2007年07月28日

怪物王女 第16話「継承王女」 感想です。

怪物王女 第16話「継承王女」 2007/07/27 01:59 TBS 感想です。

ストーリー:

ある日の夜。姫は屋敷の池で女性の刺客に襲われていた。
駆けつけたリザと交戦するるも、リザ名を聞いた刺客は撤退するのだった。

昨夜の刺客と交戦してから、兄、ロボ・ワイルドマンの仇が
待ってもちっとも現れないことに、焦りを感じていたリザ。

その気持ちからなのか、リザはもっともっと強くなるために、
無我夢中でトレーニングに明け暮れていた。
とはいえ、一人でやるトレーニングに限界を感じていたリザ。
しかし、周囲には誰もリザの相手を出来る実力者がおらず、
そこで、かつての敵、巨大半漁人のポセイ・どんを思い出したリザは、
半漁人たちが住む、姫の別荘地へ向かった。

なぜか、リザの後に付いてきた姫とヒロとフランドルたちが、
半漁人たちが再建したという別荘に案内されていた頃。
リザがポセイ・どん相手にトレーニングを始めていたが、
リザに惚れ込んだポセイ・どんはフニャフニャで役に立たず、
鬱憤晴らしに水上バイクで遊ぶことに。

そこで出会った鮫族アロンと仲良くなるリザ。
アロンは、兄、ロボ・ワイルドマンの友人だという。
兄の話をしたり、稽古をつけて貰うことで胸の蟠りがスッキリしたリザ。
屋敷に帰るとさっそく自主トレーニングを開始するのだった。

だが、その夜。姫の元に先日と同じ刺客が現れて、
駆けつけたリザはその正体がアロンだと知り衝撃を受ける。
圧倒的な強さを誇る戦士アロンに苦戦するリザだったが、
兄の敵を討つために戦うと言うリザの前に態と倒されるのだった。
驚愕するリザに、これが王族に使えた者の運命だと言い残し、
ロボ・ワイルドマンの形見のネームプレートをリザに託すと、
最後まで戦士の誇りを貫いたアロンは息を引き取るのだった。

アロンの悲しき運命に、王族の醜い王座争いを憎むリザ。
その場にいた王族の一人である姫には掛ける言葉が無かった。
ヒロもまた、忘れそうになっていたが、姫が置かれている状況と
自分とリザが、常に戦いの中にいることを再認識するのだった。
………というお話。


レビューな感想:

今回の怪物王女は、軌道修正みたいな感じだったのかな。
王族の王座争いの醜さを思い出させる話になってました。

kaibutu16_001.jpg

そんなわけで冒頭から屋敷の庭の池で襲われている姫さんなの。
三股の槍で女性の刺客と戦闘なんだけど、相手はかなりの技量の持ち主みたいだよ。
あの武器の扱いが優れている姫さんと互角かそれ以上なんだもん。

一端池に消えたかと思うと、再び水中から姿を現したときには、
頭上高くに舞い上がってた、両腕に刃を生やした刺客の隙の無さそうな攻撃に、
姫さんは長い槍の柄で防御の構えだけどちょと厳しいかも。

 姫「フフン。遅いぞリザ。」
リザ「私はあんたの家来じゃねぇ!」

姫さんに刺客の刃が届こうとした瞬間、
格好良く割って入ったのはリザさんです。
なんとなく、この二人のやり取りが好きだな。
そのままリザさんと戦闘になるかと思ったら、
どうやら刺客はリザさんのことを知っているみたい。
そのまま何もしないで撤退したの。

リザさん昨日の刺客との戦闘以来、ずっと苛立ってるの。
サンドバック相手に猛特訓中のリザさんなんだけど急にどうしたんんだろう。

ヒロ「リザ、最近不機嫌だけど、どうしたのかな…。」
 姫「焦る必要はないのだがな。
   私の側に居る限り、いずれ巡り会うことができる。
   リザの仇は必ず私を狙ってくる。
   爪を研いで来るべくその日を待っていれば良いのだ。」


しばし忘れていたリザさんが姫さんとこにいる理由。
そうなんだよね。姫さんは常に兄達から命を狙われたんだっけ。
だから、いずれはリザさんの兄の敵も現れるだろうって、
でも、これまで何度も戦ってるけど全然現れる気配なし、
しかもくる敵は、せこいというか雑魚ばかりなの。
リザさんの焦る気持ちも、苛立つのも分からないではないけれど、
王位継承なんて元々興味のない姫さんのように、
今のような穏やかな時間が貴重かもしれないのにね。
いずれ、嫌でも戦闘になる時が来るんだから。
姫さんと兄たちの均衡はそれほど危ういものなんだもん。

