2007年07月28日

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第17話「この日、機動六課(後編)」 感想です。

魔法少女リリカルなのはStrikerS 公式ホームページ

魔法少女リリカルなのはStrikerS
   第17話「この日、機動六課(後編)」 2007/07/28 03:15 tvk 感想です。


ストーリー:

スカリエッティ率いるナンバーズの圧倒的戦力の前に、
ギンガを倒されたうえに連れ去られ、ヴィータも破れ、リインも意識不明。
キャロのヴォルテール召還によって、機動六課は消滅は間逃れるものの、
ヴィヴィオを連れ去られてしまうという完全敗北だった。
実質上、管理局と機動六課はほぼ壊滅、カリムの予言は回避できなかった。
だが、「まだや、機動六課は、私達はまだ終わってない。」と
まだ諦めていないはやてだった。
………というお話。


レビューな感想:

前回、不吉な予想はしてたけれど、やっぱり的中なの。
てか、この作品いったい何をしたいのかわからなくなってきたよ。
鉄血、友情、愛がテーマで、今回は家族愛だと思ってましたが、
まあ、突き詰めればちゃんと入ってるんですけどね。

コンプレックスや、クローンや、人造人間だったりして、
フォワード陣やヴィヴィオちゃんたちは、いわゆる要らない子なんだよね。
もちろん、フェイトちゃんやヴォルケンたちもそう。
その「要らない子」たちが機動六課という家族を獲得したことになる。

敵側のゼスト、アギト、ルーテシア、この三人の関係も家族。
ナンバーズたちも、姉妹のように慕う描写があったから、彼女たちも家族なのだろう。
となると、最後は、なのはさんを中心にやっぱり家族を形成して終わるのか?

ゼスト&アギト vs ヴィータ&リイン
ユニゾンに相性があるみたいで、相性ばっちりのヴィータさんとリインさんに対して、
ユニゾンの相性が良くないゼストさんとアギトさん。

ヴィータ「ゼストつったな。何企んでるのか目的を言えよ!
     納得できる内容なら、管理局はちゃんと話を聞く!」 

 ゼスト「若いな。だが、いい騎士だ。」
 アギト「旦那!褒めてる場合かよ!」

それでも、ゼストさんには、果たさなきゃいけない約束があって、
その為に命を削る戦いを挑もうとするゼストさん。

ゼスト「終わらんさ、成すべき事を成すまではな!」
アギト「ふざけんなよ!!旦那の事は私が守るって言ったろ!?
    旦那の命は削らせねえ!私が必ず旦那の道を通してやる!」


ユニゾンしたヴィータさんとゼストさんは、ほぼ互角みたいでした。
とはいえ、ゼストさんにはフルドライブという隠し技を持っていみたいですし、
油断は出来ません。でも、使うと寿命を縮めるような代物らしいです。
そして、そのゼストさんを上手くサポート出来ず、
恩をなかなか返せないアギトさん。
敵なのに、なぜか応戦したくなってしまうコンビです。

     ティアナ「んっ、くぅんん・・・」
クロスミラージュ「幻影範囲、負荷増大」
 ケリュケイオン「エナジーブースト、リミット間近です。」
      キャロ「あともうちょっと・・・」
     ティアナ「脱出タイミングができるまで頑張って!」

地下でナンバーズ二人と交戦中だったフォワード陣ですが、
ティアナさんととキャロちゃnの連携幻術で離脱成功だよ。
ようは、ティアナさんの幻術に、キャロちゃんが実体を与えたの。
それにより、敵の戦闘機人が、偽物と実体を見分けが出来なくなったのね。
というわけで、ティアナさんがリーダらしく、危なげなくなってきましたね。
これって、ティアナさんのトラウマを前半に克服させたのは正解だったかも。
そのおかげで、後半しっかりしたキャラとして立ちはじめたよ。
恐らく、この先ティアナさんは、スバルさんを支えて、
さらにフォーワード陣をまとめあげるポジションになると思うの。

