題にしてるナディさんですが、
そんなにあの変態が気になるのですか?
前回、彼に殺されそうになった人の発言とは思えないのだけれど・・・。
というか、エリスちゃんが不機嫌顔してるんですけど・・・。(汗)
やっぱり、空気が読めないナディさんです。

ナディ「こないだ、あんたにガツンと言われておかしくなってんのかなぁ。」

えっと、それってあなたの為でしょうが・・・。
ここまで鈍いとエリスちゃんも苦労するかもね。(笑)

というか、ナディさんの中ではエル・エーは普通の変人扱いですか。(汗)
これもきっと、彼女のお人好し属性なんでしょうね。

ナディ「あ、でも。元からおかしい奴がおかしくなったら、まともになるのかぁ!」

すごい結論だよナディさん。あながち間違いじゃないかも!とか思ったり。
もしかして、ナディさんは、独りぼっちのエル・エーを可哀想だと思ってるのかな。
考えてみれば、ナディさんは誰かに拒絶されたり、離れていったりすることに対して、
かなり恐れをというか過剰に反応するところがありますからね。

でも・・・エリスちゃんが・・・ますます不機嫌に・・・。

エリス「・・・・・・。ナディ、その話・・・したくない」(正面向いて)
ナディ「・・・・・・。イエッサ」

ついに、怒られちゃいました。(笑)
エリスちゃんにエル・エーの話は禁句のようですね。

前回といい、それまでといい。
エル・エーに対して普通に接するナディさんを見ていると、
感情が欠如していたエリスちゃんを理解して受け入れたように、
エル・エーにとっても、良き理解者なのかもしれないね。

その二人を追跡するバイクの姿が・・・。Bレディ2号さんです。

射撃の再訓練するブルーアイズさん。
議長というか、組織との繋がりを強調するように携帯のアップから、
そしてカジノテーブルに置かれたスコープ付のライフルです。

 Bレディ1号「狙撃の経験は?」
ブルーアイズ「一通り訓練は受けているから大丈夫よ。
        といっても、ずいぶんと昔のことだから、
        思い出すのに時間がかかるでしょうけど。」


ええ、ブルーアイズさんの実力の実体がここに明らかに!
やはり、この人もヘタレで工作員には向かないと思っていたけれど、
こんな状況だったとは・・・。
これまで、こんなんで良くエル・エーとかと対峙できたものだよね。(苦笑)

射撃場で訓練中なんだけど、ほとんど的の中心には当たらないの。
少しずつ中心近くに当たるようになったいったみたいだけどね。
このあたりは、ブランクを感じさせないほどで、さすがて感じかな。

ブルーアイズ「なぜ私に狙撃を命じたか、わかる?」
 Bレディ1号「私達の不甲斐なさが原因かと。」

なんて謙虚な部下なんだか。でも、間違ってもいないんだよね。
「守る男」で、一々指示を仰いでたくらいだもん。(笑)

なぜかプールだよ。二人とも水着だし、全然緊迫感がないよね。(笑)
Bレディ3号さんがいないのがちょっと残念かな。(おいおい)

ブルーアイス「恐らく、上は私を疑っている。」
 Bレディ1号「どういうことです?」
ブルーアイズ「私がエリスの捕獲作戦を故意に引き延ばしていると、
         その審議の為に、私に狙撃を命じたのよ。」


もうずっと見ていた視聴者にはバレバレなんですが、
そんな!って感じなBレディ1号さんの鈍さが壺です。
と、そこへBレディ2号さんから連絡が。

Bレディ2号「ターゲットは、早朝徒歩にて近隣の村を出たのち、身を隠しました。」

それじゃ何がなんだかわらないし。(笑)

そのターゲットのナディさん達は、
わずかに緑の見える荒涼とした山岳地帯にいました。
人工的に掘られた洞穴に身を潜めていますよ。

Bレディ2号「その目的は不明、以後も監視を・・・ん?」

そんなことまで報告するんですか。(笑)
ナディさん達が動きました、二人の目線の先では大型の鳥が水を飲んでいますよ。
これは・・・コンドルかな?

elcazado21_005.jpg

ナディ「もうちょっと近づいて・・・」(小声)
エリス「イエッサ」(通常の声)

エリスちゃんの声にコンドルが二人に気づきましたね。

ナディ「おわっ」
エリス「おっ」

二人を一声威嚇すると大空に飛んでいきましたよ。

ナディ「こら!待てぇ〜!!」

逃げるコンドルを追いかける二人ですって、何をやってるんでしょうこの二人は・・・。
まさかコンドルを捕まえようとしてるのかな。しかも素手で・・・なんてお馬鹿なの。(爆)
というか、追いかけるナディさんの走り方が危なっかしいのは気のせいかな。(汗)

 Bレディ2号「おっ!?」
ブルーアイズ「鳥?彼女たち素手で捕まえようとしてるの?」
 Bレディ2号「そのようです。」
ブルーアイズ「なぜそんなことを・・・・」

私もそれ知りたいです。(笑)
なんの目的も無しに鳥(コンドル)と戯れるとは思えないものね。

elcazado21_003.jpg

古い詐欺師とバカ正直者コンビ。
その頃。リカルドさんも町に到着。
とある民家の一角には・・・ロープで首を括り付けられた大型の鳥(コンドル)が二匹。
でも、ちょっと緩んでるっぽい。

リリオ「ふぅ!」

リリオちゃんが興味津々で近づくと、一匹が逃げ出しました。
すると、一人のお爺ちゃんがすごい剣幕が出てきましたよ・・・。
どうやら、逃げ出した鳥の所有者みたいですが・・・。

ラルコ「このふとどき者め!なんということをしてくれたんじゃ!」
リリオ「ふぅぅぅ?」(どうして怒ってるのって感じに見える)

