2007年05月18日

怪物王女 第6話「同盟王女」 感想です。

怪物王女 第6話「同盟王女」 2007/5/18 1:59 TBS 感想です。

ストーリー:

姫と紗和々の命により商店街へ買い出しに出ていたヒロ。
黒いワンピースを着た少女と長身のメイドに出会い、
少女は地図の示す場所へ案内しろという。
また姫の命を狙う者ではないかと疑ったが、結局案内させられてしまう。
その少女は姫の末の妹のシャーウッド、長身のメイドはフランドルの妹フランシスカ。
王族の子供達は兄弟同士で殺し合い、残った最後の一人が王になるという運命だという。
末の姉妹が生き延びる為には、どうしても同盟を結ぶしかないというのだが、
妹の申し出に不審を抱いた姫は、同盟を結ぶのを断るのだった。
次の日、姫たちは巨大食虫植物トリフィドに屋敷ごと食われようとしていた。
トリフィドは日中にしか生きられないことを知っていた姫だが、
手っ取り早く屋敷ごと焼き払うことで難を逃れる。
吸血鬼の令裡から得た情報を元に妹の元へ出向く姫。
「目には目を、トリフィドにはトリフィド、を」と夕暮れ時を狙い食虫植物を放った。
途中、お人好しのヒロがシャーウッドを庇い食われてしまうというアクシデントがあったが、
これは日没までにシャーウッドが生き残れるかどうか賭をしたと言う姫。
姫は妹が賭に勝ったとし、改めて同盟を結ぶのだった。
………というお話。

レビューな感想:

シャーウッド「ここに行きたい案内せい!」

道を尋ねてるのに偉そうな態度なのは、さすが姫の妹って感じですね。
それにしても、この衣装だと普通の商店街だと目立ったことでしょう。
なのに誰も気にしていない様子の商店街の人たちが素敵すぎます。(笑)
シャーウッドが持っていた地図。
この、ものすっごくアバウトな地図は誰が書いたものなのでしょうね。
恐らく、この地図を書いてくれた誰かであることは確かでしょうけど、
目的地のドクロマークがなんとなくお茶目に見えるのでした。

kaibutu06_001.jpg

リザ「シャーウッド…王族…」
 姫「リザ、そいつは違うぞ。」

相手が王族だと言うだけで、兄の敵だと突っ込んで行くリザさん。
姫が違うぞって言ってるのに暴走してて全然聞いてくれないの。
でも、簡単にフランシスカに攻撃を受け止められて投げ飛ばされちゃってる。
リザは、もうちょっと考えてから行動した方がいいかもね。(笑)
ところで、やっぱり人狼よりも人造人間のパワーの方が上なのですね。
それとも満月の夜じゃなかったからかな。
で、このフランシスカも「ふが」としか話せないのですね。
他の人造人間もみんなそうなのかな。

ヒロ「リザ…重い………」

黙ってても不幸に巻き込まれるヒロくん、
なので口を開くとさらに不幸になるんです。
でも、女の子にそんなこと言っちゃダメですよ。
ほら、さりげなく殴られちゃってます。(爆)

この後、ちょっとだけ散乱した買い物袋の中身の方が気になったり…。(笑)

リザとフランシスカの間に割って入ったかのように見えたフランドル、
ありゃま、問答無用で投げ飛ばされちゃいました。幼児虐待禁止!って違う。
フランシスカにって姉という認識はあったのかな………。
パワーはお互い互角みたいですね。でも繊細さはフランシスカの方が上みたい。
このままガチンコ勝負になるのかなぁと思ったら、姫さんとシャーウッドちゃんが止めました。
なんか珍しく姫さん、ため息を漏らしてました。

   紗和々「宜しくね。シャーウッドちゃん。」
シャーウッド「無礼者!ワタクシのことはシャーウッド姫と呼ぶがいい!」
   紗和々「わかりました。シャーウッドちゃん。」

ある意味、紗和々さんって最強かもしれない。
何かと危険からから自然に遠ざかってるし。(笑)
さすが天然娘です。でも出番が少ないの。

その頃のリザさん。違うって言われたのに、そのことで頭が一杯。
彼女って猪突猛進というか、お馬鹿さんキャラなんだね。

シャーウッド「お姉さまと同盟を結びにきたのです。」
      姫「立前はけっこうだ。つまり、安穏と私の庇護下に収まるか。
        味方を装い寝首をかきに来たか。どっちだ?」