ティアナ「お待たせしました!お届けです!」

先にシャッハさんと合流していた、なのはさん&フェイトさんと、
フォワード陣が無事に合流を果たしましたよ。よかったよかった。
なんだか、ティアナさんの活躍になんとなくニヤニヤしつつ、
さらに、ティアナさんの宅配便みたいな台詞に笑い転げいて、
いよいよこれから反撃かと思っていたら・・・・。

ギンガさんと通信が途絶え、機動六課が襲撃をされているとの知らせが・・・。
スターズ分隊はギンガさんを、ライトニング分隊は六課へと向かうんだけど・・・。

はやて「シャマル・・・ザフィーラ・・・・」

機動六課では、シャマルさんとザフィーラさんが頑張ってたけど・・・。
うそぉ・・・ある意味ロストロギアなお二人、古代ベルカ式の騎士なのに
ナンバーズ(複数の攻撃)に倒されちゃたよぉ。
やっぱり、ナンバーズ相手じゃ、1対1以上は無理なのか!

ヴァイス「OK、撃てる。腕はまだ鈍っちゃいねえ。」

そして、機動六課の最後の砦というか、
ヴィヴィオちゃんたちを守っていたヴァイスさん。
機動六課にいるヴィヴィオちゃんが狙われると予測していたのか、
愛機(ヘリ)ストームレイダーと共に機動六課に駆けつけ、
かなり奮闘していたのですが・・・。

ファイト「キャロ、エリオ!先に行って!」

空中から機動六課へ向かっていたんだけど、
ファイトさんが二人のナンバーズ相手に足止め。

    フェイトト「バルディッシュ、サードフォー」
バルディッシュ「サードフォー」

ええ、いきなりバルディッシュさん最終形態の大剣モードに!
おいおい、ナンバーズ強過ぎだよ。ダメージらしきダメージが与えられない。
しかも、常時押され気味なのはフェイトさんの方なの。

これって、データを取れば取るほど、ナンバーズは強くなるってこと?

ヴィータ「リインが・・・・。アイゼンが・・・」

また守れなかったヴィータさん。
シグナム姉さんの接近で小競り合い程度で終わりましたが、
ゼストさんの役に立ちたい一心で焦ったアギトさんをヴィータさんの一撃が襲います。
それを見たゼストさんは、使えば命を削るフルドライブでヴィータさんへ一撃、
咄嗟に受け止めるハンマーのデバイスグラーフ・アイゼンさん。
グラーフ・アイゼンさん、ヴィータさんは守りきったけれど・・・。
うそ、あのどんな敵でも砕ける事なんてなかった、グラーフ・アイゼンさんが砕かれた!
しかも、この一撃でユニゾンしてたリインちゃんも意識不明だよ!
互いに譲れない信念で戦っていただけに辛すぎる展開なの。
泣きじゃくってるヴィータさんがイタイ・・・。

そして、命を削るのをわかっていて、アギトさんの為にフルドライブを使ったゼストさん。
彼もまた、自分のためにではなく、誰かのためにって人なんだろうね。

ギンガ姉さんの悲劇とスバル覚醒。
予想通りだとはいえ、これって、もしかして・・・
なのはシリーズで一番残酷な描写になったのでは・・・。
いや、ヴァイスさんもそうだよな・・・。
ギンガさん、ナンバーズ複数相手に倒されちゃいました。
しかも、血みどろ・・・惨劇後みたいになっていて・・・・。(泣)

ティアナ「スバル!先行しすぎ!」
 スバル「でも、大丈夫だから!」
 なのは「仕方ないね。こういう場所だとスバルの方が早い。
      大丈夫、こっちが急げばいい。」

ティアナ「はい!」

ギンガ姉さんを助けに向かうスバルさんと、
ティアナさんを抱えて通路を飛ぶなのはさん。
えっと、重しを降ろせばもっと早く飛べたのでは・・・。
そんなこと言っちゃだめなんだけど。

ボロボロなギンガ姉の惨劇を目撃したスバルさんは怒りで覚醒・・・。
新緑色の瞳が、黄色というか金色の瞳に代わりました・・・。
これって、ナンバーズ、特に戦闘機人に共通する瞳だよね。
以前、スバルさんのことも、今回ギンガ姉のことも「タイプゼロ」って
呼んでいたってことは、二人も戦闘機人ってことかな。
となると、スバルが発動したのはISってことになる。