どう見ても、首のロープはちゃんと結ばれいなかったし、
ただリリオちゃんは近づいただけで勝手に逃げたんだもんね。

ラルコ「かくなるうえは、別の鳥を捕まえてくるのじゃ!
    もしもそれが叶わぬ時は、金銭を持って償ってもらうからそう思え!」

リリオ「ふぅぅ」(意味わかんないって感じに見える)
ラルコ「誰か話のわかる大人はいないのかな・・・」

でも、どんな剣幕の人だって、
リリオちゃんのニコニコパワーには通じませんよね。
でも、幼女相手に怒鳴るなんてヒドイお爺さんだね。

ラルコ「え?! おまえさんは・・・・」

その一部始終を見ていたリカルドさんに気づいて狼狽えるお爺さん。
どうやら、リカルドさんを知っているみたいですね。

リカルド「誰かと思えば奇遇だな。しがない詐欺師の出任せラルコ。
      まだ現役だったとは驚きだ。
      今時いるのか?お前のようなペテンにかかる馬鹿正直な奴が。」

 ラルコ「へぇ」(いるよとニヤリとする)

なるほど、古いタイプの詐欺師だったんですね。
こんな奴にひっかかるような人って、よっぽどのお人好しか、
リカルドさんが言うように、お馬鹿な人だけだよね。

エリス「降りてこないね」
ナディ「待つしかないね。」

・・・・って、ひっかかっていた人がいましたよ。
ナディさんとエリスちゃんという馬鹿正直コンビが。(滝汗)
なるほど、二人はこのラルコの嘘を信じちゃって、鳥を追いかけていたのね。
ナディさんは・・・・過去にも詐欺師に騙されていた前科があるしな・・・。
もう、二人についていてあげた方がいいんじゃないのリカルドさん。(笑)

狙われているのはナディ。
相変わらず鳥を追っかけてるナディさんとエリスちゃんだけど、
思えば、あの詐欺師のお爺さんって金銭が目的だったんだよね。
となると、ほんとうに素直に鳥を捕獲に出かけた二人は、
きっと計算外な行動だったんじゃないかって思ったり。(笑)

ブルーアイズ「状況は変わらない?」

現場に到着したブルーアイズさん、フードなしの黒い魔女ルックだよ。
ということは、本気でやるきなんだね・・・ナディさんと対決・・・・か。

 Bレディ2号「あそこがベストポジションかと。」
ブルーアイズ「チャンスを待ちましょう」

というわけで、一番狙いやすそうな岩陰に隠れるブルーアイズさんです。

ナディ「いいかげん降りてこぉいっ!このぉ〜!」

警戒してる野生の鳥にそれは無理だって・・・。
なんか身を隠す為に布を被っているようですが、
その姿がなんとなく可愛くみえちゃた。(笑)

elcazado21_006.jpg

ナディ「あんたも寝てばっかりいないで、なんか考えたらどうよ。」

あ、居眠りエリスちゃんだ。待つって大変なんだよね。

エリス「なんかってなにぉ?」
ナディ「どうやってアイツを捕まえるか。」

それをエリスちゃんに聞くのは無駄ってものでしょう。

エリス「手で、こうやって・・・」

でも、一応考えたらしいエリスちゃんは、腕をつきだして閉じる
つまりは、わしづかみなんだよね。(笑)

ナディ「はい、はい・・・」

手を離したから、持ち上げてた布が落ちて頭がすっぽりなエリスちゃんが壺。

ナディ「はぁぁ・・・。なんかいい方法ないかなぁ」

な〜んにも思いつかないのはナディさんも一緒。(笑)
そもそも生け捕りにするのに、何の道具も無しじゃね

ナディ「おっ、あ、エリス♪」

布からはい出したら、
ちょうどエリスちゃんがチョコバーを食べようとしているのを発見なの。

ナディ「ちょっとちょうだい♪」
エリス「ちょっとだけ」

エリスちゃが手に持ったままのチョコバーをパクリ。仲良しさんです。

ナディ「んんっ!おいしい♪」
エリス「ちょっとじゃな〜い」

半分近く食べちゃいましたね。けどそんなに怒ってないの。(笑)

エリス「はむぅ。んっ!」
ナディ「んん?」

残りのチョコバーを食べるエリスちゃんが何かを思いついたみたい。

Bレディ1号「動きました!」

待っていたブルーアイズさんたちも大変だ。
で、スコープから見えるのは、自由の女神像が手にするたいまつみたいに、
右手に持ったチョコバーを空に向かって掲げるエリスちゃん。

なるほど、これでコンドルを餌付けしようという考えなのね。
ナディさんより役に立つのって、それって危ないよ!
コンドルがその鋭い爪で突っ込んできたらヤバイって・・・。(汗)

ブルーアイズ「何をする気?」

こっちは、もうわけからんって感じでしょうね。(笑)

ナディ「チョコは食べないんじゃないのぉ?」

いや、ナディさん、そういう問題じゃないから!

エリス「来た♪」
ナディ「うっそ!」

すっごい、スピードで突っ込んでくるコンドル。(汗)

ナディ「ぉ、ぁ」

あ、やっとかエリスちゃんの危ない状況に気づいたの。
慌ててエリスちゃんの前へ躍り出るナディさん。

 Bレディ1号「出ました。」
ブルーアイズ「今撃てばエリスに当たる。」

向かってくるコンドルの進路を変えようとしているのか、両手を上げてるナディさん。
小躍りするみたいに全身を使ってエリスちゃんの周りを動き回ってて面白いの。(笑)
でも、エリスちゃんを下がらせた方が早いと思うのだけれど・・・。(汗)

Bレディ1号「移動を。」

目標を一番撃ちやすいところまで移動するブルーアイズさん。
異動先ですばやく装備を最セットしていくよ。

ナディ「ああ、もう!危ないでしょうが!たっくもう!」

エリスちゃんを強制的に引っ込めた方がいいのでは・・・。(汗)
エリスちゃんの前でコンドルの進路を邪魔するナディさんも危険だし・・・。

ナディ「エリス!」

ナディさんの健闘虚しく、狩人モードのコンドルさんが突っ込んできます。
間一髪エリスちゃんに体当たりして回避なの。(苦笑)