リザ「簡単に倒れるな!」
ヒロ「そんなこと言ったって〜(泣)」

あ、イライラリザさんのパンチに耐えられなったサンドバックが破けたよ。
でもって、ヒロくんを代わりに使うんだけど、言うまでもないよね。(笑)

リザ「気分転換にもならねぇ〜。
   もっと歯ごたえになる奴はいないのか!
   打たれ強くてパワーがあるやつだ。」


えっと、だったら最初っからヒロくんを使うことに間違いがあるんじゃないかな。(笑)
あ、まあ、半不死身だから、打たれ強くはあるか。パワーはないけど。

なので、フランドルを提案するヒロくん。
でも、打たれ強くてパワーがあるけど、格闘が出来ないから却下。
それなら、格闘もできるフランシスカならと提案するヒロくん。

      リザ「シャーウッド姫にフランシスカを貸してくれと頭を下げるのか?」
シャーウッド姫「おーほっほっほっほっ。
         フランシスカを貸して欲しくば、土下座をして頼むがいい。」

  フランシスカ「ふが」

あはは、確かにシャーウッド姫さんなら言いそうですね。
でも、ヒロくんが頼んだら、簡単に承諾してくれそうなんだけどね。(笑)
ともかくリザさんのプライドが許さないので却下。

思えば知り合いが少ないヒロくん。てか、みんな人間じゃないし。(苦笑)
どんどん不機嫌になっていくリザさんに苦し紛れに口にした名前は・・・。

リザ「令裡だとぉ!!!」

吸血鬼と人狼族は敬遠の中と言われるほどだもん。
さらにリザさんが令裡さんを毛嫌いしてますからね。
問題外のさらに外だということで当然却下なの。

令裡「くしゅんっ!誰かわたくしの噂でもしているのかしら。
    魅力的すぎるのも困ったものね。うふふ♪」


噂された瞬間、可愛いクシャミをする令裡さんが壺。
ナルシスト気味な発言な令裡さんが可愛いの。

他に知り合いがいないヒロくんにはもう誰も思いつかないの。
やっぱり、ヒロくんの知り合いに人間が誰一人いないのが寂しいね。
そっか、ヒロくん自身がもう人間じゃないのよね。本人忘れてるけど。

   リザ「あたしの相手はここにいる。
      つーか!なんでみんなついてきてんだ!」

    姫「気にするな」
フランドル「ふが」
   ヒロ「あ、は、は、は・・・」

リザさんは、自分のトレーニング相手になるような、
打たれ強くてパワーのある相手を求めてやってきたのは、
壊された別荘があった湖、そう半漁人たちの住処なの。
えっと、確か第4話「暴走王女」の話だったと思う。

kaibutu16_002.jpg

ちゃっかり、姫さんもヒロくんとフランドルと一緒について来ちゃいました。(笑)
しかも、半漁人さんたちが総出でお出迎えなの。おや「Welcome RIZA」だって。

半漁人達「「「いらっしゃいました♪ 姫さま〜♪」」」

もちろんリザさんを出迎えたのは、以前リザに破れてから彼女に恋しちゃった。
巨大な半漁人さん、「ポセイ・どん」。相変わらず面白い名前だよね。
頬を赤く染めちゃって、可愛くリザさんにアピールしてるよ。(笑)
で、リザさんの相手になる奴っていうのが、このポセイ・どんさん。

ポセイ・どん「イタイよ〜♪ とってもイタイよ〜♪」
    リザ「えーい!本気をだせ!本気を!」
ポセイ・どん「出してるゲロ。えい、えい。」(リザさんをつんつん)
    リザ「え〜い!この役立たずが!」

リザさんに殴れまくってるポセイ・どん。なんかとっても幸せそう。(笑)

「壊れた別荘を建て直したそうだな。」

リザさんとポセイ・どんが戯れているころ。
半漁人の長は姫さんを、以前破壊してしまった別荘へ案内するよ。
あ、シルエットしか見えないけれど、半漁人の長は自慢げなの。
でも、なんだか姫さんの目が鋭くなってきてる。(笑)

目の前に現れた再建された別荘は・・・。
屋根が魚なの。ちょっとこれは嫌だね。
これじゃ、人間の作った別荘とは言い難くて不味いんじゃないの。
やっぱり、別荘はこぢんまりとしたコテージがいいかも。

そんな新別荘の部屋の中には魚介類のオブジェが。
なんだろう、このお間抜けなタコとクラゲっぽいのすっごく可愛いよ。
なんかキラキラって自己主張してるよ。一つ欲しいな。
と思ったら、これシャンデリアでした。(笑)

でも、姫さんは笑ってないの。不機嫌度上昇中!