そして、覚醒したスバルさんは、ナンバーズと互角、
いや、それ以上のパワーで圧倒するの、でも・・・・。

マッハキャリバーさんがスバルさんのパワーについていけないの。
一撃、一撃ごとに傷ついてゆくマッハキャリバーさん。
怒りに我を忘れたスバルさんは気づいてないの。

敵のバリアーを何とか粉砕。
でも、敵も最後の力を振り絞った波状攻撃。
避けようともしないスバルさん。

マッハキャリバー「プロテクション」

最後の力を振り絞って、スバルさんを守るマッハキャリバーさん。

結局、ギンガ姉は連れ去られ、
無茶のし過ぎで心も体も満身創痍で倒れるスバルさん。
相棒のマッハキャリバーさんは機能停止・・・。

マッハキャリバー「本体全損。システムダウン・・・・」

スバルさんの左腕が少し破損して・・・って破損って・・・。
機械の腕ってことは、これでスバルさんが戦闘機人だと確定しました。
そこへ、やっと追いついた、なのはさんとティアさんでしたが・・・。
なんなのこの痛すぎる悲劇は・・・・。

泣きじゃくるスバルさんの悲痛な声が響きます・・・。

酷い、酷すぎ。ギンガ姉を奪われ、マッハキャリバーさんは機能停止。
身も心もボロボロな上に、自分が人間じゃなかったなんて知ったら、
スバルさんはショックはいかほどになるのか。
もう、ティアナさんが頑張って支えてあげるしかありません。

てか、機動六課で隊長と副隊長、フォワード陣で、普通の人間なのって、
なのはさんとティアナさんとはやてさんしかいないじゃん・・・。ヴォイスもいたね。
でも、なのはさん一度死にかけるほどの大げが負ってるからわからないわね。

ルーテシア「邪魔」

機動六課本部壊滅・・・。
システムは完全にダウン。防御システムも壊滅・・・。
最後の砦はヴォイスさん・・・。

ルーテシアの姿とが・・・
ヴォイスさんが、昔誤射して命を奪ってしまった幼子が重なり・・・
トラウマ発動・・・そして、一撃で吹っ飛ばされてしまいました。
まさか・・・ヴァイスさん死んじゃいないよね。
てか、ストームレイダーも破壊されてる!!

これじゃ、ヴァイスさん生きていたしても、ヴィヴィオちゃんは奪われ、
トラウマは発動し、しかも唯一の彼の痛みを理解していただろう、
ストームレイダーまで失っちゃって、彼は立ち直れるのだろうか・・・。

エリオくんの過去。
やけ崩れる機動六課本部に向かっていたキャロちゃんとエリオくん。
ルーテシアによって連れ去られるヴィヴィオちゃんにトラウマ発動なの。
フェイトさん同じくプロジェクトFによって生み出された、死人のコピー。
その為に、ファイトさんと出会うまで、ヒトして扱われず差別の中で生きてきた。
エリオくんは、ヴィヴィオちゃんに同じ想いをさせたくなかったの。

     エリオ「ストームラーダ!フォルムツヴァイ!」
ストームラーダ「アクションゼロ!ジャンプ!」

無謀な特効をしかけるエリオ君。
ストームラーダ、エンジン付きに変形したみたいで、ジェット噴射で空を飛びます。
てか、この戦闘って、ほぼストラーダまかせになりませんか?
結局、簡単にはじき飛ばされ、撃墜。
といより、背後から別ナンバーズが空間転移してきた。
なんとか陸に上がった、キャロちゃんとエリオくん。

そして、ナンバーズによる、トドメ宣告が。
機動六課の建物を破壊するから、人間は外へ出ろと。
てか、意識不明の人たちが逃げられるわけないだろ。

キャロ「なんで・・・・こんな・・・竜騎召還。ヴォルテール!!!」

キャロちゃんが悲しみのあまり切れた!
だって、そうでしょ。キャロちゃんはこの特殊能力で差別されていた。
でも、機動六課という組織のみんなが家族になってくれた。
機動六課本部の破壊は、キャロちゃんや皆の家。
それは家族を壊されることを意味するわけだ。
だから、そんなの絶対に許せなかった。