その頃、ブルーアイズさんは、またもチャンスを逃してました。
インカム装着、携帯置いて、集音器を置いて、銃をセット・・・って、
もしかして本当は全然やるきないでしょ。(笑)

※以下『』内は全て集音器からの声。

エリス『びっくりしたね。』
ナディ『怪我してない?』
エリス『大丈夫』
ナディ『あ〜悔しいなぁ。この次は絶対捕まえてやる』

セットした集音器から、二人の会話が聞こえてくるよ。
けっこう距離があるのに、高性能なマイクだよね。

ブルーアイズ「狙われるのは、あなたなの。」

あくまでエリスちゃんを守ろうとしているナディさんですが、
今、命を狙われているのは彼女本人ですからね。(汗)

やっぱり、ブルーアイズさんはナディさんを撃ちたくないのかも。
それが、なぜなのかはわからないけれど。

ここまで、全然自分が狙われていることに気づかないナディさんなの。
もう賞金稼ぎとしての能力は見る影もないような・・・。

Bパート。

elcazado21_004.jpg

ローゼンバーグと籠の鳥。
彼が見つめる先には鳥かごと、籠の中の鳥。

     メリッサ「可愛いでしょう。この子達夫婦なの、もうすぐ卵を生むわ。
          雛が孵ったら一緒に可愛がってくれるわよね。」

ローゼンバーグ「もちろんさ。ふっ」

またも意味深な会話というか、やりとりをやっている二人ですけど、
なんか、ローゼンバーグの口元が不気味だったのが気になるの。

羽ばたく女(魔女)、ジョディ・ブルーアイズ・ヘイワード。

ナディ『ねぇ〜、お願いだから降りてきてよぉ〜』

そろそろ待ちくたびれてダレてきたみたいだね。まるで視聴者の声の代弁みたい。(笑)

ブルーアイズ「私からもお願いするわ。」

こっちも、コンドルが降りてこないとチャンスがないみたい。(笑)

ナディ『あ、起きた?』
エリス「寝てた?」
ナディ「みたいね」
エリス「鳥は?」

待ちくたびれたエリスちゃんはぐっすりだったみたい。

エリス「いいなぁ、私も鳥みたいに飛んでみたい。」

そっかぁ、エリスちゃん自由な気ままな鳥になってみたいんだぁ。
確かに広い空を風を切って飛べたらどんなに気持ちいいでしょうね。

ナディ『確かにね。気持ちいいかもねぇ。
    もしも羽があったら、行きたいと思うところに自由に行けるんだから。』


自由というキーワードにブルーアイズさんが反応してるの。
あの組織でのブルーアイズさんには自由が無さそうだもんね。

エリス「自由。ナディはどこか行きたいところがあるの?」
ナディ「うんんん・・・。よく考えたら無かった。えへへ」

苦笑いで答えるナディさんもちょっと寂しいかもしんない。
考えてみれば、エリスちゃんと出会う前のナディさんって、
明確な目的というかそういうものがあったのかどうか。

ブルーアイズ「お世辞にも建設的な人生とは言えないわね。」

とはいえ、ブルーアイズさんよりは、ずっと増しかも。

ナディ『でも、行き先なんてどこだっていいの。だけど、一人旅だけは無し。』

ブルーアイズ「あっ」

その反応の意味は、何を思うの?ブルーアイズさん。
もしかして、どうしてナディさんがエリスちゃんに執着するかが分かったとかかな。

ナディ「誰かが一緒じゃないとね。」

きっとこれってナディさんの根底にあるものなのでしょう。
これまでどこへ行っても、自分に好意を持ってると思うと人懐っこさを発揮するのも。
何度もエリスちゃんが自分から離れていくことを恐れたのも。
一人になることへの寂しさと恐れ。

幼い頃、ナディさんの故郷が焼かれ、ただ一人生き残ったという悲しい記憶。
普通の子供が歩むよりも早い時期から一人で暮らさなきゃいけなかっただろう境遇。
そういった過去の悲しい出来事が影響しているんだと思うんだけど。

全然、ナディさんの過去の話が出てこないんだよね。
それっぽいことは何度も出てくるのに、後は放置プレイなの。
そろそろ、ナディさんの過去も表に出して欲しいな。
話数も残り少ないし、このままスルーするつもりじゃあるまいな。

エリス「誰かって、私のこと?」
ナディ「死んだって教えない。」
エリス『教えて?』
ナディ『い・や・だ』
エリス『ああ!』
ナディ『ど・お・し・て・も』
エリス『お・し・え・て・く・れ・て・も・い・い・と・お・も・う』
ナディ『長いよ』

なんかいいなぁ。
ナディさんが一緒にいたい誰かに期待するエリスちゃんと、
照れ隠しなのか、はぐらかすナディさん。
今の二人を包んでいるのは、穏やかで優しい時間なの。
それは誰かと一緒にいたいという、
孤独を抱えたナディさんのささやかな願い。

ふと、スコープから視線を逸らすと、
ブルーアイズさんの目に映ったのは2輪の花。
それは今のナディさんとエリスちゃんのようで。
迷い始めるブルーアイズさん。
いや、最初から、ずっと迷っていたのかもしれない。
ナディさんを撃てば、穏やかな幸せな時間は終わりを告げる。
残るのはきっと絶望と深い悲しみだけ。

ブルーアイズ「どうしたのナディ。退屈なんだから何か話を聞かせてよ。」

いつしか、ナディさんの声に耳を傾けていたブルーアイズさん。

それって、退屈だからだけじゃないと思うな。
ブルーアイズさんも寂しさを、孤独を抱えてる人だと思う。
ほんとうはこういう仕事をするべき人じゃないと思う。
だから、ナディさんのささやかな願いを壊したくないんじゃないかな。
きっと・・・・、でも・・・組織には逆らえない。

ところが、いつのまにかナディさんの声が聞こえなくなっていて・・・。

ナディブルーアイズ!