ヒロ「うぇ!?」
 姫「なんだこれは?」

ヒロくんも驚くその物体とは、半漁人たちを象った焼き物なの。
その中に、一際目立つのを発見。あ、半漁人の長のだね。

半漁人の長「お気に召しましただか?
        わしが精魂込めて作りましたプレミア物ですじゃ。」


プレミア物に反応したイライラ姫さん。
無言で窓の外へ投げ捨てちゃった。(笑)
確かに自己主張の激しい物なんて要らないよね。
あ、別のもジッと見てた姫さん。また捨てちゃった。(笑)
「ああ」って気落ちする半漁人の長が可愛い。

半漁人の長「ギョー!」
     姫「なんだ?」

その後も、次々と捨てていくんだけどね。(笑)
名誉挽回のつもりなのか、こんどは地下室を案内するって。

kaibutu16_003.jpg

やっぱり湖にくると水上バイクで走るリザさん。
ふにゃふにゃのポセイ・どんは全然トレーニングの役に立たないの。
なので、憂さ晴らしに水上バイクで湖を走り回ってるよ。
捨てられていじけてるポセイ・どんが笑えます。
あ、砂浜に、あの巨体で器用に相合い傘を書いてるよ。
おや、リザさんの似顔絵上手いね、可愛くかけてるの

リザ「殺し屋と名高い鮫族がこんな所で何をしている!
    やろうってのか、おもしろい!」


突然、リザさんの前に現れた鮫族のアロンと、
水上バイクでどっちが早いか競うことに。
どう見ても、このアロンって人、冒頭で姫さんを襲った刺客に見えるんだけど。
だぶん、ターゲットである姫さんを追ってきたんだろうけど、
リザさんを知っていた素振りだったしね。
なんの目的でリザさんに接近してきたのかな。

鮫=水生生物だけに水上バイクの操縦も上手いみたい。
リザさんを軽く圧倒してるの。そんなんでムキになったリザさん。
さらに加速しますが、前を走るアロンが急旋回。
リザさんが気がついたら目の前には大岩があって・・・。

地下室に案内された姫さん。
そこは薄暗くて、ジメジメしてて、
うっすらと霧が立ち込めてきそうな感じの所なの。
まるで鍾乳洞みたいだよ。(笑)

半漁人の長「お、お気に召しませぬだか………。
        この素晴らしい湿度が………。」


あ、姫さんの目の下に影があるよ。
姫さんじゃなくても、ジメジメして、暑くて、息苦しとこなんて嫌だよ。
半漁人の長を見据える姫さんの目がだんだん細められて・・・。
これはそうとう怒ってるなぁ、って思ってるヒロくんと、フランドルちゃんが壺。
だんだん青ざめていく半漁人の長に、姫さんがガンを飛しました。(笑)

確かに、別荘を再建してくれたのはいいけれど、別荘と言うより、半漁人の家だもん。
再建するなら、勝手に改造しないで元通りに復元しなきゃね。(笑)

とその時、別荘に爆発音が響いてきたよ。

ポセイ・どん「大変だギョ!」

どうやら、リザさんあのまま大岩に衝突したみたい。
気を失ったリザさんが湖の底に沈んでいくの。
もしかして、アロンの目的はこれか?と思ったら、
彼女はリザさんを助けてくれたよ。どういうことかな。

半漁人の長「おまいら、姫様のご友人を早く見つけるだ!」

ポセイ・どんやヒロくん、それに半漁人たち総出で探すんだけど、
夕暮れになっても見つからず、姫さんは遠くを見据えるように神妙な面もちのまま。
何か感づいてるのかな。フランドルちゃんだけは、そんな姫さんが心配そう。
てか、フランドルちゃんには無言でも姫さんの感情の違いが分かるみたい。

kaibutu16_004.jpg

アロン「怪我は無いようだ。丈夫だな。」

気がついたリザさんの顔を上げさせるアロン。
同姓なのに、顔が近づきすぎて頬を染めるリザさんが可愛い。

アロン「心配するな。私は人妻にしか興味がない。」

そんなリザさんの気持ちは読まれちゃってて先に言われちゃった。
けど、人妻にしか興味がないって、それはそれで問題と思うんだけど。(笑)