キャロ「壊さないで・・・私達の居場所を・・・壊さないでーーー!!!」

ヴォルテールって、どう見ても竜じゃないよ。
可愛く言えば、大怪獣。悪く言えば化け物。

どうやら、ヴォルテールによって、
機動六課本部を焼き払おうとしていた残存ガジェットは、
一掃されたみたいです。

なのはさんとティアナさんは、
避難誘導と残っているガジェット殲滅に当たっているみたい。
スバルさんは救急車で運ばれてた。

そして、意気揚々とスカリエッティの演説が流れます。
あれのどこが、無血なんだ?でも、気になるのは、なぜ無血にこだわったかだよね。
まさか本当にナンバーズを買いに来る人間を想定したわけではないだろうし。
となれば、なにか狙いがあってのことだと思うけどよくわからない。

だた、正しい技術の進歩の研究をしていたのに、
迫害を受けた技術者の復讐と思ってもらっていいって言ってたな。

カリム「予言は、覆らなかった。」
はやて「まだや、機動六課は、私達はまだ終わってない。」

管理局、機動六課共に完全敗北。
みんな、ボロボロなのに、どうやって圧倒的戦力の相手に立ち向かうんだ?
まあ、今回のお話では、なのはさんが全然戦っていないのですが、
lリミッター全解除で、早く失ったモノを取り戻して欲しいです。

てか、なのはんさんにヴィヴィオちゃんが連れ去られたの伝わってるのか?

あ、何もしていないって言えば、シグナム姉さんもそうだったような。
こんかい主(はやて)の隣で腕を組んでいただけなんだよね。
でも、そのシグナム姉さんってば、主であるはやてさんを差し置いて
先にフィギュア化してるし。密かに人気みたいだ。(笑)



さて、次回は「翼、ふたたび」だそうです。
なんか、予告で深刻さが伝わってこないのですが、
次回は機動六課復活のお話になるのかな。


 にほんブログ村 アニメブログ 美少女アニメへ

 
 

おすすめリンク
 魔法少女リリカルなのはStrikerS 公式サイト
 魔法少女リリカルなのはStrikerS 公式ホームページ

魔法少女リリカルなのはStrikerS 1
NORA COMICS THE COMICS

都築 真紀原作
長谷川 光司
税込価格 580円 (本体価格 552円)
出版 : 学研
発行年月 : 2007年5月
水樹奈々「MASSIVE WONDERS」
「魔法少女リリカルなのはStrikerS」
新オープニングテーマ
発売日: 2007/08/22
レーベル: キング
オンライン価格:¥1,200(税込)
田村ゆかり「Beautiful Amulet」
「魔法少女リリカルなのはStrikerS」
新エンディングテーマ
発売日: 2007/08/01
レーベル: キング
オンライン価格:¥1,300(税込)
ドラマCD
魔法少女リリカルなのはStrikerS
サウンドステージ02

発売日: 2007/07/18
レーベル: セブンアークス
オンライン価格:¥2,625(税込)
ドラマCD
魔法少女リリカルなのはStrikerS
サウンドステージ01

発売日: 2007/05/23
レーベル: セブンアークス
オンライン価格:¥2,625(税込)
田村ゆかり 「星空のSpica」
「魔法少女リリカルなのはStrikerS」エンディングテーマ
発売日: 2007/05/09
レーベル: キング
オンライン価格:¥1,200(税込)
水樹奈々 「SECRET AMBITION」
「魔法少女リリカルなのはStrikerS」オープニングテーマ
発売日: 2007/04/18
レーベル: キング
オンライン価格:¥1,200(税込)
魔法少女リリカルなのはStrikerS
高町なのは 完成品フィギュア
ムービック版(予約)

発売日 2007年07月未定
1/8スケール(全高約200mm)
PVC製彩色済み完成品
標準小売価格 5,880円(税込)
販売価格 4,932円(税込)
魔法少女リリカルなのはStrikerS
フェイト・T・ハラオウン 完成品
ムービック(予約)