ブルーアイズ「わぁっ!」

突然呼ばれた自分の名に、吃驚するブルーアイズさん。

ナディ「あんたなんかに、エリスをわたさないから・・・」

ジッと、そのナディさんの顔を覗き込むエリスちゃん。
どうやら、いつの間にか眠っていたナディさんの寝言のようです。
どんな夢を見てるんだろう。あの時の夢かな。
さっきまで、一人旅は嫌だって言ってたから。(苦笑)

ブルーアイズ「寝言・・・」
ブルーアイズ「脅かさないでよ」(心の声)

狙っているのがバレたかと思ったのかもね。
しかも、ナディさんの声に意識が集中しちゃってる時だもん。
そりゃ吃驚するよね。(笑)

ナディ「あたしって・・いま・・寝てた?」
エリス「寝てた」
ナディ「ごめん、ごめん。」

ついに、エリスちゃんの前で居眠りするようになりましたね。
親しくなる前は、絶対にエリスちゃんが寝てからだったのに。
それだけ、エリスちゃんに心を許しちゃってるんだね。
なので、寝言まで。(笑)

エリス「ブルーアイズって誰?」
ナディ「うっ」

ブルーアイズ「ぇっ」

エリス「ナディ、寝ながら言ってた。」
ナディ「ぅ」
エリス「その人に私を渡さないって」
ナディ「ぉぅぉぅ、そういば、そんな夢を見てたような・・・」

ここまで来るともう、誤魔化しは効かないでしょうね。
エリスちゃんも知りたがっているみたいですし。
もっとも、今更隠す必要もないことでしょうから。

エリス「この前、私を連れて行こうとした人?」
ナディ「そうだよ。」
エリス「どんな人?」
ナディ「知りたい?」
エリス「うん」
ナディ「だったら、教えてあげる。と・・・言いたいとこだけど、
    仕事絡みの付き合いしかないから詳しいことは良く知らないんだよね。
    それでもいい?」

エリス「うん。」

ナディさん口からの説明なら、エリスちゃんはそれでいいって感じかな。
それにしても、ほんとうに仕事絡みの付き合いしか無かったんですね。
あんなにブルーアイズさんが気にかける描写があったものだから、
もっと踏み込んだ何かがあるものだと、勝手に深読みしてまたけど。
となると、ビジネスの関係以上にブルーアイズさんが気にかけるのは何だろう。

もしかすると、ナディさん自身は知らないけれど、魔女の組織とブルーアイズさんが
知っているって何かがあるっていう可能性もあるんですけどね。(おいおい)
たぶん、これも深読みし過ぎかもしれないけど。(笑)

ナディ『あの女はね。
    一言で言ったら、頭真の中に歯車がギッシリ詰まってる機械女ってところかな。
    頭はいいんだけど、死ぬまで幸せには縁遠いってタイプだと思う。』


ブルーアイズ「言ってくれるわね」

なるほど、これがナディさんの中でのブルーアイズさんなんだ。
なんかかなり一言多いようなことをズケズケいっちゃってるけど。
ほら、聞いてるブルーアイズさんが不機嫌に・・・。(笑)

しかし、ここまで人を分析できる能力があるっていうのに、
空気を読めなかったり、詐欺師に騙されちゃったりするかなぁ。(笑)
いや、これが馬鹿正直ってやつなのかな。

ナディ『おまえけに、卑怯者だし。私の銀行口座使えなくしたでしょ。
    ああいう奴って、きっと友達少ないんじゃないの。』

ブルーアイズ「本気でムカムカしてきた。」

「私の銀行口座」ということは、あの時止められたのは、取引口座の他に、
ナディさんの私有財産も止められたってことになるね。

そんな事はどうでもいいことだから置いて置いて、
友達が少ないというか、友達がいないのはナディさんも一緒じゃないのかな。(笑)
ある意味、ブルーアイズさんとナディさんは似たもの同士。
だって、任務中のドジッぷりだって二人とも負けてないもん。

エリス「言いたい放題。」

いつの間にか、悪口だけになっていることに突っ込みなの。(笑)

ナディ「だって、しょうがないもん。
    お互い住む世界違いすぎだもん。
    向こうは組織にどっぷり浸かった人間だし、
    こっちは、明日をも知れぬ自由気ままな賞金稼ぎなんだから。」


自由とはいえ、あれは本人が聞いたら怒るぞ。てか、もう聞いてるし。(笑)
きっと、ブルーアイズさんが反論したら、「もうちょっと大人になりなさい」とか、
賞金稼ぎとしてナディさんがいかに危ういかとか言われるんじゃないのかな。

エリス「自由・・・。じゃあ、ナディは鳥だね。」
ナディ「ぉっ」

なるほど、自由気ままに生きるナディさんを鳥に例えましたか。
自由な鳥だから、どこへでも行ける。自由だからこそ行き先なんて決まっていない。
ナディさんも自分が気づかなかったと気づかされたって感じなの。
エリスちゃんの物事の感じ方が幅広くなりましたね。

エリス「来た」
ナディ「えっ」

ブルーアイズ「あっ」

ずっと空を飛び続けいたコンドルが水を飲みに地に降り立ちました。
動き出す、ナディさん、エリスちゃん、そしてブルーアイズさん。

ナディ「エリスは前から」
エリス「イエッサ」
ナディ「行くよ」

コンドルの背後からそっと布を持って近づくナディさん。

elcazado21_007.jpg

ブルーアイズ「確かにあなたの言うとおり、私はちっぽけな歯車の一つに過ぎない。
         でも、あなたは間違っている。
         例え組織の一員であっても叶えたい望みはある。
         いつか、辿り着きたいと願う場所がある。
         自由は、あなた達だけに与えられた特権ではないわ。」