アロン「似ているな、リザ。リザ・ワイルドマン。やはりな。
     お前の兄。ロボ・ワイルドマンの友人だ。私はアロン、宜しくな。」


そんなアロンさんは、亡きリザさんのお兄さんの友人なんだって、
リザさんの名に反応したのも、リザさんに背食したのも接触したのもその為みたい。
見た感じ、悪い人じゃなさそうなんだけど・・・どうなのかな。

姫さんのお屋敷の晩餐会に呼ばれたシャーウッド姫。

紗和々「お嬢様も、ヒロもリザちゃんも、どこかへ出かけてしまったの。
     でも、お料理はいつも通り沢山作っちゃったから、全部食べていいのよ。」


どこかへ出かけたって、姫さんたち行き先を伝えなかったんだね。
料理を作ってくる人に迷惑がかかるから、ちゃんと連絡はしなきゃだめだぞ。
それにしても、スッゴイね、この料理の数々。まるでプロのシェフみたいなの。

シャーウッド姫は、ヒロくんがいないのが不満そう。
さらに、こんだけ沢山の料理を食べるのはシャーウッド姫只一人。
一応、パンダのリュウリュウいるけれど、ササだもんね。
あれ?他の二匹はどうしたんだろう。(笑)

ぐぅ〜ってお腹の虫が鳴いちゃって恥じらいを見せるシャーウッド姫がなんかいいな。

アロンとロボ。
リザさんの兄、ロボとアロンさんは軍隊で知り合ったらしい。
それなりの感情というか、信頼というか、友人関係なのは確かみたい。

アロン「私も別の王族の親衛隊に選ばれ、
     随分長いこと会っていないが、ロボは元気にしているか?」


リザの口から兄の死を聞いて驚いていたみたいだから、
ロボが死んだことを知らなかったみたい。

 リザ「兄貴は、王族の誰か知らないが、私を人質に兄貴をそそのかして」
アロン「ロボが主君に牙を向けたか・・・。
    だが、ロボは姫様を殺すつもりは無かったのだろう。
    最初から姫様に倒されるつもりだったんだ。
    戦士にとって、主君は絶対の存在。
    アイツは真の戦士だった。」


淡々と話すアロンさん。
でも、その言葉って刺客として来ているアロンさんにも当てはまることで、
まるで自分にも言い聞かせてるみたいなのが悲しい。
だから、衝撃的なことでも狼狽えたりはしない。
戦士をやっていく以上、感情の半分は殺してしまっているのかも。

ロボ「誇りを持て、リザ」

大好きだった兄の言葉を思い出して、涙ぐむリザさん。
いつも威勢を張っているけれど、誰にでも弱い部分はあるもの。
兄の知り合いだと知って、思わず弱い部分を出しちゃった。

 リザ「わたしの為に・・・」
アロン「泣くな、リザ。リザはそれほどロボに大事にされていたんだ。
    アイツらしいや。胸を張れ、誇らしい兄じゃないか。」

 リザ「・・・」
アロン「それでいい。」

兄の死が自分の為だと思ってるリザさん。
戦士ということもあって、口調は淡々としてるけれど、
一生懸命、リザさんを元気づけようとしているの。
強くて優しい人だ。

でも、この言葉って、ロボのことをよく知っていないとなかなか出ないよね。
アロンさんにとってもロボは特別だったのかもしれない。

そんなシリアスな雰囲気をぶちこわしてくれたのは、ポセイ・どん。
リザさんを見つけて嬉しそう。殴られてうも嬉しそうなのがおかしいよ。(笑)

kaibutu16_005.jpg

別荘の窓から、すっかり日が落ちた外を見つめてる姫さん。
その姫さんを傍らでずっと見守ってるフランドルが気になるの。

ヒロ「リザが見つかったよ。良かったね姫。」
 姫「フンッ」

リザさんが無事だと聞いたら振り向いたりして、
無愛想だけど心配してたのがわかるの。
プライドがどうとかというか、誰にも素を見せたくないものだから、
素直に心配してたって言えないのね。(笑)

ヒロくん達の前では、けっこう表情が動くようになったんだけどなぁ。
あ、そうえいば、特に半漁人たちの所に来てからはずっと無愛想なの。
やっぱり、王族の一人として威厳を保つのも大変だってことだね。