兄弟同士で殺し合う………悲惨な状況なのです。
これって、王位継承権を放棄するとかではダメなのかな?
もしそれが可能だとすれば、兄兄弟に命を狙われなくて済むのに。
シャーウッドちゃん、可愛い顔して平然と泣き真似までやってくれました。
しかも、バレちゃっても平然としてるよ。
これじゃやっぱり信用できないし、油断できないよね。(苦笑)

フランシスカ「ふが」
シャーウッド「いいのだ。
        最初からお姉さまが交渉の話を受け入れるとは思っていなかったのだ。
        結局は戦の定めから逃れられないということだ。」


なぜなの〜。フランシスカとシャーウッド、「ふが」で話が通じてるよ。(笑)
ふ〜ん、こう思っていたってことは少しは争いから逃れたいのはホントみたい。
まあ、確かに運命ですからとか言われ殺されたくないですもんね。
そう思った矢先、何かを仕掛けて帰りましたよぉ……。

令裡「姫様の妹?その子の血も美味しそうね。」

本日の令裡さん。
この人、ちゃんと屋敷へ出入りする不審者を監視してくれたんですね。
てゆーか、覗きですか?
なんか今度はシャーウッドの血を狙ってるみたいですし。

kaibutu06_002.jpg

紗和々「お嬢さまぁ〜買い物に行って参りま〜す。」

すごいよ紗和々さん!
庭の掃除中もそうですけど、出かけるときなんか、屋敷を変な植物が絡みついてますよ。
あきらかにおかしいのに、全然気づいてないの………。

で、ヒロが学校で令裡さんに誘惑されている頃。
姫さんたちは巨大食虫植物トリフィデに襲われてました。
うわぁ、これがシャーウッドが仕掛けた物なんですね。
交渉決裂したら姉をあっさり殺そうとしますか………、
同盟結んだら結んだらでいつ裏切られるかわからないですよね。

今日の戦う姫さん。今日の武器はエンジン式芝刈り機です。
リサは、爪で切り裂いていたようでしたが、切っても切ってもキリのない蔓に捕縛されちゃった。
なんか、前回からリサさん、良いところがないですね。
ま、いまのところ三日月みたいですからね。

ところで、ブランドルも捕まってるのに、どうして姫さんだけは無事なんだろう。(笑)

 姫「絞め殺されずに済んだなリザ。」
リザ「てめぇ、私が切り裂かれてもかまわなかっただろう!」
 姫「………」
リザ「否定しろ!」

リザに絡まる蔓をエンジン式芝刈り機で切り裂き救出。
姫、なにげにリザで遊んでません?リザもあまり怒らないし。
てか、余裕じゃんお二人さん。でもこれって、姫が捕まってたらできないよね。
あ、姫の命令でフランドルがパワー押しで脱出。凄い力なのです………。
しばらしして、戻ってきたフランドル。
なにやら、天然って書かれたボンベを持ってきました。
中身はだぶん天然ガスかな。

食虫植物は日の当たる時間しか生きられないって言ってたのに、屋敷ごと爆破しちゃいました。
ちょうど帰って来たヒロも巻き込まれていたみたいだけど。なんて間の悪い主人公なんだか。
ま、あっさり復活してるんで大丈夫そうでしたけど。こういうとき半不死身って便利だね。
その頃の紗和々さんは……またパフェ食べてます。(笑)

kaibutu06_003.jpg

「目には目を、トリフィドにはトリフィドを、だ。」

令裡さんから妹の情報を得た姫さんは、妹が仕掛けた方法と同じ手段で復讐です。
ヒロくんは可哀想だよって言っているけど、シャーウッドは姫を殺そうとしたんだもんね。
ちょっとはお仕置きしないと。それにヒロくんは知らないし気づいていないけれど、
日が沈む直前みたいだし、トリフィドの残り活動時間は後わずかなんだよね。
前夜に仕掛けたシャーウッドとは全然違うってわけ。
これは姫さんなりの優しさなのかも。

「お人好しが…」

ヒロも頭ではわかっていたようですが、気持ちが先行してシャーウッドを助けに行っちゃいました。
なんとなく姫さんの表情に揺らぎが見えたような気がしたのは気のせいかな。

シャーウッド「…なんて勇敢な若者…」

めちゃくちゃ弱い主人公ヒロくん、シャーウッドちゃんを庇い、トリフィドに食べられちゃいました。(笑)
そのかわり、なんかシャーウッドちゃんにフラグが立っちゃったみたいなんですけど…。
でも、勇敢な若者………って、シャーウッドちゃんって何歳?ま、人じゃないから………。
と、まぁ…そんなことがあって、ちょうど日没を迎え崩れゆくトリフィド…………。
あ、今回は珍しく無傷で生還したヒロくんでした。
     