違う。それは違うと思うよ。自由は時に、自分の力でつかみ取る物だと思う。
ブルーアイスさんにも望みがあって、自由を羨ましがるのもわかった。でも・・・
もしも、ここでブルーアイズさんがナディさんを撃ってしまえば、
組織に捕獲されエリスちゃんの旅はそこで終わり、ブルーアイズさんお任務も終了。
それと同時にきっと自由は無くなるし、彼女の言う辿り着きたい場所にだって、
永遠にたどり着けなくなると思うよ。

ブルーアイズ「っ!」

ナディさんの頭に照準が合わされ、その引き金が控えようとしたその時、
前から回り込んだエリスちゃんの頭が邪魔で撃てなくなったの。

エリス「ねえ、空を飛ぶのは気持ちいい?」

コンドル話しかけるエリスちゃん。なぜか振り向くコンドルに隙が出来た。(笑)

ナディ「いまだ!」

コンドルに布を被せるナディ。ナディの力だけじゃ無理なので・・・。

ナディ『エリス!取り押さえて!』
エリス『イエッサ!』

エリスちゃんの協力で見事捕獲成功なの。

ブルーアイズ「どきなさいエリス、お願いだからもっと離れて」

接近しているエリスちゃんのお陰で狙撃が出来ないブルーアイズさん。
エリスちゃんは捕獲対象。傷つけることは許されない。
なので、知らず知らずのうちにエリスちゃんに守られてるナディさんです。

ナディ「これで、あの爺ちゃんにお金払わなくてすんだぁ〜」

あのお爺さんは詐欺師なのに・・・。
自分の危機も知らずに喜ぶナディさんが壺。

ナディ「お? エリス?」

ジーッと捕まえた鳥を見つめるエリスちゃん。
様子のおかしいエリスちゃんを不思議に思うナディさん。
鳥を自由気ままなナディさんと同じだと言ったエリスちゃん。
エリスちゃんの心の中で木霊しているのは自由なのかも。

ナディ「おっ!ちょっと、何すんのよ!」

ソーッと手を離し逃がしまうエリスちゃん困惑するナディさん。

ナディ「ぉわぁぁ!!」

ダッシュして逃げる鳥。追うナディさん。
ナディさんとエリスちゃんの間に距離が生まれました。
撃つには絶好のチャンスです。

ナディ「はぁ、はっ、はぁ、はっ・・・」
エリス「はやく・・・」
ナディ「はぁ、はっ、はぁ、はっ・・・」
エリス「飛んで」

ブルーアイズ「あ・・・」

エリス「飛んで、飛んで!」

空高く舞い上がるコンドルの姿。
エリスちゃんの声に即発されてジッと鳥の見つめるブルーアイズさん。

 Bレディ1号「今です。」
ブルーアイズ「あ」

でも、直ぐに現実に戻されるブルーアイズさんなの。
すぐさま照準をナディさんにあわせなおし、引き金を引こうとしたとき、

elcazado21_008.jpg

飛び込んできたのは、鳥を逃がしちゃったのに笑顔なナディさん。
その笑顔がブルーアイズさんに引き金を引くことを迷わせます。

少しずらすと、同じように笑顔のエリスちゃんの姿が。
きっと、エリスちゃんから鳥を逃がした理由を聞いて
笑顔が溢れる結果になったのでしょうね。
鳥さんから自由を取り上げちゃだめだよとか、
鳥はナディさんと同じだからとか。(笑)

何かの決意をしたかのように引き金を引くブルーアイズさん。
響く銃声に宙を舞う、議長と連絡を取り合う為の携帯。

elcazado21_009.jpg

ナディ「ブルーアイズ・・・」

銃声の方向に銃を構えたナディさんと警戒するエリスちゃんに見えたのは、
清々しそうな表情で、空の鳥を見つめる姿でした。

ブルーアイズさんは悟ったのでしょう。
自分のしたいことをするには自分の意志で動かなければいけないと、
そして、自分自身にもちゃんと自由があるんだってこと。
それは決して平坦な道ではないかもしれないけれど。
自分を偽るよりはずっといいんじゃないかって。

ナディさんも、ちょっといつもと違うブルーアイズさんい気づいたみたい。
エリスちゃんはすっと、彼女の瞳を見ていました。

ブルーアイズ「私は決意した」(心の声)

羽ばたく女の部下との別れ。
これまで、ずっと支えてくれてた部下達に全てを話し旅立つようです。
夕日をバックなのがすごく綺麗な絵になってるよ。

ブルーアイズ「私は魔女の末裔。
         それもエリスのような遺伝子工学で生み出された
         人工生命体ではない。本当の魔女よ。
         でも、私は肝心な力を使うことができない。
         元から存在しないのか、ただ眠っているだけなのか、
         それすらも分かっていない。
         エリスがあの場所に到達することで、
         最終的な覚醒を迎えるとしたら、
         私にもそれ起こる可能性はゼロではない。」

 Bレディ1号「初めからエリスを捕獲するつもりは・・・」
ブルーアイズ「最初は迷っていたわ。いいえ、さっきまでずっと迷い続けていた。
         でも、もう決めたの。私もあの子たちと同じように、自分の道を生きるって。」

 Bレディ2号「そんなことをすれば命を・・・」
ブルーアイズ「だから、あなたたちを巻き込むわけにはいかないの。
         今日までありがとう。」


自分の生きる道を見つけて羽ばたいていったブルーアイズさん。
ブルーアイズさんに待っている試練はきっと、ナディさんと同じに違いない。
でも、それが出来ない(踏み出せない)部下達はちょびっと可哀想なの。
というか、もしかしてこれで、Bレディさんたちの出番は終わりなのかな。
だとしたら、最後までまともな名前を付けて貰えなくて哀れなの。

あれ?ちょっと待って、ブルーアイズさんが組織から抜けたということは、
ナディさんの口座は永遠に復活することは無くなったってことじゃない。(滝汗)

elcazado21_010.jpg

エリスの見つめる先には・・・。
すっかり日も暮れてお爺さんの元へ戻ったナディさん達。
どうやら、リカルドさんと出会って、真相をしったみたいですね。

ナディ「あの爺さんに騙されてたなんて・・・今思い出してもムカムカする。」

でも、あんなのに騙されるあなたもそうとうお馬鹿さんですよ。(笑い)