無事だという知らせは届いたけれど、なかなか帰ってこないリザさん。
そのリザさんはアロンさんと武術の稽古をしていたよ。
一緒にいた、ポセイ・どんは、なんか既に伸されてました。(笑)

アロン「いい筋をしている。兄譲りかな。
    お前はもっと強くなれる。ロボのように。」

 リザ「兄のように・・・そうか!そうか!よーし!」

なんだかアロンさんも楽しそう。
彼女に兄みたいに強くなれるって言われて、
自信がついたのか、稽古に励むリザさん。
せっかく仲良くなった二人だけど、アロンさんって刺客なんだよね。
まだリザさんは知らないけれど、なんか悲しい結末になりそう。

おや、一晩中稽古をしていたんだね。

 リザ「会えて良かった。」
アロン「リザ、ロボの分まで・・・・」

何かを言いかけてやめちゃったアロンさん。
なんか、死亡フラグみたいでやだな。

ただの挨拶だって言って、リザさんの頬にキスをするアロンさん。
「人妻にしか興味がないって言ったのに」って狼狽えるリザさんが可愛い。
もしかして、アロンさん。リザさんを通してロボを見ていたのかな。

     リザ「また会えるかな」
ポセイ・どん「また会えるギョ?」(リザの視界を遮る)
     リザ「知るか〜!」
    アロン「必ず会える・・・」

でも、次に会うときは刺客として・・・なんだろうな。
それにしても二人に割り込むポセイ・どんがちょっと邪魔に感じた。(笑)
一々相手にするリザさんもリザさんだけどさ。(笑)

すっかりスッキリしたリザさんは屋敷へ帰ることに、
もちろん、姫さんたちも帰るので半漁人達総出でお見送りです。
帰ったそうそう姫さんは紗和々さんの入れた紅茶を・・・。(笑)

ヒロ「湖から帰ってきて、ずいぶん張り切ってるね、リザ。」
リザ「兄貴のように強くなれるって言われちゃーな。」

兄のことを知る人物に言われたことがリザさんの力になったみたい。
なんか、イライラも消えて良かったの。
アロンさんもう少し登場させていいかもしれないそんな風に思ったよ。

ところで、腕立てをするリザさんにヒロくんが重しとして乗ってるのだけど。
なんか見ていた笑えてしまうよ。てか、何かとヒロくんを使うよねリザさん。(笑)

令裡「あらあら、お馬さんごっこかしら。」
リザ「令裡!」
令裡「四つんばいだなんて、犬にはお似合いですわね。」
リザ「この吸血鬼が!」
令裡「あら、やるきかしら」
リザ「上等だやってやる。かかってこい!」
令裡「いいでしょ。手加減しませんことよ。」
ヒロ「あの・・・二人とも・・・」

なんかいつもよりスッゴイトゲがあるような感じな令裡さん。
ヒロくんを巡った女の戦いが始まる!・・・なんちゃって。(爆)
だって、ヒロくん、みんなとフラグ立てちゃってるんだもん。

お部屋で紗和々の紅茶を楽しんでいた姫さん。
外の突然のバトルに気づいたけど、その紅茶って何杯目ですか?
令裡さんが来たってことで新たな紅茶を入れる紗和々さんが壺。

「リザの気分転換ができたなら結構なことだ。」

姫さんの懸念事項もスッキリして良かったね。

ヒロ「あ〜あ〜あぁぁ」
 姫「フフン」

その直後、姫さんにも聞こえたヒロくんの悲鳴。(笑)
背後の窓の外には、回転しながら飛んでくヒロくんの姿ありました。
もしかして今笑ったのは、ヒロくんに対してなのかな。?

今日はこれで終わってもいいかなって思ったんだけど、
やっぱり時間が残ってるんだよね・・・嫌な予感がするよ。

kaibutu16_006.jpg

  姫「先日と同じ刺客だな。」
アロン「姫様、ご覚悟を」

予感的中というか、早すぎるような気がする悲劇。
真夜中に姫さんの部屋に現れる刺客はアロンさん・・・。(苦笑)
やっぱり強い、姫さんだけじゃヤバイかも。

「なかなかやるではないか、兄弟の誰の手の者だ
  聞いたところで答えるわけがないか。」


それにしても自分の親衛隊まで捨て駒にする気なんだね。
相変わらず、兄貴達のやり口は汚いの。

大きな物音に気づいたリザさんが直ぐさま駆けつけますが・・・。
あ、アロンさんが一瞬だけ狼狽えてる。
そりゃそうだよね。一晩とはいえ、せっかくリザさんと仲良くなったのに。
それも、友人だったロボの妹なんだもん。
そのロボがどんなに妹を大事にしていたかも知ってるの。