発売日 2007年09月未定
PVC製彩色済み完成品
全長約200mm 1/8スケール
ウインドウBOXパッケージ
標準小売価格 5,880円(税込)
販売価格 4,521円(税込)
魔法少女リリカルなのはStrikerS
シグナム 完成品フィギュア
シーエムズ版 (予約)

発売日 2007年09月下旬
PVC製彩色済み完成品
全長約200mm 1/8スケール
ウインドウBOXパッケージ
標準小売価格 8,190円(税込)
販売価格 6,297円(税込)
魔法少女リリカルなのはStrikerS
クリスタルジャケットセット
フィルム2枚付(予約)

発売日 2007年09月13日
クリスタルジャケット
フィルム2枚付き
標準小売価格 3,150円(税込)
販売価格 2,989円(税込)
魔法少女リリカルなのはStrikerS DVDセット
※キャラアニオリジナル特典付き(予約)

販売価格:¥55,040
全26話をDVD全9巻セット
予約期間 2007年6月22日 〜 2007年9月30日まで


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第17話 「その日、機動六課(後編)」
Excerpt: ゼスト vs 白のヴィータ。いい勝負していますね。
Weblog: ゼロから
Tracked: 2007-07-28 16:51

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第17話
Excerpt: [本局、六課へのナンバーズの猛攻が続く。地下で対峙した新人4人はティアナとキャロの幻術でなんとか脱出することができたが、ギンガはその攻撃の前に倒れた。本局を脱出して新人達と合流したなのは、フェイトは体..
Weblog: ルナティック・ムーン
Tracked: 2007-07-28 19:33

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第17話
Excerpt: 「その日、機動六課(後編)」 怒涛の急展開、キターっっ!! これまでゆっくりしていた反動か、今回はすごい!の一言。 魔法少女とかリリカルとか、そんな言葉が吹き飛びました。 あっちもこっ..
Weblog: ラブアニメ。
Tracked: 2007-07-29 00:15

魔法少女リリカルなのはStrikerS 「その日、機動六課(後編)」
Excerpt: 魔法少女リリカルなのはStrikerS 「その日、機動六課(後編)」です。 うん、やはり今週もOPは変わらなかったですね。 次ぐらいからいよいよですかね。 確かに今週までが、一つのお話の..
Weblog: 藍麦のああなんだかなぁ
Tracked: 2007-07-30 21:20


詩音の枝折りのトップへ


  頂いたTBについて:

  TB大歓迎ですので、お気軽に送ってくださいね。
  ただし、その記事と関連のあるものでお願いします。

  それから頂いたTBは、管理人(詩音)の時間が許す限り、
  全ての記事に目を通してから返させて頂いています。
  ですので、反応が遅いと思いますが気長にお待ちくださいね。
  それでも返ってこないときは・・・エラーかも。(汗)
  一部のサイト様では、こちらからのTBがエラーになることが
  増えてきていたりするので・・・。(苦笑)

  2月になって、FC2さんでホンの一部が、
  一番酷いライブドアさんは・・・全滅!?



  このブログのRSSはこちら。

  RSS1.0 http://yuuutuna.seesaa.net/index.rdf
  RSS2.0 http://yuuutuna.seesaa.net/index20.rdf



  掲載中の著作物について:

  当ブログに掲載しているキャプチャー、
  本の表紙、CD、DVDのジャケット画像などの著作物は、
  その作品の研究、検証のために使用しています。
  著作権については、それぞれの作品側にあります。

  なお、内容等に問題があり、著作権者からの申し出があった場合、
  直ちに対処させていただきます。



ロリポップのドメインは選べる全85種類!! さくらのレンタルサーバ・ビジネス プロ
安心しておすすめ!ファーストサーバ インターネット取引するならマネックス証券
◆5大特典◆BIGLOBE光の入会キャンペーン実施中 バイク保険オンライン加入
あなたの写真が簡単な操作で美しく生まれ変わります。 ウイスキーの購入ならサントリーオンラインショップ【E-liquor】
オークションを楽しむなら!「Yahoo!ネットバンキング決済連携サービス」 オートレース 投資信託 ちょこっといいことプログラム

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。