エリス「ブルーアイズって人。」
ナディ「うん?」
エリス「綺麗な目をしてた。」

エリスちゃんには、ブルーアイズさんのあの時の瞳がそう見えたようです。
きっと、迷いが消えて、自分の進むべき道を見つけたからなのでしょう。
肯定も否定もせず、肩をすくめて見せたナディさんは、
エリスちゃんがそう言うんだから、それでいっかという感じでしょうか。

ローゼンバーグと鳥の籠。
おや、籠の中の鳥が逃げ出しちゃったみたいですね。

     メリッサ「あなたが逃がしたんじゃない?」
ローゼンバーグ「僕が?まさか。」
     メリッサ「そうね、そうよね。」
ローゼンバーグ「迎えに来て欲しいのかな。でも手遅れですよ。
          出ていったのは君たちですから。」


出ましたね。久々に冷たいトーンでの発言が。
というか、怒ったメリッサの声もちょっぴり怖かったきがする。
まあ、これまであの甘甘ボイスしか聞いてなかったから。(笑)

ブルーアイズ「籠の中の鳥は、所詮 籠の中でしか生きられない。」

意味深な締めのナレーションですが、
それって籠の中の鳥とBレディたちのことをかけたのかな。
ただ単に鳥だけを対象にしたような気もしますが。
ずっと、ブルーアイズさんと一緒に仕事をしていた
Bレディさんたちの今後の動向も気になりますね。

というか、絶対鳥を逃がしたのってローゼンバーグだよね。
それって、メリッサと一緒に雛を育てたくないって言っているような気がするの。
ブルーアイズさんが新たな道を歩み始めたと同時に彼も動くってことかな。

elcazado21_011.jpg

ところで、鳥は本当に自由なのでしょうか。
一見、自由気ままに空を飛んでいるように見える鳥ですが、
彼らは目的地もなく自由に飛んでいるかというとそうでもないよね。
実際は、その土地の地形や気流によって阻まれたり、
極限られた範囲しか移動できない鳥たちが多いの。
中には、渡り鳥など長距離を移動する鳥たちもいるけれど、
それらは明確な目的と行き先があって移動しているよ。
しかも、飛び続けるのにも体力が必要で、食物の摂取も必要だよね。
だらら、翼を休める必要があるけれど、そこには常に命の危険が待っているの。
彼らは一定のルールの元に飛んでいるのだから。決して自由ではないのかも。
それが、籠の中の鳥が自由を得ても生きることができない証なんじゃないかな。
なぜなら、籠の中の鳥は、自由のルールから外れてしまっているからであり、
彼らは、与えられた籠の中のルールしか知らないから。
故に、籠の中の鳥は、自由に憧れ飛び出すのである。
なんちゃって。(笑)

さて、今回のお話はブルーアイズさんお話でしたが、
これまでで、一番コメントしずらいお話だったと思いました。
なんせ、内容はほとどないからね。メインはブルーアイズさんの葛藤だし。
しかも、つっこみどころは、みんな台詞で言われちゃってるし。(笑)
ともかく、ナディさんの過去話を早く昇華しないと話数が・・・。
でも、BGMがここまで物を言う作品はいいですよね。
それによって、自然と感情移入出来ちゃうんです。

次回のエル・カザドは、第22話「目覚める女」だそうです。
エリスちゃんが覚醒するのかな。というか、既に覚醒してるよね。


 にほんブログ村 アニメブログへ


 
 


おすすめリンク:
 エル・カザド公式サイト
 エル・カザド
 テレビ東京・あにてれ エル・カザド
 savage genius公式HP
 FictionJunction YUUKA公式HP
 ネットラジオ「愛と真守の週刊 エル・カザド通信!
 ネットラジオ「愛と真守の週刊 エル・カザド通信!」
 コンドル - Wikipedia

エル・カザド 複製原画<声優直筆サイン入.>
販売価格:¥12,600
2007年8月2日 〜 2007年9月10日まで予約受付中!!
エル・カザド オリジナルテレホンカード
販売価格:¥1,500
2007年8月2日 〜 2007年9月10日まで予約受付中!!
エル・カザド 設定資料集
約21×29.7cm/設定72枚
表紙:カラー/本文:黒印刷
価 格 : \1,575(税込)
発売日 : 2007/9/20頃予定
予約終了日 : 2007/09/19

エル・カザド エリスTシャツ
LIGHT BEIGE《予約商品09月発売》

エル・カザド ナディTシャツ
BLACK《予約商品09月発売》
「エル・カザド」DVD Vol.3
発売日: 2007年09月21日
オンライン価格: \ 5,481(税込)
「エル・カザド」DVD Vol.2
発売日: 2007年08月22日
オンライン価格: \ 5,481(税込)
「エル・カザド」DVD Vol.1<通常盤>
発売日: 2007年07月25日
オンライン価格: \ 5,481(税込)
「エル・カザド」DVD Vol.1
BOX付<初回限定版>

発売日: 2007年07月25日
オンライン価格: \ 5,481(税込)
ラジオCD
愛と真守の週刊エル・カザド通信!Vol.1
発売日: 2007年09月21日
オンライン価格:3,000(税込)
梶浦由記 「エル・カザド」
オリジナルサウンドトラック 2

発売日: 2007年09月21日
オンライン価格: \ 3,045円(税込)
ドラマCD「エル・カザド」第1巻
発売日: 2007年09月24日
オンライン価格: \ 2,940(税込)
梶浦由記 「エル・カザド」
オリジナルサウンドトラック 1

発売日: 2007年07月25日
オンライン価格: \ 3,045(税込)
savage genius 「光の行方」
「エル・カザド」オープニングテーマ
発売日: 2007年05月16日
オンライン価格: \ 1,155(税込)
FictionJunction 「romanesque」
「エル・カザド」エンディングテーマ
発売日: 2007年04月18日
オンライン価格:¥ 1,155(税込)


posted by しおん at 18:35| ☀| Comment(2) | TrackBack(24) | エル・カザド(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ〜。