姫さんに攻撃を続行するも・・・てか、態とはずしたような。
破壊された壁の土煙を煙幕に、その場から立ち去るアロンさん。

後を追うリザさんだけど・・・。

ヒロ「姫!」
 姫「遅いわ!」

送れてやってきたヒロくんに、心持ちおっきな声の姫さんが珍しい。
アロンとリザが知り合いらしいと知って複雑な気持ちなんだろうね。

やっぱり、圧倒的にリザさんよりも強いアロンさん。
湖でリザさんと会った時とは打ってかわって、戦士らしい厳しい口調で、
この程度の力で王族と守ろうとしてることを罵ったり、
命令で姫さんを殺しにきたことも話します。

どれもこれも、リザさんに本気で戦わせようとしてるみたいだけど・・・。

アロン「どうして戦わない」
 リザ「アロン、やめてくれ!」

アロンさんと戦いたくないリザさん、
でも主君の命令は絶対だという悲しき宿命のアロンさん。
戦わないならリザさんを倒して姫さんも倒すだけだと。

アロン「お前は何のために戦っているのだ。」

その頃、姫さん達は・・・ヒロくんがリザさんの元へ全力疾走だよ。
ヒロくんが行っても役に立たないような気がするけどね。

リザ「あたしが戦う理由、それは兄貴の仇を取るためだ!」

リザさんの決意の宣言を聞いたアロンさんは、最後の攻撃に出ます。
てか、近くにロボの墓標があるってことは・・・この場を選んだアロンさんは・・・。

kaibutu16_007.jpg

ヒロ「リザ!」

ヒロくんと姫さんが追いついたときには・・・・。
二人の戦士の戦いはリザさんの勝利で終わりました・・・。(苦笑)

アロン「その思い忘れるな・・・」
 リザ「アロン、どうして?」

リザさんよりも圧倒的に強いアロンさんが負けた理由・・・それは・・・リザさんのためでした。

アロン「主君の命令は絶対だ。
     これでいい・・・これも運命・・・王族に仕えた者の宿命。」


逃れられない運命。
リザさんの戦う理由を聞いて自分が障害にならないように。
そして、己の戦士としての誇りを貫いたのでしょう。
とはいえ、姫さんの所だったら何とかなったかもしれないのに。
もう少し早く姫さんがこの場に到着してたり、
もっと前に気づいていればと思うと残念です。

アロン「ロボの仇を打て、私の分まで・・・お前はもっと、もっと強くなる。」

アロンさんがリザさんに託したのは、ロボの名が刻まれた一枚のプレートなの。

それは、王家に使えることになったロボが、
過去を捨てるためにアロンに託した物でした。

王家に仕える、それは己の人生を捨てることを意味してるのかな。

アロン「ロボ・・・」

最後にロボの名を口にしたアロンさん・・・、
少なからず彼女はロボに特別な感情を持っいたのかも。
戦士の誇りのために死す・・・バカらしい結末なの。

リザ「アロン!!!」

せっかく、兄のことを知る人物と会えたのに、刺客として現れたが為に・・・、
こんな別れ方は辛すぎるのです。悲しすぎるのです。

リザ「くっそ! 王座を巡る戦いなんてクソくらいだー」

ずっと声も掛けられずに無言だった姫さん。
リザさんの言葉と同時に、無言のまま、屋敷へ帰っていくの。
表情も見えず後ろ姿だけしか見えないけど辛そうな感じだったよ。
リザさんの言葉は、王族の一人である姫さんには酷だよ。

姫さんも姫さんで逃れられない運命にあるんだよね。
本人が戦いを望まなくても、王位なんて興味がなくても、穏やかな日々を望んでも、
兄妹で殺し合い、生き残った者だけが王座を継ぐなんていう、
ほんとうに馬鹿みたいな仕来りあるために、それは望めない。
てか、姫さんが生き残る手段は、勝ち残って王になるしない?