とりあえず、晴れて同盟を結んだ姉妹でしたが、抱擁中に妹の態度が変わった瞬間、
姫が動揺の表情を浮かべたように見えたのが珍しく、貴重な一瞬だったかも。

次の日。お屋敷が再建中だよ。資金はどうしてるんだろう。
シャーウッドちゃんがヒロを自分の家来1号にするとか言ってました。
姫さん最初は渋ったものの、あっさり認めるような発言を…。(笑)
でも、これがなんかの複線だったら面白そうなんだけどね。

それに、なんか回を重ねるごとに気づかない程度の表情と仕草の変化を見せる姫さん。
作画の崩れなのか、少しずつ感情を表に出すというスタッフの意図なのかまだわかりませんが、
どっちにしても気になるところです。よ?く気にしてないとスルーしちゃうんだけどね。

次回、「電撃王女」夜の病院のお話みたいです。


 にほんブログ村 アニメブログへ

 
 

おすすめリンク:
 TBSアニメーション 「怪物王女」公式ホームページ
 「少年シリウス」オフィシャルサイト
 怪物王女 Wikipedia (ウィキペディア)
怪物王女(1)
シリウスKC
著者:光永康則
出版社:講談社
発行年月:2006年01月
ISBN:9784063730104
本体価格 514円 (税込 539 円)

怪物王女(2)
シリウスKC
著者:光永康則
出版社:講談社
発行年月:2006年05月
ISBN:9784063730258
本体価格 514円 (税込 539 円)

怪物王女(3)
シリウスKC
著者:光永康則
出版社:講談社
発行年月:2006年12月
ISBN:9784063730487
本体価格 514円 (税込 539 円)

怪物王女(4)
シリウスKC
著者:光永康則
出版社:講談社
発行年月:2007年04月
ISBN:9784063730685
本体価格 533円 (税込 559円

ALI PROJECT 「BLOOD QUEEN」
TVアニメ「怪物王女」オープニングテーマ
発売日: 2007年05月09日
販売価格:1,143円 (税込 1,200 円)
savage genius 「跪いて足をお嘗め」
TVアニメ「怪物王女」エンディングテーマ
発売日: 2007年06月13日
販売価格:1,143円 (税込 1,200 円)
ハンガリー民話集
岩波文庫
著者: ジュラ・オルトゥタイ /徳永康元
出版社: 岩波書店
サイズ: 文庫
ページ数: 434p
発行年月: 2004年07月
ISBN:9784003277614
本体価格 860円 (税込 903 円)


posted by しおん at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 怪物王女(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


詩音の枝折りのトップへ


  頂いたTBについて:

  TB大歓迎ですので、お気軽に送ってくださいね。
  ただし、その記事と関連のあるものでお願いします。

  それから頂いたTBは、管理人(詩音)の時間が許す限り、
  全ての記事に目を通してから返させて頂いています。
  ですので、反応が遅いと思いますが気長にお待ちくださいね。
  それでも返ってこないときは・・・エラーかも。(汗)
  一部のサイト様では、こちらからのTBがエラーになることが
  増えてきていたりするので・・・。(苦笑)

  2月になって、FC2さんでホンの一部が、
  一番酷いライブドアさんは・・・全滅!?



  このブログのRSSはこちら。

  RSS1.0 http://yuuutuna.seesaa.net/index.rdf
  RSS2.0 http://yuuutuna.seesaa.net/index20.rdf



  掲載中の著作物について:

  当ブログに掲載しているキャプチャー、
  本の表紙、CD、DVDのジャケット画像などの著作物は、
  その作品の研究、検証のために使用しています。
  著作権については、それぞれの作品側にあります。

  なお、内容等に問題があり、著作権者からの申し出があった場合、
  直ちに対処させていただきます。



ロリポップのドメインは選べる全85種類!! さくらのレンタルサーバ・ビジネス プロ
安心しておすすめ!ファーストサーバ インターネット取引するならマネックス証券
◆5大特典◆BIGLOBE光の入会キャンペーン実施中 バイク保険オンライン加入
あなたの写真が簡単な操作で美しく生まれ変わります。 ウイスキーの購入ならサントリーオンラインショップ【E-liquor】
オークションを楽しむなら!「Yahoo!ネットバンキング決済連携サービス」 オートレース 投資信託 ちょこっといいことプログラム

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。