>エリスちゃんが覚醒するのかな。というか、既に覚醒してるよね。
ブルーアイズのセリフからも、本当の覚醒状態ではないのでしょうね。完全にコントロールできているようでもないですし。

では、覚醒状態とは?
黒魔女になっちゃうのかな(笑)。
Posted by 藍麦 at 2007年08月22日 23:33
藍麦さん♪

>ブルーアイズのセリフからも、本当の覚醒状態ではないのでしょうね。完全にコントロールできているようでもないですし。

そうですねぇ。自分の意志で発動しているように見えても、
感情の高ぶりで何が起こるかわからないって感じでしたものね。

>では、覚醒状態とは?
>黒魔女になっちゃうのかな(笑)。

エリスちゃんの黒魔女化。(笑)

性格が変わるとまではいかないものの、
なんらかの影響があっりするのかなぁ。
もしくは、身体能力的というか、
容姿(瞳)とか変わっちゃいそうだね。
Posted by 詩音 at 2007年08月23日 14:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

エル・カザド 第21話 「羽ばたく女」
Excerpt: ナディ抹殺の指令を受けたブルーアイズ。決心が付かないのか、優柔不断なのか中々狙撃出来ません。
Weblog: ゼロから
Tracked: 2007-08-22 07:17

エル・カザド 第二十一話
Excerpt: [アニメ感想]エル・カザド 第21話 ・エル・カザド 第21話 「羽ばたく女」 エル・カザド第二十一話です。今回の話のテーマは“自由”といったところでしょうか。 ストーリー:エリス捕獲に失敗し続けたブ..
Weblog: 霧たんぽ鍋 「アニメのあれこれ」
Tracked: 2007-08-22 18:51

エル・カザド#21鳥は籠から出て行った
Excerpt: 鳥は空を飛び回り、それを自由と人は呼ぶ。だが鳥は本当にそう思っているのだろうか。鳥は永遠に飛び続ける事は出来ない。羽根を休める止まり木が必要なのだ。籠の鳥は外では生きていけない。自分から飛び立った鳥に..
Weblog: 帰ってきた二次元に愛をこめて☆
Tracked: 2007-08-22 18:51

エル・カザド #21 「羽ばたく女」
Excerpt: 変態x変態=まとも!??! 前回、エリスに大事なところを焼かれて引導を渡されたL・Aが 今回は消沈しながらもエリスに花を贈る。 花売り少女に手をかけるのかと思いましたが、 花を美的(?)に..
Weblog: マンガに恋する女の ゆるゆるライフ
Tracked: 2007-08-22 19:00

エル・カザド・第21話
Excerpt: 「羽ばたく女」 エリスを手に入れるため、ナディの抹殺を命じられるヘイワード。条件
Weblog: たこの感想文
Tracked: 2007-08-22 19:48

エル・カザド 第21話「羽ばたく女」
Excerpt: エル・カザド公式サイト 前回、事実上、エリスにふられてしまったL・A。彼の言う通り、未だ何も初めていないのに終わらされてしまい、L・Aの話しはしてくれるなとばかりにエリスには嫌われてしまったのはかな..
Weblog: パプリカさん家のアニメ亭
Tracked: 2007-08-22 19:59

エル・カザド 第21話 「羽ばたく女」
Excerpt: エル・カザド   現時点での評価:2.5〜   [真下耕一監督作品]   テレビ東京 : 04/02 25:30   監督 : 真下耕一   音楽:梶浦由記   キャラデザ : 菊池洋子 ..
Weblog: アニメって本当に面白いですね。
Tracked: 2007-08-22 20:00

エル・カザド 第21話 「羽ばたく女」
Excerpt: この作品で素晴らしい変態を演じている宮野真守は新作ガンダムで主役になれました。 これもこの作品で変態っぷりをアピールしたからでしょうか(違 宮野はホスト部で良い演技したし、デスノ→ガンダムで勝ち組..
Weblog: angel notes.
Tracked: 2007-08-22 20:23

エル・カザド 第21話「羽ばたく女」
Excerpt: 鳥は自由に――空へと翔ぶ… 叶えたい望みがある。辿りつきたい場所がある…。 籠を出た鳥は、自由を目指す。もう戻ることはできないのに。 組織から最終通告でナディの排除を命じられたブルーアイズ。..
Weblog: SERA@らくblog
Tracked: 2007-08-22 20:42

エル・カザド 第21話 「羽ばたく女」 (アニメ感想)
Excerpt: エル・カザド1 初回限定生産 ブルーアイズが拘束プレイを堪能している。いや、そうではなく、あまりにも失態が多すぎるから罰を受けているらしい。効果のほどはいかに。たしかにあれだけ失敗を続けてき..
Weblog: 荒れ地に棲む者へ
Tracked: 2007-08-22 20:53

エル・カザド 第21話 「羽ばたく女」
Excerpt:  ブルーアイズの出番がそこそこ多かったのでうれしいです。少し抜けているところがいいですよね。  ルーレットの台に拘束されているブルーアイズ。組織の議長からナディの抹殺を命じられます。しかも彼女自ら直..
Weblog: つれづれ
Tracked: 2007-08-22 21:32

エル・カザド 第21話「羽ばたく女」
Excerpt: いえっさ!今週もまったりと感想参ります。
Weblog: ミナモノカガミ
Tracked: 2007-08-22 21:36

エル・カザド 21話「羽ばたく女」
Excerpt: &#039;&#039;&#039;今回は意外と重要な回でした&#039;&#039;&#039; 失態を続けるブルーアイズ ってな訳で羞恥プレイで御仕置きされちゃってますwwww === ..
Weblog: 時空階段
Tracked: 2007-08-22 22:35