ヒロ「時々忘れそうになる。
   姫は常に戦いの中にいるとうことを、
   そして、僕と、リザも・・・。」


忘れていた頃に、本筋を思いさせてくれた話でした。
それにしても、アロンさんのキャラは使い捨てにするには勿体なかった気がしたよ。
まさか、悲しい結末に不覚にも涙腺が緩んじゃうとは・・・。

さて、次回の怪物王女は「年増王女」だって、
予告でフランドルに年増について力説してるヒロくんが笑えます。
江戸時代は二十歳前後で年増だったとか言っていたら、
なぜか、最後に姫さんが噛みついてきた。(笑)


  にほんブログ村 アニメブログへ

  
  

おすすめリンク:
 TBSアニメーション 「怪物王女」公式ホームページ
 「少年シリウス」オフィシャルサイト
 怪物王女 Wikipedia (ウィキペディア)

怪物王女(全4巻)
シリウスKC
著者:光永康則
出版社:講談社
本体価格 2,075円 (税込 2,179)
怪物王女(1)
シリウスKC
著者:光永康則
出版社:講談社
発行年月:2006年01月
本体価格 514円 (税込 540 円)
怪物王女(2)
シリウスKC
著者:光永康則
出版社:講談社
発行年月:2006年05月
本体価格 514円 (税込 540 円)
怪物王女(3)
シリウスKC
著者:光永康則
出版社:講談社
発行年月:2006年12月
本体価格 514円 (税込 540 円)
怪物王女(4)
シリウスKC
著者:光永康則
出版社:講談社
発行年月:2007年04月
本体価格 533円 (税込 560 円)
怪物王女(5)
シリウスKC
著者:光永康則
出版社:講談社
発行年月:2007年08月23日
本体価格 533円 (税込 560 円)
怪物王女
OFFICIAL FANBOOK KCDX

著者:光永康則
出版社:講談社
発行年月:2007年08月23日
本体価格 850円 (税込 893 円)
怪物王女 2008年カレンダー
出版社:講談社
発行年月:2007年11月
本体価格 1,714円 (税込 1,800 円)
ALI PROJECT 「BLOOD QUEEN」
TVアニメ「怪物王女」オープニングテーマ
発売日: 2007年05月09日
販売価格:1,143円 (税込 1,200 円)
savage genius 「跪いて足をお嘗め」
TVアニメ「怪物王女」エンディングテーマ
発売日: 2007年06月13日
販売価格:1,143円 (税込 1,200 円)
ハンガリー民話集
岩波文庫
著者: ジュラ・オルトゥタイ /徳永康元
出版社: 岩波書店
サイズ: 文庫
ページ数: 434p
発行年月: 2006年01月
本体価格 860円 (税込 903 円)


posted by しおん at 01:35| Comment(0) | TrackBack(14) | 怪物王女(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

怪物王女 16話「継承王女」
Excerpt: '''今回はリザがメインの回ですな〜''' ==== ってかリザの兄であるワイルドマンが凄ぇ〜美化されすぎなんですけど…w ==== ..
Weblog: 時空階段
Tracked: 2007-07-28 20:21

怪物王女 第16話「継承王女」
Excerpt: 王座を巡る争いの犠牲になったリザの兄ロボ。 リザは姫の傍にいるのに、いつまでも仇が討てず焦りを感じる。 ヒロじゃだめだし練習相手を求め、いつかの半魚人の湖へGO! そこで出会ったのが殺し屋と名高..
Weblog: SERA@らくblog
Tracked: 2007-07-28 21:02

怪物王女・第16話
Excerpt: 「継承王女」 侵入者の襲撃を受けたリザ。ここ一番で助けに入ったリザによって、その
Weblog: たこの感想文
Tracked: 2007-07-28 21:04

怪物王女 第16話 継承王女
Excerpt: リザは欲求不満※あらすじ姫の命を狙って現れた刺客を退かせた姫とリザ。けれど、兄の復讐の為、姫と共に居るリザにとっては、いつまでたっても仇に辿り着けないもどかしさが、募るばかりであった。 焦るリザは、ト..
Weblog: 極上生徒街-Euforia-
Tracked: 2007-07-28 21:57

怪物王女【第16話】「継承王女」
Excerpt: 姫を襲う刺客を退けたリザ 最近物足りなくなったのか不機嫌になっていた 修行の相手を探しに半魚人のいる村にやってきた そこで兄の知り合いだったというサメ族のアロンに会う そのアロンもまた他の王族に使え姫..
Weblog: フカヒレ家
Tracked: 2007-07-28 22:48