エル・カザド 第21話 『羽ばたく女』
Excerpt: 〜アニメ エル・カザド 第21話 『羽ばたく女』 について〜 ※今回はブルーアイズの想いだけを詩のような形で記述しました。 【 鳥のように・・・ 〜自由を求めて〜 】 私は魔女の血族であ..
Weblog: 無限の宇宙 〜INFINITE∞COSMOS〜
Tracked: 2007-08-22 22:42

エル・カザド【第21話】「羽ばたく女」
Excerpt: エリスの誘拐に失敗続きのジョディは組織からナディの抹殺命令を受ける ナディたちは逃がしてしまった鳥の代償として金を払うか鳥を捕まえるかで鳥を捕獲しようとしてた なかなかナディだけを狙う事ができないジョ..
Weblog: フカヒレ家
Tracked: 2007-08-22 23:21

エル・カザド「羽ばたく女」
Excerpt: エル・カザド「羽ばたく女」です。 エル・カザドも21話。残りも少なくなってきました。 最近ちょっと停滞気味という感じもしますが、収束方向には向かっているようです。 きちんと着地させてくれるの..
Weblog: 藍麦のああなんだかなぁ
Tracked: 2007-08-22 23:30

「エル・カザド」第21話
Excerpt: 第21話「羽ばたく女」エリスの強行確保に今ひとつ踏み切れないブルーアイズ。彼女が故意に作戦を引き延ばしているのではと疑う議長は、ナディを排除してエリスを確保するよう最後通告を与える。やむなくライフルを..
Weblog: 日々“是”精進!
Tracked: 2007-08-23 04:57

エル・カザド第21話「羽ばたく女」感想
Excerpt: エル・カザド。もう終盤だけど話が進んでいるとは思えないんですけど・・・。エル・カザド Vol.2早速感想。今回も百合百合じゃい!!もうこのバカップルどうにかしてください!!こっちも見てるだけでニヤニヤ..
Weblog: 物書きチャリダー日記
Tracked: 2007-08-23 09:10

エル・カザド 第21話 準感想
Excerpt:  正直よく分からん落ちでした・・・。  ブルーアイズがあまりにもエリス捕獲を延期していたので、怒った組織がブルーアイズを試すべく、彼女に直接手を下すよう命令!荒野のど真ん中。ついに最大のチャンス..
Weblog: 荒野の出来事
Tracked: 2007-08-23 10:42

エル・カザド【第21話】
Excerpt: 何時まで待ってもエリスを捕まえて来ないブルーアイズに、組織はやる気あるの?と疑い、それを確かめようとブルーアイズ自身に邪魔なナディの殺害を指示する。
Weblog: 美しい夢想家-BeautifulDreamer-
Tracked: 2007-08-23 13:30

エル・カザド (21)
Excerpt: [アニメ エル・カザド / EL CAZADOR DE LA BRUJA 第21話「羽ばたく女」] LAの変化の兆し? それは良い方向なのか悪い方向なのか。 ナディの言うように「元々変なのが..
Weblog: 王様の耳はロバの耳 [beta3]
Tracked: 2007-08-23 18:52

エル・カザド 第21話『羽ばたく女』
Excerpt: {{{ エル・カザド 第21話『羽ばたく女』 }}} ブルーアイズに下るナディ抹殺命令 それはこれまでのんびりしてきた彼女にとっても背水の陣 そのナディは詐欺師に騙されて逃げた鳥..
Weblog: ゴン太の毎日アニメ日和
Tracked: 2007-08-24 08:26

+エル・カザド【21】+
Excerpt: 第21話「羽ばたく女」      今回はブルーアイズさんのターンですね!   つか何プレイですか? (オイ   拘束ってエロエロですねw ってことでブルーアイズさんナディ抹殺命令で..
Weblog: ウタウタイ☆アニメ館
Tracked: 2007-08-25 23:00

エル・カザド 第21話
Excerpt: エル・カザド 第21話「羽ばたく女」 ブルーアイズさん。覚醒の話。 冒頭議長さんからお仕置きされてるブルーアイズさん。 とてもエロスです。 「あなたには失望しました。ブルーアイズ。」 と議長。声..
Weblog: アニメちゃんぷるぅ
Tracked: 2007-09-24 00:32


詩音の枝折りのトップへ


  頂いたTBについて:

  TB大歓迎ですので、お気軽に送ってくださいね。
  ただし、その記事と関連のあるものでお願いします。

  それから頂いたTBは、管理人(詩音)の時間が許す限り、
  全ての記事に目を通してから返させて頂いています。
  ですので、反応が遅いと思いますが気長にお待ちくださいね。
  それでも返ってこないときは・・・エラーかも。(汗)
  一部のサイト様では、こちらからのTBがエラーになることが
  増えてきていたりするので・・・。(苦笑)

  2月になって、FC2さんでホンの一部が、
  一番酷いライブドアさんは・・・全滅!?



  このブログのRSSはこちら。

  RSS1.0 http://yuuutuna.seesaa.net/index.rdf
  RSS2.0 http://yuuutuna.seesaa.net/index20.rdf



  掲載中の著作物について:

  当ブログに掲載しているキャプチャー、
  本の表紙、CD、DVDのジャケット画像などの著作物は、
  その作品の研究、検証のために使用しています。
  著作権については、それぞれの作品側にあります。

  なお、内容等に問題があり、著作権者からの申し出があった場合、
  直ちに対処させていただきます。



ロリポップのドメインは選べる全85種類!! さくらのレンタルサーバ・ビジネス プロ
安心しておすすめ!ファーストサーバ インターネット取引するならマネックス証券
◆5大特典◆BIGLOBE光の入会キャンペーン実施中 バイク保険オンライン加入
あなたの写真が簡単な操作で美しく生まれ変わります。 ウイスキーの購入ならサントリーオンラインショップ【E-liquor】
オークションを楽しむなら!「Yahoo!ネットバンキング決済連携サービス」 オートレース 投資信託 ちょこっといいことプログラム

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。