怪物王女 第16話
Excerpt: 第16話『継承王女』
Weblog: 沖磨純雲 -おきまもとん-
Tracked: 2007-07-28 23:00

怪物王女 第16話
Excerpt: 「継承王女」 リザが主役のお話でした〜 刺客アロンが「人妻にしか興味がない」とい
Weblog: Brilliant Corners
Tracked: 2007-07-29 08:01

怪物王女 第16話 「継承王女」
Excerpt:  ↓ 人妻専門百合(レズ)のロボにキスされ、赤くなるリザ。    
Weblog: AMのアニメ感想日記
Tracked: 2007-07-29 09:10

怪物王女 第16話 「継承王女」
Excerpt: アニメ名:怪物王女話  数:第16話タイトル :「継承王女」 評  価:smash:★★★☆☆
Weblog: アニオタライフ - アニメ評価・アニメ感想
Tracked: 2007-07-29 14:27

+怪物王女【16】+
Excerpt: 第16話「継承王女」     ・・・新たな刺客は・・・綺麗系はお姉さん?   なんか懐かしい魚人が再登場! リザさんにメロメロな子は より一層変態になってたwwあはははw   ってこ..
Weblog: ウタウタイ☆アニメ館
Tracked: 2007-07-30 05:42

レビュー・評価:怪物王女/第16話 「継承王女」
Excerpt: 品質評価 0 / 萌え評価 16 / 燃え評価 0 / ギャグ評価 0 / シリアス評価 0 / お色気評価 0 / 総合評価 2<br>レビュー数 6 件 <br> <br> 姫の命を狙って現れた刺客を退かせた姫とリザ。け..
Weblog: ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
Tracked: 2007-07-30 15:59

怪物王女
Excerpt: 先週に引き続き、よく解らない展開。 無駄にアニオリを入れるなら1クールでもよかったんじゃ…?とも思わざるをえない感じです。 半漁人がここで再登場です!!そして名前あったんだ!!(ポセイドン) ..
Weblog: リボンとドクロと田舎娘
Tracked: 2007-08-01 23:37

怪物王女 第十六話
Excerpt:  一向に兄の仇が見つからず、苛立つリザ。憂さ晴らしに湖の巨大魚人と手合わせにいく
Weblog: ぶろーくん・こんぱす
Tracked: 2007-08-02 07:31

怪物王女 第16話
Excerpt: [謎の刺客が姫を襲うが、リザとヒロがかけつけるとすぐに退散した。だがリザは兄ロボ・ワイルドマンの仇になかなか出会えぬため苛立ちを感じていた。トレーニングの相手を求めて、半漁人たちの湖へと再訪するが、そ..
Weblog: ルナティック・ムーン
Tracked: 2007-08-19 01:50


詩音の枝折りのトップへ


  頂いたTBについて:

  TB大歓迎ですので、お気軽に送ってくださいね。
  ただし、その記事と関連のあるものでお願いします。

  それから頂いたTBは、管理人(詩音)の時間が許す限り、
  全ての記事に目を通してから返させて頂いています。
  ですので、反応が遅いと思いますが気長にお待ちくださいね。
  それでも返ってこないときは・・・エラーかも。(汗)
  一部のサイト様では、こちらからのTBがエラーになることが
  増えてきていたりするので・・・。(苦笑)

  2月になって、FC2さんでホンの一部が、
  一番酷いライブドアさんは・・・全滅!?



  このブログのRSSはこちら。

  RSS1.0 http://yuuutuna.seesaa.net/index.rdf
  RSS2.0 http://yuuutuna.seesaa.net/index20.rdf



  掲載中の著作物について:

  当ブログに掲載しているキャプチャー、
  本の表紙、CD、DVDのジャケット画像などの著作物は、
  その作品の研究、検証のために使用しています。
  著作権については、それぞれの作品側にあります。

  なお、内容等に問題があり、著作権者からの申し出があった場合、
  直ちに対処させていただきます。



ロリポップのドメインは選べる全85種類!! さくらのレンタルサーバ・ビジネス プロ
安心しておすすめ!ファーストサーバ インターネット取引するならマネックス証券
◆5大特典◆BIGLOBE光の入会キャンペーン実施中 バイク保険オンライン加入
あなたの写真が簡単な操作で美しく生まれ変わります。 ウイスキーの購入ならサントリーオンラインショップ【E-liquor】
オークションを楽しむなら!「Yahoo!ネットバンキング決済連携サービス」 オートレース 投資信託 ちょこっといいことプログラム

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。